ページの本文へ

Hitachi

次世代CASB Bitglass 次世代CASB Bitglass

他製品との連携ソリューション

クラウドセキュリティ強化ソリューション

クラウド環境特有のリスクに対しては、従来のオンプレミスとは異なったセキュリティ対策が求められます。クラウドセキュリティ強化ソリューションは、お客様のクラウド環境におけるセキュリティ課題を明確にし、コンサルティングから運用支援までトータルで提案します。
Bitglassによるクラウドサービス利用状況の可視化・制御のほか、多要素認証、マルウェア対策など、ニーズに適したソリューションの提供が可能です。お客様の環境に適したセキュリティ対策を組み合わせ、安全なクラウドのビジネス利活用を支援します。

クラウドセキュリティ強化ソリューション図
クラウドサービス利用状況の可視化・制御 ・Bitglassでクラウドサービスを一括管理・制御
・会社のセキュリティポリシーに沿った利用を徹底
多要素未認証・アクセス制御 複数の方式を組み合わせた認証と適切なアクセス制御で不正アクセスを防止
情報漏洩対策 業務用のモバイル端末管理やクラウドサービスへのアクセス制限、ファイル暗号化により、情報漏洩リスクを低減
マルウェア対策 クラウドサービスに対応したマルウェア対策製品の導入
仮想化ファイアウォール 仮想化ネットワーク内の通信状況の可視化、オンプレミス同様のセキュリティレベルを適用
SD-WAN※1 SD-WANによるクラウドサービスに応じた回線帯域の確保やトラフィック制御
特権ID管理 申請・承認による特権IDの払い出し、操作履歴(証跡)の取得およびログ監視で権限悪用を抑止
WAF※2 / DDoS対策 クラウドサービスに対応したWAF / DDoS対策により、脆弱性を狙った攻撃やDDoS攻撃から防御
※1 SD-WAN(Software Defined WAN):ソフトウェアによって仮想的に定義されたネットワーク、またそれを実現する技術全般の総称
※2 WAF(Web Application Firewall):Webアプリケーションの挙動を詳しく監視し、企業の情報資産を強固に守るファイアウォール

クラウド型ID管理・統合認証サービス Okta Identity Cloudとの連携

「Okta Identity Cloud(以後、Okta)」は、クラウドサービス活用時のID管理や認証・アクセス制御をセキュアに実現できるIDaaSです。
「Microsoft® Office 365™」や「Box」、「Salesforce」、「ServiceNow」をはじめとした6,000以上のクラウドサービスやアプリケーションと連携ができ、ユーザーアカウントをクラウド上で管理します。(2019年7月時点)
これにより、他のクラウドサービスやアプリケーションのシングルサインオンも実現可能です。
BitglassとOktaを一緒に導入し連携させることで、クラウドサービスの管理・制御といったセキュリティ強化に加え、ユーザーの利便性向上が可能です。

クラウド型ID管理・統合認証サービス Okta Identity Cloudとの連携図
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ