ページの本文へ

Hitachi

クラウドシフトソリューション

いま、ビジネスの中核を担うITプラットフォームをクラウドシフト

熟練面談者のノウハウを学習したAIモデルが
多様な人財のスキル評価を支援

面談支援AIサービス

面談支援AIサービス

AI面談の仕組み顔の表情から感情などの特徴を分析し、
熟練面談者の評価スキルを学習したAIが多用なスキルを予測します

面談支援AIサービスには、「対面面談」と「セルフ面談」の2パターンの面談スタイルがあります。進め方は対面・セルフともに、面談者側が設定する面談の設問項目に被面談者が答えていく形で実施します。その回答時の動画からAIが特徴を分析することで、モデル化・予測結果を導き出す仕組みになっています。

面談の実施

話すテーマを画面上で指定することでスムーズな進行が可能のイメージ
対面面談機能では、話すテーマを画面上で面談者が
指定することでスムーズな進行が可能
どこでもアバターと面談のイメージ
面談者を伴わないセルフ面談で
いつでもどこでもアバターと面談

分析

非言語情報(顔の表情など)
非言語情報
(顔の表情など)
言語情報(発話など)
言語情報
(発話など)

評価予測

AIモデルの評価予測を面談者が参考にしやすい形式で表示
評価予測例(ヒューマンスキル、専門スキル)

大項目 小項目 レベル
コミュニケーション 傾聴力 3
理解力 4
発信力 2
性格特性 協調性 5
外向性 3
ポジディブ/ネガティブ思考 ポジティブ
キャリア志向 仕事への意欲 5
計画力 4
行動力 5

※評価は一例です。効果を保証するものではありません。

AIモデルの評価予測を参考にアドバイス

人事担当者
人事担当者
キャリアアップ希望者
キャリアアップ希望者

その他の利用ケース

  • オンライン教室(指導のスキル)
  • オンライン営業(販売のスキル)
  • オンライン会議(メンバーの心身のコンディション)

AI面談の特色面談支援AIサービスの強みは、測りたい指標と、
熟練面談者の評価結果をAIに与えるだけで、
面談中の動画と音声からAIのモデルを自動構築できる点にあります

面談支援AIサービスに搭載されているAIは、特定の評価予測を行うAIではなく、業務に直結した指標を設定して分析できる強みがあります。これにより、業務に使用するコミュニケーション力や性格特性などを定量的に把握することが可能になります。

コアサービス

上級コンサルタントの暗黙知をボタン一つでエミュレーションし、コピーロボットを作成 のイメージ
上級コンサルタントの暗黙知をボタン一つでエミュレーションし、コピーロボットを作成 のイメージ

動画と熟練面談者による評価結果を投入するだけで、複雑なAIスキルやコーディング技術を用いることなく、AIモデルが自動作成できます。AIモデルが業務に精通した人のように意思決定の判断をサポートします。

コアテクノロジー(アンサンブル型AIエンジン)

  • 非言語情報(顔の表情など)
  • 言語情報(発話など)

顔の表情などから得られる非言語情報や言語情報から、複数のAIアルゴリズムが総合的に判断を行います。

AI面談の活用領域人のスキル評価をAIでモデル化し、業務の質を高める支援をします

1on1面談やキャリア面談の他にも、多彩な利用方法があります。たとえばオンライン教室の講師の方の指導スキルをAIが予測することで、スキル向上のきっかけを与えることが可能です。

一般企業<
一般企業
リモートワーク
1 on 1面談
人員配置
産業
産業
人材サービス
オンライン教室・会議
フィールド業務
通信
通信
携帯ショップ窓口
コールセンター
金融
金融
窓口接客
リモート接客
交通
交通
緊急時行動
車内販売接客

メリット

  • 人による評価のバラつきをなくし、社内の評価基準を統一できる
  • 人の個性や特性を定量的に評価することが可能となる
  • 今まで捌ききれなかった1on1面談を支援し、従業員のケアに注力できる
  • 経験の浅い面談担当者の全面談にAIが寄り添うことで、面談の質の向上をサポートできる