侵入検知(IDS)関連商品一覧|システム構築やトータルソリューションをお探しの方へ。日立ソリューションズはあなたの業務改善や課題解決、事例などをご紹介します。

株式会社 日立ソリューションズ

キーワードから探す

侵入検知(IDS)

不正アクセス/不正侵入をリアルタイムに検知・防御するアプライアンス製品

次世代不正侵入検知/防御(IDS/IPS)アプライアンス IBM Security Network Protection XGS

IBM Security Network Protection XGSは、実績のあるIBM Security Network IPS(不正侵入防御システム)製品に、最新の不正アクセス脅威に対応するセキュリティ強化機能を搭載することのできる、次世代型のネットワーク不正侵入検知・防御アプライアンス製品です。

画像をクリックすると拡大します。

その他の侵入検知(IDS)に関するソリューション・商品

次世代ファイアウォール Juniper Networks SRXシリーズ

従来のネットワーク機器単体では実現できなかった強固なセキュリティ、高い信頼性、多彩な機能をワンボックスで提供。

クラウドセキュリティ強化ソリューション

お客様のクラウド環境でのセキュリティ強化対策に関する様々な悩み・課題を解決をします。

ファイアウォール ログ解析ソフトウェア FIREWALLstaff

Juniper NetScreen/SSG/SRXやチェックポイントなどのファイアウォールのログを解析し、レポートを作成します。

セキュリティログ分析ソリューション

セキュリティログ分析におけるコンサルティングからシステム構築・運用までフルサポート。

侵入検知(IDS)に関する事例

次世代ファイアウォール Juniper Networks SRXシリーズ 導入事例 NECフィールディング株式会社様

Juniper SRXシリーズ、IDPシリーズを新サービスのベースとなるASPのインフラ構築に適用。

侵入検知システム(IDS)とは

侵入検知システム(Intrusion Detection System/IDS)とは、ネットワーク内のパケットやコンピューターへの不正な動きを検知して、管理者に通知するシステムのことです。
侵入検知システムはファイヤーウォールと合わせて説明されることが多く、後者が「受付」、前者が「警備員」などに例えられるように、互いに補完する関係にあります。
侵入検知システムは、「ネットワーク型」と「ホスト型」とに大きく分けられます。ネットワーク型とは、リアルタイムでトラフィック(※ネットワーク上を流れるパケット)を監視するものであり、ホスト型は、コンピューターにインストールしてOSが記録するログファイルをチェックするものです。
また、検知方式には「シグネチャ型」と「アノマリ型」とがあります。シグネチャ型とは、「不正なパターン(シグネチャ)」を定義(※あらかじめデータベースに登録するなど)して、マッチングによって検出する方式です。アノマリ型とは、「正常なパターン」を定義して、それとは異なるものを検出する方式です。日立ソリューションズでは、リアルタイムに検知・防御してネットワークを守る、強固なソリューション・商品をご紹介しています。

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ

ご購入前の商品サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ITのお悩みをソリュっと解決!特命課ソリュートくんがいく!
マイナンバー対策特別特別キャンペーン
日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッドインテグレーション』を実現します。