ページの本文へ

BPMで、確実に効果を生み出す極意|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

特集・コラム

第3回 成功事例から学ぶ、BPM改革10の極意(後編) 第3回 成功事例から学ぶ、BPM改革10の極意(後編)

 前回迄に、筆者がBPMコンサルタントとして10年以上に渡り対応し解決してきた事例の中から、成功の為の10の極意の内、7つを開示しましたが、今回は、残る3つを開示します。前回と合わせ、これらの極意は一つも外さないでください。半分実行すれば50点が取れるものではなく、一つでも外したら、期待する効果は得られないでしょう。

極意8.見えない問題・課題を見える化する極意

 前回の 極意7で、「 出来ていないことをどうやって聞き出すの?」と思われたかもしれません。筆者が10年に渡り、50社以上、千人以上にヒヤリングしてきた中で、それを 聞き出すおまじないを教えます。 「(この仕事)楽勝ですか?」と聞いてみてください。 何か問題があれば、即、反応があります。更に、問題を明確にするには、 以下の6つの観点で、質問してみてください

①(コア業務でありながら、)人手では、既に限界に来ている問題はないか。
② プロセス・ルールが不明確な事により、業務の停滞/悪化の要因となる問題はないか。
③ 自部門本来業務ではなく、代表(代行)業務を担っている認識からくる問題はないか。
④ 人を介した部門間の連携が限界に来ている問題はないか。
⑤ 個人スキルの依存が高いことによる問題はないか。
⑥ 現行の慣習/実態を打破すべき問題はないか。

極意9.「紙減らし」したいが、なぜ減らないのか?

  社内で使っているリストやシートをすべて洗い出して、利用者に、 必要性の有無を確認すると、 まったく減らない(すべて必要という答えが返ってくる)という顛末をよく耳にします。是非、 これまでの極意の応用で解決してみてください。
  解決事例として、 全国600店舗を展開する飲食チェーンでは、各店舗で採用されたバイトの方のバイト料の振込口座を採用時に店舗システムへ登録するのですが、その口座番号の間違いで振込できないことを防ぐために、バイト料振込みの前になると、経理担当者が すべての口座の存在確認を行うという業務とそのためのチェックシートが必要でした。これも前回の 極意6 で遡れば、 店舗システムへ口座番号を登録する時点で確認すれば良いわけで、 チェックシートはもとより 極意5 で述べた 口座の存在確認という業務プロセス自体をなくすことができました

極意10.ケーススタディ-理解度チェック問題

 ここまでで、 読者の皆さんの問題事象に対する見方が変わってきて下さったら幸いです。表3-1左列の問題事象に対して、皆さんは、どのように解決方針を導きますか? これまで中列だったのが、右列に変わっていたら、後は、実践あるのみです。

表3-1 ケーススタディ-課題分析極意習得レベルチェック

© FRONTIER-ONE Inc. 2014. All rights reserved.

表3-1 ケーススタディ-課題分析極意習得レベルチェック

番外編.「赤穂浪士の討ち入り」をBPMの考え方で整理すると

 「目的と手段を取り違えない。」は、良く耳にしますが、目的と手段を正しく定義すれば、目的が達成できるかというと違います。その間に“戦略目標”が必要です。赤穂浪士で説明しましょう(図3-1)。

図3-1 目的と手段を取り違えないことはもとより、戦略目標が重要

© FRONTIER-ONE Inc. 2014. All rights reserved.

図3-1 目的と手段を取り違えないことはもとより、戦略目標が重要

 次回は、確実な効果を生むための実践的な進め方(基本手順=奥義)を開示します。

大川原 文明 氏の写真

大川原 文明 氏

日本経営システム学会会員・BPMコンサルタント

1988年 日本電信電話(株)入社
 ・交換機ソフト、高度電話サービス(テレゴング)開発に従事
 ・1995年~ERP導入ビジネス立ち上げ~SAPシステム導入のプロジェクトマネージャーを
  担い、製造業分野中心に導入実績を築く。
2002年 IDSシェアー・ジャパン(株)(現、ソフトウェア・エー・ジー(株))入社
 ・BPM、プロセス指向型のシステム導入のコンサルティング活動を展開。
 ・「BPM Quick Win手法」を確立。
2004年 広島県立大学(現、県立広島大学)の「経営情報学特別講義」、2007年から「インターンシップ直前講義」の講師を担う。
2006年から2014年迄(株)日立システムズへ出向し、BPMコンサルティングサービスを提供。
現在もBPMコンサルタントとして活動中。これまでに50社以上の企業の業務改革に携わる。
並行して、上記の実績と経験に基づいた、実践的最新手法をBPM、BPO、SOA、BAM、SOX/内部統制セミナーの講師、関連雑誌・記事執筆活動中。

【文献】 J-GLOBAL ID:201402220412444460  整理番号:14A0540826
『企業の業務改革を目的とした効果的な業務フローの書き方』
著者:大川原 文明(日立システムズ)、上野 信行(県立広島大)
資料名:日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集  :48th  ページ:130-133
発行年:2012年06月02日

サービス化における「顧客価値」と「利益」の同時獲得サービス化における「顧客価値」と「利益」の同時獲得

メガFTAの入り口メガFTAの入り口

インダストリー4.0が実現をめざすデジタル市場:App Store for Machinesインダストリー4.0が実現をめざすデジタル市場:App Store for Machines

『10年後、2027年のIoTビジネスで成功する施策』続:IoT 先行企業の狙いを見極める。~10年先にIoT勝ち組企業となる戦略構想~『10年後、2027年のIoTビジネスで成功する施策』~10年先にIoT勝ち組企業となる戦略構想~

IoT時代を生き残る。「消費者を動かし、マーケットをつかむイノベーション」IoT時代を生き残る。「消費者を動かし、マーケットをつかむイノベーション」

グローバルSCMを見直す絶好の時期が到来する:メガFTA到来とその活用リスク 嶋 正和氏グローバルSCMを見直す絶好の時期が到来する:メガFTA到来とその活用リスク

LPガス・石油を中心としたエネルギー産業の今後の動向 伊藤 敏憲氏LPガス・石油を中心としたエネルギー産業の今後の動向

世界の安全と企業の存亡に関わる安全保障輸出管理の成否 押田 努氏世界の安全と企業の存亡に関わる安全保障輸出管理の成否

動き始めた「電力・ガスシステム改革」~浮び上る課題と今後の展開~ 伊藤 敏憲氏動き始めた「電力・ガスシステム改革」~浮び上る課題と今後の展開~

FTA/TPP時代のグローバルサプライチェーン改革 嶋 正和氏FTA/TPP時代のグローバルサプライチェーン改革

IoT 先行企業の狙いを見極める。 鍋野 敬一郎氏IoT 先行企業の狙いを見極める。

自動車産業の未来と課題 鶴原 吉郎氏自動車産業の未来と課題

BPMで、確実に効果を生み出す極意 大川原 文明氏BPMで、確実に効果を生み出す極意

グローバル経営を支える見える化の情報基盤 浅利 浩一氏グローバル経営を支える見える化の情報基盤

社会保障・税番号(マイナンバー)の活用で日本を変えよう 森信 茂樹氏社会保障・税番号(マイナンバー)の活用で日本を変えよう

流通マーケット最前線2 流通ニュース編集部流通マーケット最前線2

新しいビジネスモデルづくりとPLM戦略 朴 英元氏新しいビジネスモデルづくりとPLM戦略

顧客ロイヤリティと新マーケティング戦略 鍋野 敬一郎氏顧客ロイヤリティと新マーケティング戦略

情報システム部門の憂うつ-進化を求められるIT部門 その役割とシステム化構想力 浅利 浩一氏情報システム部門の憂うつ-進化を求められるIT部門 その役割とシステム化構想力

コンシューマライゼーションの大きな波 株式会社フロンティアワン ソーシャルメディア研究チームコンシューマライゼーションの大きな波

ビッグデータと企業情報システム 牧野 二郎氏ビッグデータと企業情報システム

『コンサルタントの道具箱』 鍋野 敬一郎氏コンサルタントの道具箱

グローバル連結経営管理を考える 中澤 進氏グローバル連結経営管理を考える

グローバル製造業のための勝てるコストを作り込む「攻めの生産管理」

教えて!業務の達人

ビッグデータ特集

【グローバル製造業向け】拠点間のコミュニケーションで困っていませんか? 3つの仕組みですっきり課題解決!【グローバル製造業向け】拠点間のコミュニケーションで困っていませんか? 3つの仕組みですっきり課題解決!

PSI情報から読み取る製商品需給バランス~SCM改革で欠品による機会損失と過剰在庫のリスクを救え!~PSI情報から読み取る製商品需給バランス~SCM改革で欠品による機会損失と過剰在庫のリスクを救え!~

企業競争力を支えるビッグデータ分析基盤企業競争力を支えるビッグデータ分析基盤

日立ソリューションズのビッグデータビジネスへの取組み事例(2013年度)日立ソリューションズのビッグデータビジネスへの取組み事例(2013年度)

ビッグデータ利活用基盤と業務・分析ノウハウが新たなビジネス価値を創出するビッグデータ利活用基盤と業務・分析ノウハウが新たなビジネス価値を創出する

<PLM特集>標準化による部署間連携の強化と上流から下流への素早く、正確な情報の展開施策<PLM特集>標準化による部署間連携の強化と上流から下流への素早く、正確な情報の展開施策

IT経営で解決する医薬品卸業の経営課題~医薬品の安定供給と収益改善の実現~IT経営で解決する医薬品卸業の経営課題~医薬品の安定供給と収益改善の実現~

音声合成システムを活用する企業が成功している理由音声合成システムを活用する企業が成功している理由

オムニチャネル・リテイリング戦略が小売業界を変革するオムニチャネル・リテイリング戦略が小売業界を変革する

「お客様の声」の活用が商品・サービス力を強くする「お客様の声」の活用が商品・サービス力を強くする

売上向上と利益増大に直結する“ファン”サービス売上向上と利益増大に直結する“ファン”サービス

SCMの要、需給調整業務の高度化SCMの要、需給調整業務の高度化

グローバル展開を支える情報システムグローバル展開を支える情報システム

『攻めのロイヤリティマーケティング』ポイントベースCRMで、囲い込みと集客力アップ『攻めのロイヤリティマーケティング』ポイントベースCRMで、囲い込みと集客力アップ

グローバルサプライチェーンのトータルコスト算出システムグローバルサプライチェーンのトータルコスト算出システム

【IFRS対応】グループ企業間の様々な会計情報連携を実現。~仕訳HUBとマルチスタンダード元帳システム~【IFRS対応】グループ企業間の様々な会計情報連携を実現。~仕訳HUBとマルチスタンダード元帳システム~

複数の企業、拠点、組織と情報共有を行う企業の困りごとを、情報共有サービス『OnSchedule』で解決する複数の企業、拠点、組織と情報共有を行う企業の困りごとを、情報共有サービス『OnSchedule』で解決する

企画・構想からお客様をご支援するための『超上流』への取組み企画・構想からお客様をご支援するための『超上流』への取組み

SCM改善活動を通した在庫適正化への取組みSCM改善活動を通した在庫適正化への取組み

業務へのスマートデバイス有効活用業務へのスマートデバイス有効活用

本サイトは2015年1月1日以前に公開されたもののため、旧社名で表記されている部分がありますが、当該ページで公開されている内容は全て新体制にて引き続き提供しております。製品に関するご不明点等・ご要望等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
【旧社名】(株)日立ソリューションズ・ビジネス/(株)日立ソリューションズ・ネクサス → 【新社名】(株)日立ソリューションズ・クリエイト

ページの先頭へ