FAQ|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

FAQ

よくあるご質問

指静脈認証に関して

静紋J300の標準添付ソフトに関して

静紋JS1用Windowsログオンソフトウェア スタンドアロン版に関して

AUthentiGateに関して

ソフトウェア開発キットに関して

その他

[指静脈認証に関して] 静脈パターンを認証に使うメリットは何ですか?

静脈のパターンは人により全く異なり、胎内で定まったあとは経年変化が無いといわれています。 また、静脈データは体内情報であるため偽造やなりすましが困難であることがメリットです。

[指静脈認証に関して] 怪我をしても認証できますか?

傷の程度にもよりますが、認証に失敗する恐れはあります。そのため、予備として複数の指を登録しておき、 万が一の際には怪我をしていない指で認証を行って頂ければそのような事態を回避できます。

[指静脈認証に関して] 手袋をしていても認証できますか?

手袋の材質や生地の厚さによって認証に影響を与える場合がありますので、 当社としては登録/認証の保証をしておりません。

[静紋J300の標準添付ソフトに関して] 静脈データはどこに保存されますか?

PCのハードディスク内に暗号化して保存されます。

[静紋J300の標準添付ソフトに関して] 登録出来る静脈データはどのくらいですか?

最大100指の登録が可能です。
100指以上の指の登録が必要な場合は、認証管理システム「AUthentiGate」をご検討下さい。

[静紋J300の標準添付ソフトに関して] 静脈データを他のPCにコピーしたり配布することは可能ですか?

できません。PC毎にユーザ(静脈データ)登録して頂く必要があります。
静脈データの一括管理が必要な場合は、認証管理システム「AUthentiGate」をご検討下さい。

[静紋JS1用Windowsログオンソフトウェア スタンドアロン版に関して] 静脈データはどこに保存されますか?

静紋JS1の装置に暗号化され保存されます。

[静紋JS1用Windowsログオンソフトウェア スタンドアロン版に関して] 登録できる静脈のデータはどのくらいですか?

静紋JS1の装置内に6指の登録が可能です。

[静紋JS1用Windowsログオンソフトウェア スタンドアロン版に関して] 静脈データを他の認証装置にコピーしたり配布することは可能ですか?
[AUthentiGateに関して] 静脈データはどこに保存されますか?

サーバ上に暗号化されて保存されます。

[AUthentiGateに関して] 登録出来る静脈データはどのくらいですか?

AUthentiGateとして登録できる静脈データの制限はありません。

[ソフトウェア開発キットに関して] 開発環境、機能はどのようなものですか?

開発環境 :Microsoft VisualStudio6.0以上
言語 : C++, VB
OS : Windows XP, Windows Vista, Windows 7, Windows Server 2008
機能 : 指静脈による生体認証機能をアプリケーションに組み込むための各種APIの提供

[ソフトウェア開発キットに関して] 製品の内容を教えてください

ソフトウェア開発キットを別途ご購入頂くとお客様独自のアプリケーションと連携してご利用頂くことが可能となるなど、静紋のご利用用途が広がります。開発キットの内容について詳細をご希望の場合は、別途ご相談下さい。

[その他] Windows以外のOSにも対応していますか?

Windows以外のその他のOSに関しましては、別途ご相談下さい。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-571-488 受付時間 10時から17時30分(土曜・日曜・祝日および年末年始を除く)

ウェブサイトからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

PageTop