Pick Up標的型サイバー攻撃から機密データを守る

Pick Up標的型サイバー攻撃から機密データを守る

 こんな心配はありませんか?

  • ・社内ではネットワーク型のマルウェア検知製品を導入済みだが、出張先でPCをインターネット接続した時にマルウェア感染しないだろうか?
  • ・マルウェア対策製品からマルウェア感染が警告された。すぐに対応したいが、遠隔地や夜間の場合は急に対応することが難しい。業務を止められない時もある。その間に情報漏洩しないだろうか?

企業を狙った標的型攻撃は、さまざまな場所や時間にマルウェアの侵入を試みます。その攻撃手法も巧妙化しており、ターゲット企業のセキュリティ対策で検知できないタイプのマルウェアを送り込まれたり、マルウェアでない通常のプログラムが悪用されるなど対策が難しくなっています。

 マルウェアに追従しない、データ保護型の情報漏洩対策

標的型攻撃の目的は機密データを窃取することです。秘文はこの点に着目して、日々巧妙化するマルウェアを検知・駆除する方法ではなく、「機密データそのものを保護する」という新しい発想で、標的型攻撃による情報漏洩を防止します。

【データ保護型の特長】
  •  ・マルウェアに感染しても、マルウェアによるデータの窃取を防止します。
  •  ・OS標準のコマンドやツールなど、通常は無害のプログラムを利用した攻撃からもデータを守れます。
  •  ・データがインターネットに送信されないので、流出データの特定など、マルウェア発見時の事後対応の負担を
      軽減することができます。

<秘文 Data Encryptionのマルウェア対策>

  • 1.マルウェアが機密データにアクセスすることを防止します(ファイルアクセス制御)
  • 2.機密データが社外に送信されることを防止します(ネットワーク通信制御)
  • 3.許可プログラムの追加登録が簡単に行え、業務の利便性を落とさずに運用できます。

 1.マルウェアが機密データにアクセスすることを防止(ファイルアクセス制御)

通常業務で使用するプログラムなど、会社が許可したプログラムからのみ機密データを参照できます。マルウェアなど許可されていないプログラムが、参照、コピーなどの操作をすることを禁止して、機密データが窃取されることを防止します。

ファイルアクセス制御

  • ・Microsoft Officeなど広く業務に使用されているプログラムは初期設定不要で利用できます。
  • ・業務で使用するプログラムなど、アクセスを許可するプログラムは簡単に追加できます。

 2.機密データが社外に送信されることを防止(ネットワーク通信制御)

機密データはインターネットなどの社外ネットワークに送信できません。マルウェアがマクロウィルスなどの形で正規のプログラムに感染してファイルを社外に送信しようとしても、秘文がネットワーク通信を遮断して機密データの流出を防止します。

ネットワーク通信制御

  • ・ファイルサーバやイントラネットなどの社内ネットワークには通常通りファイルを送信できます。

 3.許可プログラムは簡単追加 日々の運用でポリシーを良質化

機密データにアクセス許可するプログラムはユーザ側で簡単に追加登録できます。登録された許可プログラムはポリシーDBに反映された後、社内のすべてのクライアントに自動配布されます。ユーザの業務の利便性を落とすことなく運用でき、管理者の負荷も軽減できます。
・Microsoft Officeなど広く業務に使用されているプログラムは初期設定不要で利用できます。

ポリシー良質化

  •  (許可プログラムのポリシー更新の流れ)
  • ①管理者が秘文クライアントに初期許可プログラムのポリシーをインストール
  • ②ユーザは許可プログラムにない新たなプログラムを登録、ユーザの操作ログはログファイルとして秘文サーバへ自動的に送信される
  • ③ユーザが登録した情報はバッチによりポリシーDBへ、新たなポリシーとして配信(必要に応じて管理者が許可プログラムのポリシーを
     編集できます)

 適用事例:こんな課題解決にオススメします

課題
社内ではネットワーク型のマルウェア検知製品が導入済みだが、出張先でPCをインターネット接続した時にマルウェア感染しないだろうか?
解決!
秘文 Data Encryptionを入れておけば、機密データは自動的にマルウェアから保護されます。
秘文 Data Encryptionが、マルウェアなど不正なプログラムが機密データにアクセスして参照することを禁止します。
課題
マルウェア対策製品からマルウェア感染が警告された。すぐに対応したいが、遠隔地や夜間の場合は急に対応することが難しい。業務を止められない時もある。その間に情報漏洩しないだろうか?
解決!
秘文 Data Encryptionなら万が一マルウェアに感染しても、機密データがインターネットに送信されて窃取されることを防止します。対応に時間がかかる場合も、情報漏洩のリスクを軽減できます。
課題
機密データの流出は防ぎたいが、どれが機密データかわからない。
解決!
秘文 Data Encryptionなら、PCのドライブ単位に暗号化を行います。ドライブ内の暗号化されたファイルは自動的にマルウェアから保護される対象になるので、ユーザはどのファイルを保護するかファイルごとに設定する必要はありません。
見せない秘文 Data Encryption
情報を社外に出しても中身を見せない
詳しくはこちら

マルウェアが機密データにアクセスすることを防止する秘文 Data Encryptionのファイルアクセス制御機能が動画でご覧いただけます。 再生時間:3分(YouTube動画)

 内部不正から標的型攻撃まで 様々なリスクから機密データを守る

秘文 Data Encryptionなら、データの保存先や用途、対策したいリスクに合わせていろいろな暗号化形式が利用できるので、業務の利便性とセキュリティを両立できます。

様々なリスクから機密データを守る

見せない秘文 Data Encryption
情報を社外に出しても中身を見せない
詳しくはこちら
資料請求・お問い合わせ ご購入前の商品に関する ご質問・ご相談など
お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月〜金(祝祭日除く)10:00〜17:30
WEBからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ
  • カタログダウンロード
  • 秘文機密ファイルの復号プログラム/ビューア 無料ダウンロード
資料請求・お問い合わせ ご購入前の商品に関する ご質問・ご相談など
お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月〜金(祝祭日除く)10:00〜17:30
WEBからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ