文学部 教授から見た日立ソリューションズの評判・評価|明治大学 齋藤孝様の証言 の証言

学術界
社会の公器としての貢献。今後もぜひ、そういう役割を担っていただきたいと思います。
明治大学
文学部 教授
齋藤 孝 様

数年前、日立ソリューションズさんから依頼を受け、「人間関係力養成講座」という全6回のコラムを執筆しました。教育学、身体論、コミュニケーション論といった観点から、ビジネスの現場における「人間関係力」を高める“技” を伝授する。そういう内容でした。
日立ソリューションズさんは、既存・潜在、どちらのお客様に対しても、多くの接点を持つことをめざして、役に立つ情報を継続的に提供している企業だと伺っています。
今、企業の中や、仕事の場面で、“知識創造企業”という言葉が頻繁に使われるようになり、何かを生み出す人を育てることが、どの分野でも必要になってきました。私も、日頃から学生たちに、新しい価値や意味を生み出すために勉強が必要なんだと繰り返し言っています。そのためには、現代の最先端の幅広い知識に触れる必要があります。自分と新しい学問領域が触れ合ったところに刺激が生まれ、アイデアが生まれるんですね。
ですから、日立ソリューションズさんの取り組みは、社会的な貢献が大きいと言えます。企業というのは、自分が儲かればいいということではなく、社会の公器としての貢献が必要です。今後もぜひ、そういう役割を担っていただきたいと思います。

※2014年7月の取材時の情報です。

関連キーワード
教授/人間関係力養成講座/知識創造

ソリューション・商品(ピックアップ)

情報・知識共有基盤【InWeave インウィーブ】

関連コンテンツはこちら

 【齋藤孝の人間関係力 養成講座】

おすすめコンテンツはこちら

【オトナのたしなみ 実践編】
このページを印刷する
【前の証言へ】
           
スマートフォンサイトに切り替える