Millemasse Topページへ

株式会社日立ソリューションズ

Millemasse Web Document Filing SE/E2
 
  Millemasse Web Document Filing E2(*1)は、Oracle(Windows版)/
SQL Server/HiRDB(Windows版)を使用した、中/大規模向け文書管理製品です。
従来からご提供しておりましたオプション製品をセットにしたValuePack1に加え、
ValuePack1にユーザフリーライセンスを設定したValuePack2のご提供を開始いたしました。

Millemasse Web Document Filing SE
(*2)は、管理対象の文書数が
少ないお客様向けにMillemasse Web Document Filing E2の使用感はそのまま、
フリーライセンスなど、より気軽に文書管理を導入いただける製品です。
SEおよびE2 ValuePack1/2の違いにつきましては、SE/E2比較を参照してください。

  *1 Millemasse Web Document Filing Enterprise Edition
  *2 Millemasse Web Document Filing Standard Edition

    オフィスにあふれる紙文書や電子文書、この中には貴重な情報資産が含まれているはず。
このような情報資産をMillemasse Web Document Filing SE/E2にコピー感覚でらくらく
ファイリング!
ファイリングした文書は、まとめてWeb環境で情報共有。
保管スペースを気にすることなく、大切な情報資産を安全に共有、再利用します。
 
システム構成例タイトル
システム構成例

主な特長
 豊富な文書登録機能  〜文書を効率よくファイリング〜
 
ドラッグ&ドロップで電子文書を簡単登録!
電子文書はブラウザ上にドラッグ&ドロップするだけで簡単に登録することができます。

紙文書を簡単な操作で電子化/ファイリング
複合機/ネットワークスキャナと連携し、コピー感覚で紙文書の電子化・登録が行えます。
Millemasse/EX Image Document Gateway OCR Optionが提供する文書登録シートを使用すると、
 文書の登録がさらに簡単に!!

一括登録ユーティリティ
ワードやエクセルなどで作成した一般文書、PC上に保存されているイメージファイルを一括で
  登録
することができます。
登録対象となる文書情報をCSVファイルで作成し、一括登録することができます。

全文検索テキストの抽出
WORD,Excelなどの一般文書については、登録時に自動的にテキスト情報を抽出することが可能です。
  一般文書の全文検索テキストが抽出可能なファイル形式については、こちらをご覧ください。
イメージ文書はOCRを利用し、全文検索用テキストを自動抽出します。(イメージ文書のOCRには、
  Millemasse/EX Image Document Gateway OCR Optionが必要です)
検索時には、OCRの認識誤りを補正する機能も搭載しています。

 多彩な文書管理機能  〜文書の有効活用〜
 


キャビネット/階層フォルダでの文書管理
用途に合わせてキャビネットと階層型のフォルダを作成でき、作成したフォルダに文書を格納します。
フォルダの移動、文書の一括移動、文書の一括削除機能により、簡単に文書の管理ができます。

多彩な文書検索機能
キャビネット、階層フォルダをたどった検索
属性検索
  文書名やユーザが任意につけた属性をキーとした検索ができます。
全文検索
  文書中に含まれる文字列をキーとした検索ができます。
  イメージ文書と一般文書を意識せずシームレスな全文検索機能を提供します。
  Millemasse/EX Image Document Gateway OCR Optionで登録したイメージ文書の全文検索時は
    見つかった文字列をハイライト表示することができます。
上記、検索を組合わせた検索も可能です。また、複数フォルダ/キャビネットにまたがった検索も
  行えるので、柔軟な文書検索が行えます。

文書の版管理(変更状態管理)

文書の変更状態を、版として管理することができます。
共同で文書を編集する際など、一人の変更が終了するまで、他の人が文書を変更できない運用が
  行えます。(チェックイン・チェックアウト機能)
文書の変更状態を、版として管理することができます。

審査・承認機能サポート(WWW利用時)

文書を新規登録/改訂/廃止する際に、審査者・承認者によって内容を事前にチェックできます。

 安心セキュリティ  〜貴重な情報資産を守ります〜
 


組織階層に合わせたグループ/ユーザ作成
階層型のグループが作成できるので、組織階層に合わせた形でグループ/ユーザを管理できます。
  ユーザは作成したグループに所属する形で作成します。
複数のグループに所属できるユーザ(兼任ユーザ)の作成や別のグループに移動することも容易です。
また、仮想グループ機能により、別々のグループに所属するユーザをまとめ、プロジェクトや 職制などの
  グループを定義することが出来、その単位でアクセス権設定可能です

アクセス権限
キャビネット/フォルダ/文書毎に、「削除」「更新」「作成」「参照」「権限なし」のセキュリティ設定ができます。
イメージ文書に対しては、「印刷禁止」「イメージ編集禁止」「アノテーション編集禁止」といった
  さらに 細かいセキュリティ設定ができます。(Millemasse Image Document Client 使用時)

アクセスログの採取
誰が/いつ/どの文書に対して、どのような操作を行ったのかを、履歴情報(アクセスログ)を取得、
  表示することができます。

 システム構築/運用の効率化  〜webベースでスムーズ構築〜
 
簡単導入
総合インストーラにより、インストール/環境構築が簡単に行えます。

各種定義をバッチで行えるプログラムを提供
グループ/ユーザ定義,キャビネット/フォルダ定義,ユーザ定義属性定義
 オプション製品  〜いろいろなニーズにお応えします〜
 
「Millemasse/WDF Client Desktop」
文書管理専用の専用クライアントソフトウェア

文書の登録、検索、参照など文書管理に必要な機能を備えた文書管理専用のクライアントソフトです。
Webブラウザ版で提供する文書管理機能に加え、検索した文書一覧のサムネイル表示など、
 多彩な機能を提供します。

「Millemasse/WDF Image Document Client」
  多機能なイメージ文書参照・編集ソフトウェア
サーバ上のイメージ文書を、ダウンロードやアップロードを意識することなく参照・編集ができます。
 サイズの大きな文書でも、全体像を見ながら必要な場所を拡大表示するパンウインドウなど、
 多彩な機能を提供しています。

「Millemasse/WDF Document Utility」
 文書の一括登録ソフトウェア
文書を一括して登録するユティリティツールです。他の文書管理システムからの文書移行時に
  威力を発揮します。

「Millemasse/WDF Image Document Gateway OCR Option」
 イメージ文書OCRソフトウェア
デジタル複合機から入力したイメージデータをOCR処理する製品です。
文書登録シートによりイメージ文書を自動的に仕分けて登録できます。

▲このページの上へ


 All Rights Reserved. Copyright(C) 2004,2014, Hitachi Solutions, Ltd. | 個人情報保護方針