問合せ対応業務効率化・情報活用ソリューション

 

すべてはビジネスデータを活かしきるために
日立ソリューションズ
サイトマップ

問合せ対応業務効率化・情報活用ソリューション

お知らせ

【活文ラウンジ掲載】「問い合わせ対応」を守りの業務から攻めの業務へ

・前編「Botとチャットで応対はここまで進化」

・後編「誰でもAIのサポートで情報の山から宝を発見」

類似した対応履歴をレコメンドすることで問い合わせ対応を効率化するとともに、
お客さま窓口に寄せられる声をAIで分析し、新たなニーズの発掘を支援します。

問合せ対応業務では、担当者が同じような問合せ対応に時間がとられるなど、業務量が増加している一方で、蓄積した問合せや意見はうまく活用されていません。このような中、蓄積されたビジネスデータを活用した新たな価値創造や業務の効率化が企業の現場部門に求められています。

このような課題はありませんか?

  • 関係者とのやり取りがメールなので、問合せ対応担当者が問い合わせの対応状況を把握できない
  • よくある問い合わせの対応に時間を費やし、問合せ対応担当者の業務量が増える一方…
  • 日々蓄積される問い合わせが大量なため、内容の整理や分析が追いつかず活用が進まない

活文なら

FAQレコメンドやAIによる自動分類で、問合せ対応と情報活用を効率化。
問合せ内容を組織横断的に関係者と共有できます。

FAQレコメンドやAIによる自動分類で、問合せ対応と情報活用を効率化

Botが過去の問合せ履歴やFAQを自然文検索し、その結果を自動的にレコメンドすることで、回答をサポートします。また、蓄積された問合せ履歴は、AIが同義語の定義や分類の定義をすることなく、関連性の高い内容を類推して自動分類します。

FAQレコメンドやAIによる自動分類で、問合せ対応と情報活用を効率化の図

問合せ内容を組織横断的に関係者と共有

設計担当や社外パートナーなど関係者とのやり取りや、必要なファイル、対応状況(ステータス)を関連付けて一元管理。よくある問合せだけでなく、関係部門へのエスカレーションが必要な問合せを含めた全体の対応効率を向上できます。

問合せ内容を組織横断的に関係者と共有の図

適用例

保守窓口 国内外のサービス拠点からの問い合わせ内容を関係者間で共有。FAQや対応履歴を活用して素早く回答するとともに、蓄積された問い合わせ履歴を分析し、お客さまニーズを把握して製品にフィードバックします。
販売代理店 本社と代理店との双方向コミュニケーションを実現。代理店からの問い合わせに対してFAQや対応履歴を活用して素早く回答するとともに、蓄積された問い合わせ履歴を分析し、お客さまニーズの把握や代理店サービスを改善します。

実現する製品

PoCサービス 価格

ソリューションの導入を検討するお客さまに向けて、お客さまのデータを利用した検証を支援するPoCサービスを提供します。
PoCサービスでは、お客さまの検証目的に応じたPoC環境を提供し、お客さまのデータを利用した検証(使用感、効果、業務への適用の可否など)を支援します。

PoCサービス 期間:1~3ヵ月
価格:200万円~(税抜)
※製品の評価ライセンスの利用料を含みます。
お問い合わせ・資料請求 ご購入前の商品に関する質問・ご相談などお電話でのお問い合わせ資料ダウンロードウェブサイトからのお問い合わせ
お問い合わせ ご購入前の商品に関する質問・ご相談など お電話でのお問い合わせ ウェブサイトからのお問い合わせ 資料ダウンロード