Microsoft ソリューション専用サイト TOP  >  導入事例  >  Microsoft Dynamics® AX 構築サービス 株式会社日立システムアンドサービス

[導入事例] Microsoft Dynamics® AX 構築サービス 株式会社日立システムアンドサービス

自社営業部門の活性化を実現し、部門内コミュニケーションと、作業効率をアップ。
本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立システム)は当時のものとなっております。
営業部門における部門活性化を目標に、営業支援(SFA)システム導入を検討。短期間にて Microsoft Dynamics CRMを導入。部門内コミュニケーションを高め、作業効率をアップした事例となっています。

導入企業プロフィール

PAGETOP

プロジェクト概要

適用ソリューション Microsoft Dynamics CRM 構築サービス
構築期間 約3ヵ月
プロジェクト関係者数 営業部門ITリーダ 2名
営業マネージャ 1名
SE 2名
検査部隊 2名(営業担当、およびマネージャが兼務)
PAGETOP

導入前

日立システム内で新規顧客開拓を主なタスクとしている営業部門では、製品、顧客ニーズの多様化により個々の担当営業、マネージャ共に日々の活動に対し非常に煩雑な対応が必要となっていました。特にチームのマネージメントにおいては、すべての状況をExcelベースに行うことに限界がきており、部門内で取引先顧客、案件ベースの営業状況、競合の情報などの営業情報の共有、営業活動可視化を実現するシステムの導入が必要となっていた。そんな中、マイクロソフト社の CRMソフトウエア Microsoft Dynamics CRM 3.0が国内で販売開始となり、以下のような項目を選定ポイントとし、試行導入しました。

プロダクト選定のポイント

  • 1. メールクライアント(Outlook)から使用できるユーザインターフェイス
    (まずは開けてもらわなければ使わない。メールは毎日使用するツール)
  • 2. いつでもカスタマイズ自在の「進化型」(業務は変化するもの)
  • 3. 管理がし易い(専任の管理者は置けない)
PAGETOP

導入時

まずはキーマン(営業部門のITリーダ、営業マネージャ、SE)3名で試行導入を実施。使っていく中で、最適な構成を試行錯誤。1.5カ月の試行期間を経て、チーム内展開を実施しました。
SFAツールの難しさは、導入作業そのものではなく、「いかに活用してもらうか」という運用上の工夫。こうした考えのもと、展開にあたっては「ツール使用に、どうメリットを感じてもらうのか」について検討。それまで非常に工数がかかっていた月次の営業資料の作成を Microsoft Dynamics CRM から直接自動出力できるようなレポートをアドオンし、担当者は Microsoft Dynamics CRM に各自の営業案件の情報を入力さえするばいつでも最新の営業状況がわかり、かつ毎月工数をかけ実施していた資料作成も不要となるように。そのことで各営業担当のデータ入力を促していきました。
PAGETOP

導入後

本システム導入により、以下のような効果を得ることができました。
1. チーム内のコミュニケーション活性化(ベースの情報がすでに共有されていることによる)
2. 営業稼働時間の拡大(レポート自動出力などによる)
3. スピーディな営業活動の実現(チームメンバ個々の営業状況が絶えずリアルタイムに把握できることによる)
今後は、お客様満足度の向上に向け、さらに取り組みを強化。その結果として営業予算達成を実現し、お客様への戦略的アプローチを共有するCRMの強力なマーケティングツール化、CRMを通した部門を超えたさらに密な連携による組織単位の成長へとつなげていくことをゴールとし、さらに使い込んでいきたいとの評価を得ています。

システムイメージ[OutlookのCRMフォルダ以下は共有の環境]

OutlookのCRMフォルダ以下は共有の環境

システムイメージ[部門導入:部門メールサーバを設置]

部門導入〜部門メールサーバを設置

システムイメージ[高セキュリティ・モバイルツールからCRMへ]

高セキュリティ・モバイルツールからCRMへ
PAGETOP

今後の展望

Microsoft Dynamics CRM は、1部門で活用するだけのツールではなく、組織を超えた情報共有が設計思想となっています。この特徴を活かし、営業という壁を越えた組織ぐるみの成長をするための、次ステップへと進めていきます。
PAGETOP

担当SEの感想

Microsoft Dynamics CRM が販売開始となる前から、評価を実施してきました。当初、資料も不十分な中で、スムーズにシステムを導入ができたことは、チームのスキルアップにつながり、お客様サービスの向上へとつながりました。
PAGETOP
PAGETOP
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
0120-571-488
受付時間:月〜金(祝祭日除く)10:00〜17:30
ウェブサイトからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

カタログ・資料ダウンロード
拡張ソリューション
セミナー・展示会情報
メールマガジン
関連リンク
Microsoft MVP's コラム
Silverlight のテツジん プラットフォームソリューション事業本部 加藤 哲司
Microsoft Dynamics ソリューション 専用サイトはこちらから
2013 Microsoft Partner of the Year