InWeave
 

製品ラインナップ

    情報・知識共有基盤「InWeave」の最新バージョン「03-30」の提供を、2月3日から開始します。


    ■ 主な機能強化

       (1) 国際化対応として、中国語に対応致します。

       (2) ビジネスログ、アンケートの機能拡張を実施致します。

       (3) システムからのメール送信時、暗号化通信に対応致します。

         ※ InWeaveの製品体系を、CPUライセンスとユーザ数ライセンスが混在した体系から変更し、ユーザ数ライセンスに統一致します。
             また、ポータル機能は現状Enterpriseのみに含まれていますが、今回の変更に伴い別オプションとしてご提供致します。
             つきましては、2014年1月末をもちまして、下記の通り製品ラインナップを改定させて頂く事になりました。
             諸事情ご賢察の上、今後ともご愛顧賜りますようお願い申し上げます。



InWeave Collaboration/Basic


InWeave Collaboration/Standard


InWeave Portal


InWeave Mobile Option


InWeave Search


InWeave Collaboration / Basic

ビジネスログ・SNS・wikiを利用した、情報共有・コミュニケーション機能を提供します。


ビジネスログ
  • ビジネスログ管理者により投稿者や公開先を個人または組織単位で設定可能
  • メンバーの投稿記事を管理者が事前に承認・差し戻しが可能な承認機能
  • リッチテキストにて文字色・サイズ・装飾が可能なWYSIWYGエディター
  • 入力項目を設定し定型入力が可能なフォーム機能
  • コンテンツをテーマごとに分類・管理するカテゴリー機能
SNS(コミュニティ)
  • コンテンツをメンバーのみに公開する非公開機能や、コミュニティへの参加にコミュニティ管理者の承認を必要とする承認設定
  • 参加メンバーを召集する招待機能
  • リッチテキストにて文字色・サイズ・装飾が可能なWYSIWYGエディター
  • コミュニティ内のテーマを複数設定可能なフォーラム機能
  • コミュニティメンバーにて共同編集が可能なコミュニティwiki機能
Wiki
  • 編集権限を個人または組織単位で設定可能

▲Top


InWeave Collaboration / Standard

Basic で提供している情報基盤に加え、ユーザにおすすめ情報や注目語などを提示する知識基盤を提供します。利用者に合ったおすすめ記事や注目語を表示し、利用者自身の「気づき」を誘発し、蓄積された情報資産の活用を促進します。


定型フォーム作成機能
  • 記事入力に定型フォームを設定できます。週報やQ&Aなど定型入力が必要な業務で利用できます。


アンケート機能
  • Wikiでアンケートフォームが作成できます。募集メール、未回答者へのフォローメールに加え、回答結果のCSVデータ出力機能をサポートします。


おすすめ情報表示機能
  • 登録した情報や投稿した記事・コメントから「興味キーワード」を抽出し、「興味キーワード」を含む記事やメンバーを自動的に表示することができます。
関連情報検索
  • 検索時の関連キーワード表示
    検索時に指定したキーワードに関連するキーワードを一覧表示することができます。
  • 記事参照時の関連記事表示
    記事参照時にその記事内容に関連する記事を一覧表示することができます。
人脈ネットワーク表示
  • メンバーの友達関係を人脈ネットワーク図として表示することができます。


注目語ランキング
  • 指定した期間内で使用頻度が高いキーワードをランキング形式で表示します。


類似記事一覧
  • 参照している記事から特徴的なキーワードを抽出し、類似した記事を一覧で表示します。

▲Top


InWeave Portal

情報を効率的に活用するためのガジェット型ポータル機能です。
「iGoogle™」に準拠したガジェットを利用し「InWeave」内のコンテンツや既存の社内システム、
社内Webサイトへのリンクガジェットの作成が可能です。
部門、プロジェクト、個人などの業務やテーマに応じて関連するガジェットを配置することで、効率的な情報の活用を支援します。



▲Top


InWeave Mobile Option

iOS(iPhone)からのビジネスログの記事・コメント投稿や参照をサポートしています。
利用場所を社内に限定せず、情報・知識の活用が可能になります。
尚、本オプションはブラウザから使用可能です。APP Storeから製品をダウンロードする必要はありません。



▲Top


InWeave Search

エンタープライズサーチ機能により、社内の既存資産(ファイルサーバ、データベース等)の検索はもちろん、InWeave内のコンテンツも横断的に検索することができます。
また、Webページやファイルサーバ等の新着情報を表示・共有することができます。


エンタープライズサーチ機能
  • InWeave内のコンテンツやファイルサーバ等を含めた社内外のフィード情報を一括して検索できます。
  • 検索範囲を指定したり、絞り込むことも可能です。
  • ファイルサーバ検索およびLotus Notes/Domino検索に対してアクセス権付きの検索ができます。
フィード検索機能
  • ドキュメントフィード(ファイルサーバ、Webサーバ)およびRSSフィードの全文検索機能をサポートしました。全文検索機能と新着一覧表示機能により、既存の情報についても知識として共有・活用できます。

▲Top















         ※2014年1月以前の体系は  こちら

 

 
 個人情報保護に関して © Hitachi Solutions, Ltd. 2010-2013. All rights reserved.