イベントレポーター ケイコが行く! その(37) 第27回 設計・製造ソリューション展|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズにお問い合わせください。

株式会社 日立ソリューションズ

イベントレポーター ケイコが行く! その(37) 第27回 設計・製造ソリューション展 2016.6.22(水)~24(金)

ケイコちゃん、6月と言えば何を思い浮かべるかな?

う~ん、紫陽花に、蛙、そして花嫁さんかな、うふふ。

ボクは、もう恒例の「設計・製造ソリューション展」を思い浮かべるよ!

そうね!製造業界の新しい取り組みが発見できるわね!
早速、見学へ行ってみましょう!

展示会のにぎやかな様子
ブースの様子

【出展コンセプト】 『IoTがつなぐモノ、ヒト、コト』

今回日立ソリューションズブースでは、この『IoTがつなぐモノ、ヒト、コト』の実現に欠かせない3つのキーワードにそってご紹介しました。

1つ目は、顧客価値の最大化として、『グローバルPLM』
2つ目は、生産運用の最適化として、『グローバルコミュニケーション』
そして3つ目は、製造設備の最適化として、『IoT・セキュリティ』

まずはボクが、この『グローバルPLM』をレポートします。

【グローバルPLMコーナー】

みなさんも「グローバル市場における競争力の強化」が課題となっていませんか?
今回は、この課題に対するキーワードとして「モジュール化」をベースにソリューションをご紹介しました。
この「モジュール化」について、モジュール化には、様々な効果とリスクの両面を持っています。
効果としては、「設備や金型などの生産コストの削減」「調達コストの削減」「設計リードタイムの短縮」「製品品質の向上」などがあります。

じゃあリスクは?

例えば、製品出荷後の不具合時などには、より影響範囲が拡大し、それに伴ってコストが増大するといったリスク損失かな。

そこで、日立ソリューションズでは「グローバルPLMソリューション」によって、モジュール化に伴うリスク損失を最小限に抑え、モジュール化による効果を最大限に導き出しますとご説明しているわけね!

グローバルPLMシステム『Windchill PDMLink(ウィンチル・ピーディーエム・リンク)』

『Windchill PDMLink』は、

●グローバルで製品開発における重複作業、ルーチンワークを減らしたい

●各部門・拠点に分散する構成情報(BOM)や、製品情報(CADデータ、設計ドキュメントなど)を一元管理したい

●効率よくバリエーション設計(きめ細かい国別仕様反映など)をしたい

などのご要望を解決します。

詳細はこちら

製品利益計画パッケージ『Cost Producer(コスト・プロデューサー)シリーズ』

グローバルコストを最適化するには、地域戦略・技術戦略などを反映した事業計画・製品利益計画の作成や、原価企画活動を支援するための基盤の構築が重要です。そこで、『Cost Producer』シリーズでは、

●事業計画、製品利益計画の精度向上

●顧客要求に対する戦略的見積技術、価格折衝力の向上

●グローバル調達、VE(バリュー・エンジニアリング)の推進

を実現する事ができます。

詳細はこちら

統合ERPパッケージ 『 Microsoft Dynamics AX 構築サービス 』

さらにこの2つを連携させるERP として、設計部門・ 製造部門間の効果的な情報連携・活用を実現できる、 生産管理ソリューション「 Microsoft Dynamics AX 」が効果的です。

詳細はこちら

【グローバルコミュニケーションコーナー】

続いて私が2つ目のキーワード『グローバルコミュニケーション』をレポートします。
ビジネスの競争力を維持、強化するために、企業や国境の壁を越えた協創活動が盛んに行われているよね。

でも、組織間のコミュニケーション不足や、情報・ファイルの共有漏れ。さらには、情報漏えい対策やシステム管理者の負担など、多くの障壁があります。

そんなお悩みを解決するのが、
企業間情報共有システム「活文 Managed Information Exchange」(マネージド・インフォメーション・エクスチェンジ)です。
「活文 Managed Information Exchange」は世界で、組織間で、セキュアにコラボレーションするためのワークスペースです。
さらに大容量データ授受を高速に実現する「活文 Accelerated File Transfer」(アクセラレイテッド ファイル トランスファー)や、設計文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」(コンテンツ ライフサイクル マネージャー)の活用もお勧めです。

詳細はこちら

【IoT・セキュリティコーナー】

3つ目のキーワード『IoT・セキュリティ』をレポートします。 様々なモノをインターネットに繋げるIoT技術によって、工場のデジタル化が進んでいるね。しかし、インターネットに繋がっていれば、当然、サイバー攻撃などの脅威にもさらされているよね。
制御システムは、24時間365日稼働しているわけだから、システムへの脅威を最小限に抑える対策が求められるよね。そこで効果的なソリューションをご紹介します。

「制御システムセキュリティソリューション」

「制御システムセキュリティソリューション」は、これまで培ってきたサイバー攻撃対策のノウハウを最大限に活用し、現在動作している制御装置に必要なセキュリティ要件の整理を行い、最適な対策をご提供します。

詳細はこちら

さらに、センサデータの収集からクラウド環境での見える化、分析まで必要な製品をご紹介します。

「M2M組込み基盤スイート」自律型ジョブ自動化ツール「Job Control Platform」

「M2M (エム ツーエム)組込み基盤スイート」と自律型ジョブ自動化ツール「Job Control Platform」(ジョブコントロールプラットフォーム)の連携により、センサデータの収集からクラウド環境での見える化、分析まで必要な製品をご提供しています。これにより、データの利活用の最適化として、分析結果から次回の収集・加工ルールとして各ゲートウェイにフィードバックすることが可能になります。

以上、「グローバルPLM」「グローバルコミュニケーション」そして「IoT、セキュリティ」、これからの製造業に欠かせない重要な3つのキーワードをご紹介しました。

■ケイコの一口メモ

デモコーナー

今回、ウェアラブルデバイスを利用して現場映像を共有し、現場作業を支援するデモコーナーを設置しました。
待ち行列ができるほどの人気コーナーとなりました。

フィールド業務情報共有システム
スマートグラスの活用によりは、施工・保守・点検業務などの効率化に威力を発揮します。

フィールド業務情報共有システム
http://www.hitachi-solutions.co.jp/fis/

◆ニュースリリース◆
フィールド業務におけるスマートグラス活用の検証サービスを提供開始
施工・保守・点検業務における作業員を遠隔で支援
http://www.hitachi-solutions.co.jp/company/press/news/2016/0215.html

スマートグラス活用検証サービス
http://www.hitachi-solutions.co.jp/wpoc/

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッドインテグレーション』を実現します。