APRESIA Systems株式会社様 オープンソース管理ソリューションの導入事例やシステム構築例を紹介|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズにお問い合わせください。

株式会社 日立ソリューションズ

オープンソース管理ソリューション 導入事例

APRESIA Systems株式会社様

OSSのライセンス管理を実現し、コンプライアンスを強化。

日立金属株式会社 情報システム事業・ワイヤレスアンテナ事業が、2016年に独立して新たなスタートをきったAPRESIA Systems。
今回は「オープンソース管理ソリューション」の導入で、OSSのライセンス訴訟などのリスクから防衛し、コンプライアンスを強化した事例のご紹介です。

※OSS:オープンソースソフトウェア

課題

導入後

  • 多種多様なOSSを使用し、管理はバラバラ。

    イーサネットスイッチ製品のOSの開発に適用し、管理を一元化。

  • 訴訟などのリスクから防衛し、コンプライアンスを強化したい。

    知らないうちにライセンス違反に陥るリスクを低減。

  • 日々の業務が忙しくなり、ツールの運用に時間を割けない。

    ツールを熟知する日立ソリューションズへ運用代行を依頼。

導入の背景

OSSの管理は、各部署やプロジェクトによってバラバラ

石崎 氏

APRESIA Systems株式会社
ネットワーク事業本部
開発部 主管技師
石崎 洋 氏

さまざまな情報システム製品とソフトウェアを開発するAPRESIA Systems(当時は日立電線の事業部門)では、多種多様なOSSを使用していました。一方、OSSの管理については、各部署やプロジェクトによってバラバラ。リスト化している部署はあっても、ライセンスまでは管理できていませんでした。

「GPL(GNU General Public License)に関する訴訟など、IT業界内の話として聞いていましたので、自分たちが使っているOSSについては気を付けていました。ですが、社内の業務フローは従来のまま。ライセンス管理を強化するための対策を施さなくてはいけない。訴訟などのリスクから防衛し、コンプライアンスを強化しなければいけない。ただ、何をすればいいのかよくわからない。そう考えているところでした」(石崎 氏)

「ちょうどその頃、日立ソリューションズの営業の方から“こういうツールがあるのですが”と紹介していただいたのが、『Black Duck Protex』でした」(赤川 氏)

これをきっかけに、OSSの管理ツール導入への取り組みがスタートしました。

選定までの経緯

具体的な提案があり、知識やノウハウが豊富なエンジニアがいる日立ソリューションズを選定

赤川 氏

APRESIA Systems株式会社
ネットワーク事業本部
ソフトウェア開発第一グループ
グループ長
赤川 智宏 氏

OSS管理ツール導入は、調達部門と開発部による調査と情報収集から着手しました。

「ネット上の情報だけでなく、展示会にも出向いたりして、いろいろと調べたのですが、あまり適したものがありませんでした」(安藤 氏)

「まったくないわけではないのですが、OSSやライセンスに関するデータベースがしっかりしている本格的なツールはありませんでした。ですから何を入れるかではなく、『Black Duck Protex』を入れるか入れないか、そういう選択での検討になり導入を決定しました」(石崎 氏)

「Black Duck Protex」のベンダとしては、複数ある販売代理店の中から日立ソリューションズを選定。

「一番初めにツールを紹介していただいた企業であること。そして、ソリューションの紹介から、ベンダとしてのコンサルティングサービスなどを説明していただき、その後、スケジュールまで入った資料でプレゼンテーションを受けました。こうした中で、具体的な提案があり、知識やノウハウが豊富なエンジニアがいることもわかりましたし、一緒に取り組んでいけば間違いないと思ったのが、日立ソリューションズを選んだ理由です。
また、導入が決まってからは、説明会と勉強会を開いていただくなど、手厚くサポートしていただきました」(赤川 氏)

「当社では、いろいろなツールを導入してきましたが、あまり使われないケースもあります。みんな普段の開発業務をこなしながらですから、新しいツール使うこと自体、手間がかかりますし、特に最初の使いはじめは大変です。その点、日立ソリューションズは、提案の中でいろいろとお手伝いいただける、必要であれば運用代行まで行えるという話でしたので、安心してお任せできると考えたわけです」(石崎 氏)

導入時の取り組み

導入後、日立ソリューションズへ運用代行も依頼

上川 氏

APRESIA Systems株式会社
ネットワーク事業本部
ソフトウェア開発第二グループ
主任
上川 武人 氏

「Black Duck Protex」は、APRESIA Systemsのイーサネットスイッチ製品APRESIAシリーズのOSを対象に適用することになりました。

「導入は、サーバスペックの問題で、多少の苦労がありました。ですが、日立ソリューションズのエンジニアの方に、高速化のための対処、データベースの移行などで相談に乗っていただき、また開発元であるBlack Duck社にも問い合わせて回答を引き出していただいて、かなり助かりました」(安藤 氏)

APRESIA Systemsでは、導入後に、日立ソリューションズへ運用代行も依頼。

「当初は私が『Black Duck Protex』を使って解析を行い運用していたのですが、徐々に日々の業務が忙しくなってきて、時間を割けなくなってきました。
また、より正確で信頼性の高い報告書を作成するために、OSSのライセンスに関する問題や、ライセンスが不明なOSSの分類などを、適切に扱って処理する必要があり、そのための時間も足りない。そういったことも、運用代行をお願いする背景にありました」(安藤 氏)

導入の効果

コンプライアンス違反につながるような訴訟などの懸念を払拭

安藤氏

APRESIA Systems株式会社
ネットワーク事業本部
ソフトウェア開発第一グループ
安藤 裕太 氏

「Black Duck Protex」と、日立ソリューションズの運用代行による導入効果は、以下の通り。

●膨大なソースコードのライセンスチェックを実現。

●知らないうちにライセンス違反に陥るリスクを低減。
 1. オープンソースの意図せぬ混入を防止。
 2. 人の判断ではほぼ不可能なOSSの類似コードを検出。

「特にコンプライアンス違反につながるような訴訟などの懸念が払拭されたことが、一番大きな効果だと思います」(上川 氏)

「これまでは、オープンソースをまとめて持ってくるときに、基本的にはそのオープンソースの代表的なライセンスしか気にしていなかったのですが、チェックをかけるといろいろなライセンスが混在していることがわかります。これにも、十分に注意しなければいけません」(石崎 氏)

「具体的にあったのが、書籍掲載のソースコードのケースです。ある書籍に掲載されたソースコードを流用して、プログラミングを進めていたのですが、この一部について、『Black Duck Protex』の検証で、GPLにマッチすることがわかりました。そこで、日立ソリューションズの運用代行に相談しました。GPLに適合する場合、ライセンス条項と出典元の記載が必要になるなど、いろいろと教えていただきながら、書籍の出版社へ問い合わせて確認し、適切に対処することができました」(上川 氏)

「おかげで、ソースコードのライセンスに対する理解が、より深まり、意識も高まったと思います。
また、日立ソリューションズの運用代行については、お願いしたことだけではなく、いろいろ提案いただいたことも多かったですね。我々のノウハウがない部分でも、一緒に作り上げていくことができる、そんな企業だと実感しました」(石崎 氏)

今後の展望

脆弱性の管理、レコメンドシステムとの連携によるシステム化などを提案

プロジェクトメンバーの皆様

今後の「Black Duck Protex」については、様々な活用の拡大を計画。

「OSSのライセンスチェックを手間をかけずに行えるようになれば、次はチェック実施の頻度を上げられるようになります。現在は、バージョンアップを節目としてチェックしていますが、もっと早く細かく実施できれば、想定外のライセンス混入などがあっても、より早い段階で手を打つことができます。
日立ソリューションズから、工数削減や活用範囲の拡大にもつなげられるという話も出ていますので、ぜひ、役立てていきたいですね」(石崎 氏)

また、日立ソリューションズでは、Black Duck Hubの適用による脆弱性の管理、レコメンドシステムとの連携によるシステム化、さらにはSEPG(Software Engineering Process Group)コンサルティング支援業務としての活用拡大、機能強化などの提案を用意。

「そういった点を含めると、開発手法の統一化などのプロセス改善も必要になってくると思いますので、日立ソリューションズにアドバイスいただきながら効率的に進めていければと考えています」(上川 氏)

「『Black Duck Protex』は、数多あるOSSのライセンスをデータベースにまとめるだけでも、他にはないツールです。それだけに、日立ソリューションズの知識レベルの高さ、柔軟な対応には、とても助かっています。今後も、お願いしていきたいと思っています」(安藤 氏)

「私たちが思いつかないようなアイデアで、これからも私たちを補っていただけるよう期待しています」(赤川 氏)

「レコメンドシステムとの連携もありますので、単なる業務の発注ではなく、協業というカタチにしていければと思っています。一緒に作っていきたいですね。ぜひ、今後ともよろしくお願いします」(石崎 氏)

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

導入企業プロフィール

APRESIA Systems株式会社

旧日立電線株式会社において、1960年代に放送用アンテナ、1980年代に情報ネットワーク機器、1990年代にはシステムインテグレーションビジネス並びに携帯基地局用アンテナと、順次市場に参入し、事業を拡大。日本みらいキャピタル株式会社の支援を受け、2016年12月1日をもって、日立金属株式会社から独立し、生まれ変わったAPRESIA Systems。これまで培ってきた技術をさらに磨き、社会インフラソリューション、セキュリティソリューション、情報システム運用管理ソリューション等々、情報システムインフラにさらなる付加価値を提供する情報システム専業会社として、生活や社会、そしてお客様の発展を支えます。

本社所在地 東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス APRESIA Systems株式会社
事業所 つくばネットワーク技術センタ、北海道営業所、東北営業所、西日本支店 中部営業所・関西営業所・九州営業所、日立事業所
設立 2016年(平成28年)10月7日
従業員数 約350名
事業内容 情報システム製品及びソフトウェアの製造・作成・販売並びに保守
URL http://www.apresiasystems.co.jp/
この事例に関するソリューション・商品

OSSを組織的に安全に活用するためのシステムを構築し、開発効率の向上・開発コストの削減を実現します。

商品ジャンル:
ソフトウェア開発支援

導入事例ダウンロード

本事例の内容は2017年2月17日公開当時のものです。

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

掲載日:2017年2月17日

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

事例紹介

本事例の内容は公開当時のものです。本事例に関するご不明点・ご要望等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。