| 日立ソリューションズTOP | プレミアムサービスWeb TOP | この人に学ぶ | 平成の世にサムライを探して | 山崎直子 |

【平成の世にサムライを探して】 宇宙飛行士 山崎直子「人が宇宙に羽ばたく道筋をつくりたい」

2010年4月、8番目の日本人として宇宙に滞在した山崎直子氏。その体験は、その後の彼女の人生や考え方にどのような影響を与えたのだろうか。また、人類が宇宙を目指す意味とは何なのだろうか。地球への帰還から3年。現在の山崎氏が描く宇宙へのビジョンについて聞いた。

技術と人間は互いにバックアップすべき

山崎直子(やまざきなおこ)プロフィール

1970年千葉県生まれ。
96年、東京大学大学院工学系航空宇宙工学専攻修士課程修了。同年にNASDA(宇宙開発事業団、現JAXA)に入社する。
99年、宇宙飛行士候補者に選定され、2001年に正式に宇宙飛行士となる。
10年4月、スペースシャトル「ディスカバリー」でフライトし、宇宙での15日間の滞在中に国際宇宙ステーション補給組立に従事した。

日本人が初めて宇宙を体験したのは、1990年。元TBS記者の秋山豊寛氏が当時のソ連の宇宙船ソユーズでおよそ一週間の宇宙滞在を経験したのが最初である。さらにその2年後、毛利衛氏がアメリカのスペースシャトルに初めて搭乗した。それから21年。宇宙から地球を見た日本人は9人を数えるまでになった。そのうち、女性宇宙飛行士は2人。スペースシャトル「コロンビア号」と「ディスカバリー号」で2度の宇宙飛行を体験した向井千秋氏と、同じくスペースシャトルで国際宇宙ステーション(ISS)に行き、15日間にわたって宇宙に滞在した山崎直子氏である。

スペースシャトルで宇宙に向かった時のことを、山崎氏はこう振り返る。

「ロケットが打ち上がってから8分30秒後にエンジンが止まって、宇宙に到達しました。シートベルトを外して、無重力の空間に身を委ねたとき、なぜか"懐かしい"という感覚を覚えました。私たちの体には、生命の種が宇宙からやって来たはるか昔の記憶が刻まれているのかもしれない。そんなことを思いました」

厳しい選考の過程を経て、山崎氏が古川聡氏、星出彰彦氏とともに正式に宇宙飛行士候補に選ばれたのは、1999年2月のことである。2度目の挑戦での合格だった。2001年には、ISSに搭乗する宇宙飛行士に正式に認定され、フライトのプランが決定するのを待つ身となった。

山崎氏しかしその2年後、山崎氏の運命を狂わせる事態が発生する。宇宙から帰還したコロンビア号がテキサス州上空で爆発し、7人の搭乗員全員が死亡するという痛ましい事故が起きたのだった。これによって、山崎氏の初フライトの計画はすべて棚上げとなった。

それから7年間、山崎氏はいわば地上に縛りつけられる日々を過ごすこととなった。宇宙飛行士候補に選ばれた時から数えれば、11年間という気の遠くなるような年月である。しかし、山崎氏はあくまで前向きだった。

「もともとエンジニアですから、スペースシャトルやソユーズのことを学べるだけでワクワクしていましたし、継続的に行っていた訓練も励みになっていました。宇宙に行ける見通しが全く立たない日々に不安がなかったと言えば嘘になりますが、宇宙に行ければ万々歳、たとえそれがかなわなくても、みんなで切磋琢磨しながら訓練していれば、その後の人生に必ずつながると考えていました」

幸い、人類の宇宙へのチャレンジが頓挫することはなかった。2010年4月、彼女はディスカバリー号に乗って、米フロリダ州のケネディ宇宙センターからISSへと飛び立った。山崎氏のフライト後にスペースシャトル計画は終了したため、彼女は日本人としては最後のスペースシャトル搭乗者となった。

宇宙に行った仲間と作ったNASAのロゴ入りシャツを着てインタビューを受ける山崎氏
宇宙に行った仲間と作ったNASAのロゴ入りシャツを着てインタビューを受ける山崎氏

山崎氏の任務の一つは、スペースシャトルとISSのそれぞれについているロボットアームを操作し、シャトルで運搬していった補給コンテナ、実験装置、各種物資などをアームでISSの所定の場所に取り付ける仕事である。最先端の技術の集積である機器を人の力によって微細に操る。

SF映画などでは、宇宙船のシステムがほぼ完全にオートメーションとなり、搭乗員はシステムの動きを計器でチェックするだけ、といったシーンをしばしば目にする。しかし、どれだけ技術が進歩しても、システムへの人間の関与を欠かしてはならないと山崎氏は言う。

「今後、宇宙での活動は自動化が進み、地上からの遠隔操作の技術もさらに進化していくと考えられます。そのぶん、宇宙に滞在する飛行士たちは、実験などの任務に集中できるようになるはずです。しかし、すべてをシステム任せにすることにはリスクが伴います。人間が完全ではあり得ないのと同じように、人間が作ったシステムにも完全ということはあり得ないからです。技術と人間が互いにバックアップし合えるような関係。それが理想であると私は考えています」

会員登録をしていただくと、続きをご覧いただけます
会員登録はこちら
(別ウインドウでリンク。これより先はSSL暗号化通信と鳴ります。)

※本サービスは法人のお客様向けに提供しております。法人に所属していないお客様は入会をお断りさせていただく場合がございます。何卒、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

会員詳細について>>

「この人に学ぶ -Expert-」カテゴリの他のコンテンツも見る

  • 平成の世にサムライを探して
  • キーパーソン
  • あの人のモノ選
  • プロ野球に学ぶ強い組織の作り方
※2010年9月30日以前に公開されたコンテンツについては、本文中の社名は当時のもの(日立システムアンドサービス)となっております。
会員登録がお済みでない方はこちら 会員登録 こちら
会員の方はこちらから ログインページへ
【プレミアムサービスについてのお問い合わせ】0120-571-488 受付時間:月〜金(祝祭日除く)10:00〜17:30
集まってつながる会員様の“声”の広場【WelcomeVoice】
ミスタープロジェクトマネジメント 名内泰藏特集