ページの本文へ

Hitachi

クラウドシフトソリューション

いま、ビジネスの中核を担うITプラットフォームをクラウドシフト

コンセプト

クラウドシフトとは

企業のおかれているステージはさまざまで、クラウド化への道のりは一つではありません。クラウドシフトとは、企業の利用するさまざまなアプリケーションやインフラをオンプレミスからクラウドへと移行していくということです。

クラウドシフトソリューションでは、導入・移行・運用に関する課題を、確かな技術力をもって網羅的・継続的に支援いたします。さらに、クラウドシフトの次の課題には、クラウド活用を支援する多彩なサービスを提供し、お客様のDX実現をお手伝いします。

クラウドシフトとは

クラウドシフトのメリット

テレワークなど柔軟な働き方を実現

新型コロナウイルス感染症の拡大を機に、テレワークが急速に拡大・定着しました。今後も使い続けるためには、社外から社内システムへセキュアにアクセスする仕組みが必要になります。クラウドシフトを進めることで、安心・安全なテレワーク環境を整えることができます。

 

保守管理の人的リソースやコストを削減

業務で利用するアプリケーションやハードウェアを自社で調達する必要がなくなり、初期コストや保守要員の人件費などを抑えることができます。また、信頼できるクラウドベンダーを利用することで、セキュリティの強化にもつながります。

 

俊敏かつ柔軟なシステム運用が可能

例えば、インフラのクラウドシフト (IaaS) を実行すると、サーバーインフラをサービスとして利用できるようになります。これにより、必要な時に処理能力を高めたり、保存容量を増やすといった俊敏かつ柔軟なシステム運用が可能になります。