イベントレポーター ケイコが行く! その(13) 第23回 設計・製造ソリューション展|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

株式会社 日立ソリューションズ

イベントレポーター ケイコが行く! その(13) 第23回 設計・製造ソリューション展【2012.6.20(水)~22(金)】

みなさんこんにちは!日立ソリューションズ イベントレポーターのケイコです。早いもので、「イベントレポーター ケイコが行く!」も開始して1年がたちました!

第1回も「設計・製造ソリューション展」のレポートだったよね。あのときのケイコちゃんはもう少し痩せてたよなぁ(ボソ)

失礼ね!
この前の健康診断で、去年より体重が増えて気にしてるんだから!

さてみなさん、今回の「設計・製造ソリューション展」は、CAD、CAE、ERP、生産管理システムなどの製造業向けのITソリューションが一堂に出展する専門展です。日立ソリューションズは【グローバルPLM成功の方程式】をテーマに、「デジタルエンジニアリングサービス」を出展しました。

第23回 設計・製造ソリューション展

【日立ソリューションズ ブースコンセプト ~グローバルPLM成功の方程式~】

今回もステージとデモコーナーがあるね!

ステージ風景
<ステージ風景>
ステージ風景
<デモコーナー風景>

テーマにある方程式って、数学であったxやyを含んだ等式のこと?
私、数学は苦手で算数で終わってるんだけど・・・ちゃんとレポートできるかなぁ。

日立ソリューションズなら分かりやすく解説してくれるから大丈夫だよ。
ケイコちゃん、コンセプトステージ「グローバルPLM成功の方程式」が始まるよ!みなさんにレポートをお届けして!

<ケイコのメモ:グローバルPLM成功の方程式>

日本の製造業では2013年からアジア拠点でのIT投資が本格化すると予想されています。グローバルPLMには様々な課題があり、これら課題を一つ一つ解決しなければなりません。これを方程式で例えると、課題を未知数(xやy)に置き換えることができます。
しかし、未知数が多くて答えを導き出すことができないのが現状かと思います。日立ソリューションズは、この方程式を解くと考えるのではなく、未知数(課題)を最小単位で捉えて未知数を一つ一つ消すことにより、結果グローバルPLMの課題を解決していきます。
日立ソリューションズが提供するソリューションは、パズルのピースのように課題解決のソリューションをお客様の環境にはめ込み、既存のシステムを活かした無駄のないシステムを構築します。

たくさん未知数がある方程式を一気に解こうとするのではなく、まずは未知数を一つ一つ消して、方程式を解きやすくすることがグローバルPLM成功のコツなんだね。

グローバルPLM成功の方程式
<グローバルPLM成功の方程式>

そうだね。
一つの課題の答えを出すために、他の答えを待っている、その他の答えも、他の答えを待っている。確かにこんな状況では方程式は解けないよ。

小さな単位で捉えた課題なら、解けなくはないよね。

しかも日立ソリューションズは課題解決のソリューションをお客様のシステム環境に補う形で提供することができるんだ。既存のシステムを無駄にすることなく多様な製品や機能の組み合わせを提供することができるんだよ。

パズルのピースのように、お客様のシステムの中で足りない部分を補い、システム同士を繋げることができるんだね。

グローバルPLM成功の方程式その2
<グローバルPLM成功の方程式その2>

ではケイコちゃん、コンセプトを理解できたところでデモコーナーを見に行こう!

【デモコーナー】

ソリュートくん見て!図面のようなものを広げて、お客様にデモしているよ!

Star Board Link DR
<Star Board Link DR>

Star Board Link DRだね。
StarBoardシリーズは世界71カ国で21万台以上採用されている電子ホワイトボードなんだ。Star Board Link DRはシリーズの中でもテーブル型で、A0サイズをほぼ原寸大で表示可能なんだよ。

今回はStar Board Link DRを使ってグローバルPLMのソリューションを紹介しているね。パネルを見てごらん。

グローバルPLM成功の方程式 ソリューションパネル
<グローバルPLM成功の方程式 ソリューションパネル>

「コミュニケーション」「設計環境」「BOM」「データ送受信」「コスト(原価低減)」のカテゴリに分けて紹介しているよ。

このカテゴリは日立ソリューションズが実際にお客様の課題を調査して、体系化したものなんだ。日立ソリューションズはシステムを提供するだけではなく、PLMシステムへの不満1位「システム間の連携ができていない」も解決。
バラバラになりがちなシステムも統合システム運用管理 「JP1」で、まるで一つのシステム上で運用しているように管理ができるんだ。

<ケイコのメモ:グローバルPLM ソリューションカテゴリ>

  • コミュニケーション「スマート・ドキュメント・サイクル」
    グローバルコミュニケーションの実現により正しい情報を伝えるだけではなく、暗黙知を 引き出します。
  • 設計環境「生産性向上の可能性を切り拓く」
    構想設計機能を強化したCreo2.0は設計者の意図をより短時間で形にします。CADを使わないメンバーからも創意を引き出すためのデザインレビュー機能も提供できます。
  • 統合xBOM「ものづくり情報の結びつけ」
    セミオーダ型の統合BOMは、開発期間を短くするだけではなく、ソースコード開示、サーバーライセンス方式で、グローバル戦略BOMを実現します。

<実現ソリューション>

  • データ送受信「海外と同じ時間軸で仕事をする」
    作ったデータを素早く送れなければ、ビジネスチャンスを逃してしまう可能性があり、設計者の苦労は水の泡です。大容量高速転送サービスがグローバル設計の同時時間軸の課題を解きます。
  • コスト(原価低減)「利益を増やす原価企画」
    想定原価の積み上げだけの原価企画ではなく原価低減活動まで管理できます。原価企画の効率的な実施で利益向上につなげます。

<実現ソリューション>

隣のコーナーには新しくリリースされた、業界シェアNo.1のハイエンド3D CADシステム「Creo2.0」が展示されてるよ。

Creo2.0デモコーナー
<Creo2.0デモコーナー>

新バージョンということもあって、お客様も注目しているね。
盛り沢山の機能が追加されたので、詳しくはCreoの商品ホームページをご覧ください。

以上、お忙しい中、日立ソリューションズブースにお立ち寄りいただいた皆様、本当にありがとうございました!日立ソリューションズはグローバルPLMを始め、製造業向けソリューションを多数取り揃えております。お困の点がありましたら、お気軽に日立ソリューションズにご相談ください。

【関連コンテンツ】

<最新IT情報・事情がマンガでわかる!ITバーつぐみ物語>

デジタルエンジニアリングで『ものづくりのグローバル化』よ、ウフフの巻

グローバル化が進むものづくり市場。海外で製品の企画、設計を行うにあたり、ネットワークの帯域確保や情報漏洩対策などの難題に小堺正人が挑む!

担当営業よりお客様へ

営業の竹内

営業の竹内です。
「イベントレポーターケイコが行く!」に最後までお付き合いいただきありがとうございます。皆様もグローバルPLMの実現にむけて様々な課題を抱えているかと思います。
お客様と一緒に課題を一つ一つ解決していきますので、お困りの点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

■お問い合わせ
株式会社日立ソリューションズ
クロスマーケット営業本部
戦略営業部
竹内_克則
TEL:03-6718-5801 FAX:03-6718-5841
Email:de-service@hitachi-solutions.com

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。