Oracleソリューションサービス サポート(運用・保守)サービス [Oracleサポートサービス]

「Oracle Advanced Certified Support Partner」認定、24時間365日フル対応のサービスです。

Oracleを利用するお客様の環境で発生した問題に対して、日立ソリューションズのサポートエンジニアが、電話やメールによる問い合わせに対応し、技術情報やノウハウを提供します。ソフトウェア / ハードウェアからシステム全体に至るまで、あらゆる面からカバーします。お客様のご要望によっては、直接出向いて、問題解決にあたります。

「Oracle Advanced Certified Support Partner」認定、24時間365日フル対応のサービスです。
  • オラクルカスタマサポートセンタ(東京/中部/関西/九州)にはSEが駐在。
  • 製品知識だけでなく、情報システム全般を熟知したSEが、トータルシステムの立場から問題解決を支援。
  • オラクル以外の要因の場合でもさらに一歩踏み込んだ(環境/PGM他)対応が可能。
  • お客様担当SEと密な情報交換が可能。
  • お客様先現地への即応体制整備を推進。
  • 24時間フル対応の実績とハイレスポンスなサービス体制。
  • 単なる受付窓口ではなく、すべて専任の技術者が24時間応対(2000年4月〜)。
  • お問い合わせには、即日解決をめざして調査し、迅速かつ的確な回答をご提供。

「スタンダード・サポート」「スタンダード・サポート(Plus)」を用意しています。

Oracleサポートサービスは、「スタンダード・サポート」「スタンダード・サポート(Plus)」を用意しています。また、日立ソリューションズ独自のサービスとして、「日立ソリューションズサポートニュース」や「問い合わせレポート」の提供、専用サポートサイトでの情報提供なども実施しています。

「Oracle Advanced Certified Support Partner(ACSP) for Technology Products」6年連続認定*1。日立ソリューションズによる安心のサポートです。

「Oracle Advanced Certified Support Partner(ACSP) for Technology Products」とは、Oracleサポートを提供する約100のパートナー企業の中で、Oracle製品のサポートエンジニアからなる専任組織を設置し、高い基準をクリアした企業を認定する制度です。2008年は日立ソリューションズを含め、11社が認定*1されました。日立ソリューションズは、認定が始まった2004年から、6年連続で認定。安心してお任せいただけます。
*1:2008年度にオラクル社によるACSP認定は終了しております。

Oracle Certified Support Engineer、ORACLE MASTERがサービスにあたります。

Oracle Certified Support Engineer、ORACLE MASTER(日本オラクル社認定技術者、Platinum取得者含む)が専任サポートエンジニアとして、サービスにあたります。 「Oracle Certified Support Engineer (OCSE)」とは、日本オラクルがサポートエンジニアのエキスパートを認定する制度です。OCSEは、サポートサービスパートナーのエンジニアで、ORACLE MASTER等のグローバル認定資格を有し、オラクル製品のサポート業務を行う上で必要となる高度な技術を身につけたエンジニアです。最新製品の技術セミナーを受講し、該当の試験に合格することが認定条件です。

1994年からスタートし、現在、約1,200社から2,700契約。お客様から高い評価を獲得しています。

日立ソリューションズのサポートサービス提供開始は1994年。以来、着実にお客様を増やし、現在では大手企業を中心に、約1,200社から2,700契約をいただいております。その実績と評価は、以下の通りです。
1994年からスタートし、現在、約1,200社から2,700契約。お客様から高い評価を獲得しています。

ページトップへ
(C)Hitachi solutions, Ltd. 2013. All rights reserved.