コマツ(株式会社小松製作所)様 人財戦略ソリューション リシテアCareerの導入事例紹介|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズにお問い合わせください。

株式会社 日立ソリューションズ

人財戦略ソリューション リシテアCareer 導入事例

コマツ(株式会社小松製作所)様

「リシテアCareer」の導入により、人事情報の「見える化」の促進と業務効率向上を実現

建設・鉱山機械分野におけるリーディングカンパニー、コマツ。海外現地法人を含むグループ全体での人材育成と人材交流促進をサポートするための人事情報閲覧用新システム構築に着手。システムには日立ソリューションズの「リシテアCareer」が採用されました。

株式会社小松製作所様 重機写真

従来からの課題

人事情報の「見える化」を推進するために

コマツでは、経験者採用、期間社員の正社員登用、外国籍の社員など、様々なキャリアやバックボーンを持った社員が増えつつあり、またグループ会社との人材交流も活発化する中で、人事部門スタッフ、ラインの管理職共にの人材マネジメントや育成に関する負担が大きくなってきていました。 ラインの管理職が部下の人事情報を閲覧できるシステムは従来もありましたが、所属歴や職務経歴、資格等をそれぞれ個別の画面で閲覧する必要がありました。このため、部下の人事情報を台帳形式(Personal Information = PI)で確認したい場合やエクセル等で管理したい場合は、人事部に問い合わせて資料やデータを入手する必要がありました。

このような課題に対して、ラインの管理職が必要なときに必要な人事情報を容易に閲覧するための新たなシステム導入の検討をはじめました。
また、海外現地法人の情報については一元化された人事データベースがなかったため、システム構築の対象に含めることにしました。

システム選定と導入時の取り組み

操作性やセキュリティ要件などトータルな提案力が決め手に

2008年頭にプロジェクトがスタート。2008年11月頃に提案を依頼していたシステム開発会社約10社にプレゼンテーションを行っていただきました。選定は以下の点を重視しました。

  • あまりITに熟知していない社員でも容易に操作できること
  • セキュリティ上の要件として、アクセス権限が適切に設定できること・操作の履歴がログとして管理されること
  • 人事基幹システムとの連携
  • 費用と開発期間
  • 多言語(英語)展開

このようなポイントを総合的に判断した結果、日立ソリューションズの提案がすべての項目に関して高いレベルだったため、開発をお願いすることに決めました。

津田隼人 氏
株式会社小松製作所
人事部 業務改善グループ
津田 隼人 氏

「管理職がシステムにログインすると、所属する部下の情報が最初に表示される作りになっています。また人事部門は検索機能を利用して必要な情報にアクセスできるというように、実際にシステムを使う人の視点に立って画面構成や機能が整理、工夫されていると感じます」(津田氏)。

「画面の見やすさ以外でシステム開発時に注力した点は、人事情報の公開範囲と、検索条件の設定についてです。特に人事情報の検索機能は使いやすさに配慮し、マニュアルなしで直感的に操作できるようにしました。検索の際には、社員番号や氏名が最も使われますが、その他にも検索項目は非常に多岐にわたっていて、数百項目にのぼります。複雑な画面になってしまわないよう、あえて検索の機能を絞り込むといった工夫を日立ソリューションズのSEの方と相談しながら決めました」(武田氏)。

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

導入後の効果

人事情報の「見える化」の促進と業務効率向上に寄与

武田仁志 氏
株式会社小松製作所
人事部 人事グループ
武田 仁志 氏

システム導入によって、当初目標としていた人事情報の見える化をより促進することを達成できました。現在、人事部門スタッフとラインの管理職合わせて15社約900名が利用しています。現場の管理職が人事部門に問い合わせる頻度が減ったため、双方の業務効率を向上させることができました。

「具体的に人事部への問い合わせ件数がどの程度減ったかといったような調査は行っていませんが、やはり当初の目的であった人事情報の閲覧について、より見やすくなったことにより、人材育成やマネジメントに関する強力なツールを増やすことができたことが一番の導入効果だと考えています。例えば上司が部下に面談を行うときにも、資格の取得状況や今までの職務経歴など、PIの形式で閲覧できるようになったので、よりきめ細かい面談が可能になりました」(津田氏)。

「細かい操作性についての要望はありますが、レスポンスも快適ですし、使いやすいと思います」(武田氏)。

今後の展望

今後はさらなるシステムの利用促進を

「システムとしては大変よいものを作ってもらったと思うので、今後は活用を促進することが大切だと思います。例えば今はまだ、ある組織でリーダー候補を探したいというときに、システムを利用するのではなく、管理職の手持ちのリストや、知っている部下の中から候補者を挙げる、というように、人力に頼っているのが現状です。例えば検索機能で「40歳以上で、海外渡航歴がある」というように条件設定すれば、直接知らない社員についても候補者に含めることが可能です。現場の管理職がシステムの機能をフル活用することが重要です」(武田氏)。

「日立ソリューションズには、短納期で厳しい要求もしましたが、スケジュールを守っていただき大変助かりました。システムを構築していく中で生じた課題に対し、日立ソリューションズの担当SEが一緒になって考えてくれ、当社の要望の真意や文化を理解した上で、プロフェッショナルな視点で現実解を考えてくれましたので、高く評価しています」(津田氏)。

「システム稼働から3年経過しましたので、日立ソリューションズには、他社事例などもふまえた最新動向などの情報も提供してもらいたいです。また当社が今後、システムを拡張していくときに柔軟に対応してくれるとありがたいです」(武田氏)。

システム イメージ
システム イメージ

導入企業プロフィール

コマツ様

コマツは、2011年に創立90周年を迎えました。創業の精神として掲げられた「海外への雄飛」「品質第一」「技術革新」「人材の育成」は90余年の歴史を経た今も受け継がれ、生産拠点数は世界14ヵ国、海外での売上げが連結売上高の80%以上を占めるグローバル企業へと成長してきました。今後も全世界のお客様のニーズと期待に最善の形で応えることのできる、安全で創造的な商品とサービスを提供していきます。また、企業としての社会的責任を果たし、社会から信頼を獲得し続けるため、環境への取組みや社会貢献活動を、グループ全体で積極的に推進していきます。

社名 コマツ(登記社名:株式会社小松製作所) 株式会社小松製作所様 ロゴ
設立 1921年5月
従業員数 44,206名(連結: 2012年3月31日現在)
資本金 678億70百万円(連結: 米国会計基準による)
本社 東京都港区赤坂二丁目3番6号(コマツビル)
事業内容 建設・鉱山機械、ユーティリティ(小型機械)、林業機械、産業機械等
URL http://www.komatsu.co.jp/

私たちが担当しました

本プロジェクトは、特にラインの管理職の方が使いやすく積極的にご利用いただけるシステムにすることに注力して取り組みました。

短納期の中、お客様の素早い意思決定と推進力により、当初の予定通りに本稼動を迎えられました。
お客様と共に設計を進める中で、試行錯誤しつつもお客様の「人」に対する考え方、文化に共感し、同じ思いでプロジェクトを推進できたことが、プロジェクト成功の大きな要因の一つだと考えています。

「人」の交流や育成を支援するシステムは、今後も様々なシーンで増えていくと考えています。
近年のトレンドやシステム化の事例も踏まえ、今後もお客様の躍進を支えるソリューションをご提案できるよう取り組んでいきます。

株式会社日立ソリューションズ

この事例に関するソリューション・商品

日立ソリューションズのHCM(Human Capital Management)ソリューションは、お客様が抱える人財戦略(人材開発)の課題をトータルに解決します。

商品ジャンル:
人事/総務

導入事例ダウンロード

導入事例をデジタルデータで閲覧、ご活用いただけます。

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

最終更新日:2012年6月22日

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

事例紹介

ピックアップキーワード

本事例の内容は公開当時のものです。本事例に関するご不明点・ご要望等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。