文書管理基盤 [活文 Contents Lifecycle Manager 開発プラットフォーム]

 

活文
日立ソリューションズ
サイトマップ

お客さまに適した文書管理システムを効率的に開発。 活文 Contents Lifecycle Manager 開発プラットフォーム

長年培った文書管理システムのノウハウをお客さまに。

文書管理基盤 「活文 Contents Lifecycle Manager 開発プラットフォーム」は、お客さま向けの個別システムの開発や業務アプリケーションとの連携にスコープを置いた、文書管理システムの開発プラットフォームです。

お客さま要件の容易な実現 開発コストの削減 他システムの付加価値向上

特徴

個別システムの開発

開発キット(Java Developer/WebService Developer)を使って、お客さま向けの個別システムを開発できます。
また、サンプルテンプレートをカスタマイズし、お客さま向けのWebアプリケーションを開発することもできます。

業務アプリケーションとの連携

各業務で発生する帳票類を業務アプリケーションのバックエンドで文書管理システム上に保管するための連携部品(JavaDeveloper/WebService Developer)を提供します。

コンポーネント

文書管理アプリケーション開発に必要なコンポーネントを取り揃えています。

コンポーネント 概要
Platform 文書管理操作を行うための基盤コンポーネント。文書管理操作APIとDB間でデータの受け渡しを実行
Java Developer Javaで文書管理アプリケーションを開発するための開発キット
WebService Developer Webサービス呼び出しで文書管理操作アプリケーションを開発するための開発キット
Sample Template WebService I/Fを利用した文書管理操作用のサンプルテンプレート (Rubyテンプレート)

アプリケーション開発概念モデル

コンポーネント提供範囲

「活文 Contents Lifecycle Manager 開発プラットフォーム」の価格・動作環境については、お問い合わせください。

お電話でのお問い合わせウェブサイトからのお問い合わせ
お問い合わせ ご購入前の商品に関する質問・ご相談など お電話でのお問い合わせ ウェブサイトからのお問い合わせ
カタログダウンロード