サービス指向アーキテクチャ

|日立ソリューションズ『SOA(Service Oriented Architecture)ソリューション』のシステム、サービス概要・価格や、解決出来る課題についてご紹介します。

株式会社 日立ソリューションズ

SOA(Service Oriented Architecture)ソリューション

業務プロセス可視化・改善、フロントエンド統合、情報連携プラットフォーム構築ソリューション

  • 導入事例

SOA(Service Oriented Architecture)ソリューション 概要

本ソリューションは、各業種のお客様の課題・要件に応じて、SOA(Service Oriented Architecture)の特性を活かした3つのソリューションコンセプトを組み合わせることで、お客様の課題解決を実現するワンストップのソリューションサービスです。

Q:こんな課題で悩んでいませんか?

  • 業務プロセスの状況把握/改善
  • 業務プロセスの変更への迅速な対応
  • 画面統合による作業の効率化
  • システム化要求への迅速な対応
  • 保守コストの削減
  • リアルタイムな情報連携
  • 人手プロセス排除による運用コスト削減/パフォーマンスの改善
  • リアルタイムな情報を元にした意思決定

A:このような課題を「SOA」が解決します!!

Q:なぜSOAが最適なのでしょうか?

A:以下のようなSOAの特性そのものが解決策だからです!

SOAの特性

業務機能のサービス化と疎結合

SOAでは業務機能をサービスとして疎結合化し、業務プロセスとサービスを分離します。これにより、組合せ自由なブロックのように、柔軟なシステムの組み換えが可能になります。その結果、業務プロセスの変更への迅速な対応や、1つの画面から複数のサービスを呼び出すことにより、従業員の作業効率化の促進が可能になります。また、業務プロセスが独立している為、可視化、状況把握が容易に行え、改善へと導く事が可能になります。

サービスの共通部品化

SOAでは共通的に呼び出される機能を1つのサービスとして定義します。これにより、新規にシステム化する場合に、既存の共通部品化されたサービスを活用してシステム構築できるため、迅速に対応できます。また、システムごとの類似機能開発を排除できますので開発コストを削減することが可能になります。

業界標準技術の活用

SOAでは、Webサービスなどの業界標準技術を活用します。従って、異なるプラットフォーム間でのリアルタイムな情報連携が可能になります。また、今まで人手を介して処理していた部分が標準技術を使って連携可能になる為、運用面での人的コストの削減、及びシステム連携の自動化によるパフォーマンスの改善が可能になります。更には、上記「業務機能のサービス化と疎結合」の特性と併せることで、個々の従業員が必要とするサービスをリアルタイムに各々呼び出すことで、正確な意思決定へと導く事が可能になります。

※SOA(Service Oriented Architecture)とは
業務機能をサービスという単位で構成し、複数のサービスを組み合わせてシステムを構築する手法です。

SOA(Service Oriented Architecture)ソリューション ソリューションコンセプト

本ソリューションは、各業種のお客様の課題・要件に応じて、SOAの特性を活かした3つのソリューションコンセプトを組み合わせることで、お客様の課題解決を実現するワンストップのソリューションサービスです。

日立ソリューションズのSOA(Service Oriented Architecture)ソリューションの3つの特徴

  • 当社のこれまでの構築実績から、『3つの形態のソリューションコンセプト』としてまとめ、お客様の課題・要件に応じて 最適なコンセプトを適用し、『構想~運用までのワンストップのソリューション』として提供します。
  • 当社の構築ノウハウの集大成が体系化された標準開発基盤『COMMONDATIONR』に基づいた設計・開発により、生産性が高く、高品質なソリューションを実現しています。
  • 当社のSOA(Service Oriented Architecture)ソリューションは、様々な業種・業務でITシステムを構築した『知識・経験』、『技術力』 、製品ベンダとの『パートナーシップ』、SOAシステムの『構築実績』を基礎として成り立っております。

ソリューションコンセプト 図 (1) 業務プロセス可視化・改善 (2) フロントエンド統合 (3) 情報連携プラットフォーム構築 構想~運用まで ワンストップソリューション SOA対応開発基盤「COMMONDATION(R) Microsoft BizTalk Server Oracle SOA Suite インフォテリア ASTERIA WARP

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

業務プロセス可視化・改善ソリューションコンセプト

課題

  • 業務プロセス全体が見通せないため、規制対応/コンプライアンス対応など、業務プロセスの組替えが困難
  • 業務プロセスの進捗状況や各種の業績管理指標が取得できないためボトルネックや改善ポイントが判断できない
  • システムによる業務と属人的な人手の業務が混在しているため、統制が取れない

解決策

  • 業務プロセスのモデリングで可視化して、分析・改善できる環境を整える
  • 業務プロセスと業務ロジックを分離し、柔軟に組替えることが可能な基盤システムを導入する
  • システムによる業務処理と人手による業務処理を統合する基盤システムを実現する

メリット

  • 業務プロセスの状況把握/改善
  • 業務プロセスの変更への迅速な対応
  • リアルタイムな情報を元にした意思決定

業務プロセス可視化・改善ソリューションコンセプト 図

【適用例】

プロセスと機能を適切に切り分け、変化に柔軟に対応。

フロントエンド統合ソリューションコンセプト

課題

  • 1つの業務を処理するために、複数の画面を行き来しており、非常に煩雑
  • 同じデータを複数のアプリケーションに入力しなければならず、作業効率が悪い
  • アプリケーション毎に操作性が大きく異なるため、操作方法の習得に時間がかかったり、ミスが発生したりする

解決策

  • フロントエンドをリッチクライアントで構築し、複数システムに分散した情報を操作性の高い画面に集約する
  • バックエンドシステムをSOA基盤で構築し、必要な情報をリアルタイムに取得できる環境を実現するとともに、システム間の情報連携を自動化する

メリット

  • 作業効率向上によるオペレーションコストの削減
  • 人的ミスの削減

【適用例】

分散している情報を1画面に集約し、作業効率を格段にアップ。

情報連携プラットフォーム構築ソリューションコンセプト

課題

  • 現場要求に対して即座にシステム構築しなければならないが、手組みで1から作っている為、間に合わない
  • 手組みによりシステム統合している為、スパゲッティ状態になってしまい保守コストが膨大
  • 様々なプラットフォーム上でシステムが稼動しており、連携が困難

解決策

  • SOA適用による既存の業務システムのサービス化及び、サービスの再利用
  • SOA基盤製品導入による問題/修正箇所の局所化
  • Webサービス等の標準技術の採用

メリット

  • システム化要求への迅速な対応
  • 保守コストの削減
  • 異機種間でのリアルタイムな情報連携

【適用例】

実績のあるサービスを使い、トラブルなしに既存システムを有効活用

構想~運用までワンストップソリューション

SOA適用の構想~設計・構築~運用まで、各フェーズに対応したサービス商品を提供しています。

SOA/BPM導入ソリューション 図

フェーズ サービス商品 標準的なサービス内容 価格
現状分析 適用診断
コンサルティング
SOAの適用が効果的となる領域の分析/診断を行い、SOA採用に向けた実行計画を策定します。 個別見積
要件定義
コンサルティング
ヒアリングにより現行業務やシステムの情報を収集し、実現する業務や新システムのイメージの作成及び、ロードマップと推進体制を作成します。また、SOAによるシステムアーキテクチャの標準化策定の為の支援を行います。 個別見積
設計 設計サービス
  • ビジネスプロセスの設計
  • サービスの設計
  • 処理方式の設計
  • アプリケーション/システム連携アーキテクチャ標準の策定
個別見積
構築・開発 インフラ構築
サービス
  • インフラ構築要件のヒアリング
  • SOA/BPM製品の環境パラメタ設計
  • SOA/BPM製品のインストール
  • SOA/BPM製品の環境パラメタ設定
  • 初期動作確認 (起動/停止、接続確認)
個別見積
開発サービス
  • ビジネスプロセスの実装
  • Webサービスの実装
  • 単体テストの実施
  • 組み合わせテストの実施
個別見積
テスト テストサービス SOAシステムの本番稼動に向けて、お客様のテストを支援します。 個別見積
運用 運用サービス 導入したSOA/BPM製品が正常に稼動できるよう運用設計を支援します。 個別見積

※詳細は各営業担当までお問合せください。

SOA対応開発基盤 「COMMONDATIONR」

様々なシステム構築実績を基に、弊社独自の標準開発基盤 「COMMONDATIONR」を整備
- プロセス/フレームワーク/ツール/ノウハウを連携させることで、ソフトウェア開発における見積り精度/生産性/品質を向上
- 今回、新たにSOAの概念を導入
- 日立製作所の標準システム開発方法論「HIPACE」との高い親和性

全工程を網羅した標準開発基盤「COMMONDATIONR 」の体系

「COMMONDATIONR」の体系 図

「COMMONDATIONR」では、様々なシステム構築実績のノウハウに基づいて、ガイドラインやノウハウ集などのドキュメントや標準帳票類を整備し、SOAでの開発の標準化・効率化の向上を図っています。

ガイドラインやノウハウ集

ガイドラインやノウハウ集

SOA開発に即した帳票類

SOA開発に即した帳票類

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

このソリューション・商品で解決できる課題

関連キーワード

最終更新日:2009年3月27日

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ITのお悩みをソリュっと解決!特命課ソリュートくんがいく!

ピックアップキーワード

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッドインテグレーション』を実現します。