ページの本文へ

Hitachi

トータルセキュリティソリューション

マルウェア感染調査サービス|確かな技術と豊富な経験・実績を持つ日立ソリューションズだからできる様々なセキュリティニーズに対応したソリューションを提供

マルウェア感染調査サービス

マルウェア対策専用の調査機器を利用しマルウェア感染状況を調査します。

こんな課題に

  • アンチウィルス製品のパターンファイルが提供されていないマルウェア(未知のマルウェア)に攻撃されていないか心配
  • FW, IDS/IPSなどである程度対策しているが、未知のマルウェアに対して対策が十分か不安

マルウェア感染調査サービス 概要

昨今、特定の団体や企業を狙う標的型攻撃は巧妙化しており、一般的なアンチウィルスでは検知できない未知のマルウェアが攻撃に使われるケースが多数存在します。検知するには、専用の調査機器が必要になります。 マルウェア感染調査サービスは、貴社のネットワーク・ゲートウェイに弊社がアプライアンスを設置し、下記を調査・結果を解析のうえご報告差し上げます。設置-回収-分析-ご報告までを弊社が実施致します。

どのくらいマルウェアの脅威に晒されているのか (調査期間に侵入してくるマルウェアや未知の脆弱性を突く攻撃の有無)

既にマルウェアに感染している端末の有無(C&Cサーバ(※1)への通信=コールバック通信(※2)の有無)

※1 C&Cサーバ (Command and Control server):ボットネットに指令を送るサーバーのこと
※2 コールバック通信:攻撃者サーバへの不正通信

マルウェア感染調査サービス 特長

  • 既存ネットワークシステム環境に影響なく導入可能

    ミラーポートだけご用意頂ければ、既存環境に影響を与えることなく調査を行うことが可能です。

  • 豊富なレポート

    調査報告を元に、報告書を作成し、納品成果物としてお渡しします。 報告内容については、調査に使用したアプライアンスでの分析結果となります。 例:調査概要、結果サマリ、結果詳細、検知したマルウェア、感染ホスト一覧、コールバクの接続先URL、仮想OSによる検知状況

  • マルウェア検出時もサポート※別途費用が発生します。

    検出されたマルウェアの感染状況について詳しく調査を実施します。
    C&Cサーバとの通信解析やインシデント対応等についても対応可能です。

マルウェア感染調査サービス 導入ステップ・調査期間

  • 導入ステップ

  • 調査期間

    約1ヶ月
    前後に2週間程度のお打合せ・準備、報告書作成期間を頂戴します。

  • カタログダウンロード
  • 日立ソリューションズのトータルセキュリティ
  • ソリューションメニュー
  • 導入事例

各機能やシステム構成例の詳細についてお問い合わせはこちらから

資料請求・お問い合わせ