ファイル 暗号化

|日立ソリューションズ『サーバ/ストレージ対応暗号化/改ざん防止ソフト File Protector』のご案内です。

株式会社 日立ソリューションズ

サーバ/ストレージ対応暗号化/改ざん防止ソフト File Protector

Linux,Unix(AIX/Solaris/HP-UX)、Windowsサーバのファイル及び、OracleDB/SQL/MySQL/PostgreSQL等のDB暗号化に対応し、漏洩や改ざんから守る暗号化ソフトです。透過的かつ瞬時に暗号化をするため、既存システムの修正をすることなくアドオンにて暗号化対応します。

※他にDBのカラム単位でDB暗号化するソフトDPS(Database Protection System)もご用意しています。Keyローテーションにも対応しており、柔軟かつ強固なセキュリティ環境を提供できます。

こんな方にお奨めです!

  • Linux/UNIX(AIX/Solaris/HP-UX)等の既存システムを簡単に暗号化したい。
  • 既存アプリケーションの修正をすることなくアドオンにて暗号化したい。
  • 既存業務システム停止することなく暗号鍵を交換したい。
  • OracleDB/SQL/MySQL/PostgreSQL DB等のデータを暗号化(DB暗号化)したい。
  • ログ、データなどが改ざん・破壊されないよう、完全性を確保したい。
  • PCI DSS※に基づいたセキュリティ対策を実施したい。

※PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)…カード会員様のクレジットカード情報・お取引情報を安全に守るために策定された、クレジット業界におけるグローバルセキュリティ基準

File Protector 概要と特長

  • サーバ内の対象ファイルを暗号化し改ざん防止するソフトです。最小単位は1ファイル、1ディレクトリ(フォルダ)からとなります。
  • すでに稼働中のシステムへ容易に導入が可能で、暗号化も簡単に実施できます。
  • OracleDB/SQL/のDB暗号化だけではなくMySQL/PostgreSQL暗号化にも対応しています。
  • アプリケーションから透過的に暗号化、復号化を実施し、既存アプリケーションの修正をすることなく暗号化機能を付加することが可能です。
  • サーバのシステム管理者権限(root/Administrator)とは別に、限定されたシステム管理者権限によりFile Protectorの暗号化レイヤーを作成します。これにより、通常のシステム管理者権限とは別の権限で、サーバの暗号化コントロールを実施します。
  • 複数台のFile Protectorを統合管理することが可能(オプション)です。暗号鍵を一括管理できます。

File Protector 機能及び導入イメージ

  • ファイルサーバ暗号化

    WindowsクライアントPCからFile Protectorを介して書き込まれたファイルサーバ(Samba)内のデータは暗号化して記録されます。ファイルを不正に解読、改ざんすることが出来ません。

  • DB暗号化

    これまで実現できなかったOracleDB/SQL/MySQL/PostgreSQL DB等のDISK全体の暗号化をFile Protectorが可能にします。悪意のアクセスやバックアップの不正な持ち出しによるDB内データの参照、ハッキングなどDB暗号化で守ります。

  • メールサーバ暗号化

    メールデータの保管においてアーカイブした後、File Protectorで暗号化しバックアップを行います。これにより、正規のシステム管理者以外はメールのバックアップデータを閲覧、変更することが出来ません。

  • ログ改ざん防止

    ログはデータのやり取りやシステムの運用・管理において重要な証拠の記録となります。File Protectorではログ自体を暗号化することで、ログの改ざんによる記録の証拠隠滅を防ぎます。

  • Webサイトの改ざん防止

    権限の設定により、権限を持たないユーザのサイトへのデータ書き込み、データの解読を不可能にします。
    また、インターネットからの登録データの暗号化をFile Protectorで行います。それにより、万一データが流出しても内容を見ることが出来ません。

  • DBカラム暗号化

    エンタープライズ向けDB(Oracle/MS SQL Server/DB2等)のカラム暗号/アクセスコントロールをDPS(Database Protection System)で実現します。
    すでに稼働中のデータベースシステムへの導入が容易に行え、最短の導入時間で暗号化してのシステム運用が可能です。
    暗号鍵は単体のファイルとして存在せず、アクセスコントロール情報と合わせてロール(ポリシ)として管理されます。データベースを停止しないで暗号鍵の交換が可能(キー・ローテーション)になります。

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

File Protector 導入実績

画像をクリックすると拡大します。

※他にも国内・海外の導入事例多数。詳細はお問合せ下さい。

File Protector 動作環境

サーバ向けデータ暗号 File Protector

OS Solaris/RedHat Enterprise Linux/Windows Server/等
暗号アルゴリズム AES(128bit/256bit)/3DES(168bit)/Blowfish(256bit)/RC4(256bit)

データベースカラム暗号 DPS(Database Protection System)

データベース Oracle/MS SQL Server/DB2/Infomix/等
OS AIX/Solaris/HP-UX/Windows Server/RedHat Enterprise Linux/等
暗号アルゴリズム AES(128bit/256bit)/3DES(168bit)/FCE
お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

最終更新日:2011年2月9日

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ITのお悩みをソリュっと解決!特命課ソリュートくんがいく!
日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッドインテグレーション』を実現します。