Microsoft ソリューション専用サイト TOP  >  ソリューション  >  Windows 7 /Windows 8 移行ソリューション

[クライアントソリューション]Windows 7 /Windows 8 移行ソリューション 新規OS搭載クライアントPCの導入計画を支援

Windows 7 /Windows 8 対応アプリケーションの移行パラメタ設定をお客様に代わって実施します。

 

◆アプリケーション互換パラメタ設定サービス
企業には未だに多くの Microsoft Windows XP が稼働するクライアントPCが多く存在します。しかし、Windows XP は既にマイクロソフト社によるメインサポートが2009年4月に終了しており、延長サポートも2014年4月に終了します。今後は Windows 7 /Windows 8 等の後継クライアントOSに移行する必要が有ります。「アプリケーション互換パラメタ設定サービス」は、「アプリケーション互換性評価サービス」等により、パラメタ設定で移行可能と判定されたアプリケーションの移行パラメタ設定をお客様に代わって実施するサービスです。

◆Microsoft Visual Basic アプリケーション移行サービス
企業には未だに多くのMicrosoft® Visual Basic 6.0で構築された業務アプリケーションが多く存在します。しかし、Visual Basic 6.0は2008年4月にマイクロソフト社による全てのサポートが終了しています。Visual Basic 6.0で作成されたプログラムの一部は管理者権限と同等の権限を持ったユーザで稼働するプログラムが有ります。これらのプログラムはWindows Vistaや Windows 7 /Windows 8 のセキュリティ強化により「セキュリティ警告画面の表示」や「正常に動作しない」と言った問題が発生する可能性が有ります。更に、現在のコンピュータウィルス等の脅威は複雑度を増しており、Visual Basic 6.0で構築した業務システムが、もしかするとセキュリティホールになっている可能性もあります。これらの問題を回避するためには、業務アプリケーションをWindows Vista以降のOSで稼働する様に移行する必要が有ります。しかし、Visual Basic® 6.0で作成されたプログラムをMicrosoft .NET Framework上で稼働する新しいVisual Basicに移行することは容易ではありません。
そこで、弊社では専用のVisual Basic移行ツールを用いたVisual Basic移行サービスをご提供しています。

Application Compatibility Factory(ACF) 評価サービス クライアントアプリケーション評価サービス → Windows 7 対応アプリケーション互換パラメタ設定サービス パラメタ設定のみでクライアントアプリケーションが動作可能な場合
  1. (1)OS、アプリケーションの互換性のためのパラメタ設定を、お客様に代わり実施いたします。
  2. (2)設定内容を熟知した当社技術者が実施いたします。
  3. (3)設定後のテストを実施し、業務アプリケーションに問題が出ないことを確認いたします。
PAGETOP
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
0120-571-488
受付時間:月〜金(祝祭日除く)10:00〜17:30
ウェブサイトからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

カタログ・資料ダウンロード
拡張ソリューション
セミナー・展示会情報
メールマガジン
関連リンク
Microsoft MVP's コラム
Silverlight のテツジん プラットフォームソリューション事業本部 加藤 哲司
Microsoft Dynamics ソリューション 専用サイトはこちらから
2013 Microsoft Partner of the Year