誤送信抑止

|日立ソリューションズ『誤送信抑止ソリューション 留め~る』のご案内です。

株式会社 日立ソリューションズ

誤送信抑止ソリューション 留め~る

送信直後にメールを一時保留。送信者だけでなく、職場の同僚や上長が確認する事で誤送信を抑止し、企業に及ぼす脅威を解消します。

  • 専用サイト
  • カタログダウンロード

誤送信抑止ソリューション 留め~る 最新情報

誤送信抑止ソリューション 留め~る  概要

送信メールをサーバに保留して、安全確認。これが信頼ある企業の新たなルール。

誤送信の発見がメール送信直後に多いことから、送信したメールは一時保留する仕組みを実現しました。送信直後に送信者本人や社内のメンバー、あるいはサーバで確認することで、多くの誤送信を抑止。誤送信が企業にもたらすさまざまな脅威を解消します。

送信後の一時停止で誤送信を抑止図

メール誤送信による企業リスクを解消します。

誤送信抑止ソリューション 留めーる® 留まれ 専用サイト

誤送信抑止ソリューション 留め~る  基本機能

送信者が安全確認

送信者が間違いに気づいたら、誤送信をなかったことに。

メール送信キャンセル

社外宛の送信メールはサーバで一旦保留します。送信後にメールの間違いに気づいた場合でも保留中は送信をキャンセルできるため、より多くの誤送信の抑止が可能。なお、保留時間はユーザごとに設定できます。

※緊急でメールを送りたい場合にも対応できます。

メール送信キャンセル図

社内みんなで安全確認

社内のメンバーが送信メールを確認し、誤送信をなかったことに。

時間差送信

社内外にメールを一斉送信する際に、社外宛は保留し、社内宛は即送信するという設定が可能。送信直後に送信者だけでなく社内の同僚も送信メールを確認できるため、誤送信の見逃しを減らすことができます。

時間差送信図

上長承認〈オプション〉

社外宛にメールを送信すると、上長へ承認依頼のメールを自動送信。上長が承認してはじめて宛先に送信されます。承認を受けるまで送信されないため、誤送信の抑止を強力にサポートします。

上長承認〈オプション〉図

サーバが自動で安全確認

誤送信のリスクをサーバが自動検知し、誤送信抑止の対策を実行。

誤送信リスク通知

社外宛に送信されたメールに「社外秘」と書かれた文章がある、Excelのファイルが添付されている、といった誤送信のリスクを留め~るサーバが自動的に検知し、送信者へメールで通知。送信者に注意を促し、誤送信に気づいたらメールをキャンセルできます。

※検知するキーワードや添付ファイルの種類などはお客様ごとに設定できます。

誤送信リスク通知図

保留時間の自動延長

社外宛に送信されたメールに「社外秘」と書かれた文章がある、Excelのファイルが添付されている、といった誤送信のリスクを留め~るサーバが自動的に検知し、保留時間を延長することが可能。誤送信を発見する可能性を拡大させます。

※検知するキーワードや添付ファイルの種類などはお客様ごとに設定できます。

保留時間の自動延長図

添付ファイルをワンタイムパスワードで保護

送信メールに添付されているファイルは、留め~るサーバが生成したワンタイムパスワード付きのZip形式に自動変換。ファイル内のデータを保護して送信できます。

添付ファイルをワンタイムパスワードで保護

管理がラクな留め~る

ユーザ登録は全て自動化。

ユーザアカウント自動登録

留め~るの操作に必要となるユーザ登録は全て自動化し、管理者に負担をかけません。たとえば、未登録のユーザがメールを送信すると、留め~るへのログインに必要なパスワードをユーザへ通知。ユーザは速やかに留め~るを利用できます。

※管理者自身によるユーザ登録も可能です。

ユーザアカウント自動登録図

誤送信抑止ソリューション 留め~る 動作環境

「動作環境」につきましては、専用サイトをご確認ください。

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

このソリューション・商品で解決できる課題

関連キーワード

最終更新日:2011年10月7日

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ITのお悩みをソリュっと解決!特命課ソリュートくんがいく!
日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッドインテグレーション』を実現します。