Microsoft ソリューション専用サイト TOP  >  ソリューション  >  Microsoft SharePoint Server 構築サービス

[サーバソリューション]Microsoft® SharePoint® Server 構築サービス 必要な情報を統合管理できる企業ポータルシステム(情報共有システム)

信頼性のある柔軟な配信(ポータル)・情報共有(コラボレーション)環境を構築できます。
SharePoint Serverの新規導入はもちろん、現在導入しているが今ひとつ利用されていない・活用されていない・費用対効果が出ない とお悩みのお客様。日立ソリューションズにお任せください。お客様がすぐに使える、お客様の文化・風土・運用に適した活用プランを提案します。また、最新のSharePoint Serverの導入をお考えのお客様、Notesからの移行、過去バージョンからの移行もお任せください。
※SharePoint Server導入計画サービス提供中。
 SharePoint Serverを購入する前に試したい。計画したい。試算したい。RFP作成を支援してほしい。など様々な用途でご利用可能です。

事例(1):全社ポータル

基本的に、全ユーザが最初に開くサイトとしてトップサイトをポータルとして作成します。

●構成事例

○お知らせ・ニュース
システム停止のお知らせや、幹部メッセージなど 全ユーザに影響のある通知を行います。
○共通リンク
社内のWebシステム、社外のよく利用するサイト等のリンク集を掲載します。リンク毎に権限を付与し、各ユーザが必要なリンクのみ表示されます。
○イベント・カレンダー
社内共通のイベント等を掲載します。ビューを活用し、今日のイベント、明日のイベント のみを表示しています。
【+SharePoint Server】
○対象ユーザ機能
お知らせ等のパーツを特定のユーザにのみ表示する機能を付加しています。
【+SharePoint Server】
○発行機能
サイト自体の構成変更時、下書き状態で保存、作業完了後に公開することが可能。

事例(2):ファイルサーバからの移行

既存のファイルサーバを廃止し、ポータル上にて情報共有を促進しています。

●構成事例

○ドキュメントライブラリ
ファイルに対して属性を付与し、フィルタリングによる情報検索効率が向上しています。
○ごみ箱
誤って削除されたデータもユーザ自身で復元できます。
○バージョン管理
誤って上書きしたデータもユーザ自身で復元できます。
○下書き
デスクトップに一時保存する必要性がなく、下書きとして保存可能。(本人と管理者のみ利用可能な状態)
○ 承認
公式な文書は 上長が承認した後公開とすることが可能
【+SharePoint Server】
検索能力が向上します。独自のエンジンにより、 権限のある情報のみ全文検索可能となります。 既存のファイルサーバやWebサイトをまとめて検索することも可能になります。
【+SharePoint Server】
サイトコレクションを構成することにより、容量制限を適用することが可能。
【+RMS】
投稿したドキュメントを自動的に暗号化。改竄と漏洩を防止。
【+DocAve】
重要情報へのアクセスをロギング。人別のアクセスレポート、アイテム別のアクセスレポートを即座に表示。

事例(3):プロジェクトサイトの活用(Notesからの移行)

NotesはDBを横断した検索ができません。
SharePoint Server であれば過去プロジェクトも会社共有資産として有効活用

●構成事例

○プロジェクトサイト
プロジェクト毎に「プロジェクト管理部門」がサイトを作成。サイトテンプレートを事前に準備した為、5分で構成。
  • ◆日報を「ブログ」で
    作業内容をブログで記載。コメントによるレスポンス
  • ◆作業依頼を「タスク」で
    期限、内容、ドキュメントをまとめて依頼 進捗も同じアイテムで管理。 完了後に「済チェック」
  • ◆課題を共有
    過去案件から同様事例を検索し、課題等を流用
    課題公開フラグをチェックしたものをフィルタ表示可能
  • ◆教えてフラグ
    課題に「教えて」フラグをチェックしたものを課題サイトに掲載。知っている人が回答できる形式に。
【+SharePoint Server】
検索能力が向上します。独自のエンジンにより、権限のある情報のみ全文検索可能となります。
既存のファイルサーバやWebサイトをまとめて検索することも可能になります。

事例(4):申請サイト

紙やメールで申請し、集計していた業務をWeb化

●構成事例

○InfoPath+ワークフロー
InfoPathで帳票テンプレートを作成し、ユーザは入力して投稿する。(ケースにより承認先を指定)
  • ◆主管元は入力パラメータにより、フィルタ、集計が可能であり、Excelへのエクスポートも可能。
  • ◆キングファイルにて履歴を残していたキャビネットが空に。ペーパレス化、コスト削減に効果。
【+SharePoint Server】
クライアントにInfoPathが無い場合、EnterpriseCALによりWeb上ででInfoPathが利用可能に。

事例(5):FAQサイト

部門への問合せ前にまずFAQサイトを調べる

●構成事例

○カスタムリスト
よくある質問を主管元が整理し、掲載。
属性によるフィルタが可能な為、目的の質問を見つけやすい。
○ディスカション掲示板
ユーザが直接質問を記載、主管部門が回答。
履歴が残る為、同じ質問が減ります。
○Wiki(顧客試行中)
専門用語が多岐に亘る為、用語集として社内Wikiを利用
【+SharePoint Server +OCS】
記述したユーザにプレゼンス機能が付加。もっと詳しく聞きたい場合、直接チャットで質問

事例(6):アンケートサイト

紙やメールで配布し、集計していた業務をWeb化

●構成事例

○アンケート Web上でアンケートを作成。 ユーザは設定された入力項目(フリー、選択、分岐)に回答。
回答済みの内容を一覧、集計、グラフ化可能。
匿名アンケートも可能。
◆簡易e-learning
アンケートを利用して学習状況を把握
※テスト実施(採点)は自己採点
PAGETOP
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
0120-571-488
受付時間:月〜金(祝祭日除く)10:00〜17:30
ウェブサイトからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

カタログ・資料ダウンロード
拡張ソリューション
セミナー・展示会情報
メールマガジン
関連リンク
Microsoft MVP's コラム
Silverlight のテツジん プラットフォームソリューション事業本部 加藤 哲司
Microsoft Dynamics ソリューション 専用サイトはこちらから
2013 Microsoft Partner of the Year