ユニオンシステム株式会社様 ソースプログラム検証サービスの導入事例紹介|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズにお問い合わせください。

株式会社 日立ソリューションズ

ソースプログラム検証サービス 導入事例

ユニオンシステム株式会社様

プラスアルファのテスト技法を必要としたユニオンシステム株式会社様
プログラムの品質向上と、不良対策コストの低減を実現

自社開発の建築構造計算ソフトに対して、InspectProサービス(信頼性サービス)にて、品質確保/向上を目的に実施した。

導入企業プロフィール

ユニオンシステム株式会社殿は、1976年の設立以来、“お客様第一主義”というキャッチフレーズの下、「開発部」「営業部」「サービス部」が三位一体となり、多種多様化そして高度化が進む建築構造技術に対応した建築構造計算ソフトを提供されている企業です。
建設業・総合事務所・大学から個人様まで、全国で5,000社以上のお客様と取引されており、常に最新の建築およびコンピュータ環境に適応した新システムの提供とサポート体制の完備を追及されています。

ユニオンシステム株式会社

本社所在地 大阪府大阪市中央区谷町6-1-16
業種 情報サービス業
年商 13億円(2008年度実績)
従業員数 80名(2008年12月)
URL

導入前

プラスアルファのテスト技法により、品質向上を実現

建築構造計算ソフトは、耐震性を図る上で重要な役割を担い、その品質にも高い信頼性が求められます。複雑・高度化が進む建築構造技術に対応するため、プログラムも膨大な行数になり、その品質を維持するためのテストと修正には、多大な労力とコストがかかっていました。
最終的には、数千件のテスト用サンプルデータを解析して、不具合の無いことを確認するのですが、解析対象となる建物の形状や構造種別、使用材料や計算条件などの組み合わせが天文学的な数字となり、すべてのケースでテストを実施することは事実上不可能でした。
品質を向上させるためには、プラスアルファのテスト技法が必要だったのです。

導入時

動的テストとの併用で、全体を網羅したチェックを可能に

設立以来、経営方針として掲げている“お客様第一主義”により、ソフトの品質向上に対する取り組みを強化することになりました。そこで、ソフトの出荷前の品質をチェックする独立機関「品質検査室」を設置し、品質向上のためのテスト技法や品質管理方法について、調査を始めたのです。そして、いくつかの候補の中から、最終的に採用されたのが「InspectPro」でした。
「InspectPro」は、高精度なツールによる一次解析と、専門のアナリストによる二次解析を組合わせた独自の二段階検証で、システムダウンや情報漏洩などの重要障害につながる不良原因を的確に指摘します。通常の動的テストに加え、ソースプログラムの静的解析というアプローチの異なる検証を併用することで、より全体を網羅したチェックができるのではないかと考えました。

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

導入後

問題点の早期発見に有効

これまでに、合計で130万行(ステップ)以上のソースプログラムを検証しました。指摘事項の大半は、通常では起こりえない、ほとんど支障のないものでしたが、今後の開発で重要な障害につながる可能性があるものは、徹底して修正を行いました。
静的解析だけで、すべての不具合を発見できるわけではありませんが、通常の動的テストでは、なかなか発見できないような不具合を指摘されることがあります。これにより、ソースプログラムの品質診断と、問題点の早期発見にたいへん有効でした。

お客様の感想

第三者によるチェックで、ソフトの品質を客観的に把握

重要障害の指摘がほとんどなかったので、「効果のわりにコストが高すぎるのでは?」という意見も社内にはあります。しかし、不具合を調査・修正するにもコストはかかっているわけですし、表面化する前に障害の可能性をつぶしておくことで、将来的な不具合を減らすことにつながると考えています。
何よりも、お客様にとっては、不具合が起きないことが一番です。第三者によるチェックで、ソフトの品質を客観的に把握することができますし、信頼性も向上しますので、特に新商品のチェックには欠かせないテストになっていると思います。

結果レポートの活用により、体制を改善

「結果レポート」をもっと活用したいと考えています。レポートの分析結果をもとに、開発スタッフのスキルアップ、作業管理やテスト工程の見直しなど、品質の高いソフトをリリースできるような体制に、改善をすすめていきたいと思います。
メトリックスレポートも管理者だけでなく、特に開発現場のスタッフが活用することによって、品質向上のためのアイデアが生まれるのではないかと期待しています。

品質検査室 室長 青山領一 氏

この事例に関するソリューション・商品

ソースプログラム検証サービスはソフトウェア開発現場で C、C++、Javaで作られたプログラムに対して、お客様のソースプログラムをお預かりして静的に解析することで、「システムダウンや情報漏洩などの重要障害につながる不良箇所」を報告するサービスです。

商品ジャンル:
ソフトウェア開発支援
お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

最終更新日:2011年5月24日

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

事例紹介

本事例の内容は公開当時のものです。本事例に関するご不明点・ご要望等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。