ページの本文へ

Hitachi

クラウドシフトソリューション

いま、ビジネスの中核を担うITプラットフォームをクラウドシフト

monday.com ユースケース

monday.comを活用して課題解決を図る、4つのユースケースをご紹介。ニューノーマル時代の社内情報共有、DX(デジタルトランスフォーメーション)プロジェクトの推進に伴うさまざまな課題解決にお役立てください。

ユースケース 1:PPAP対策としての社外コミュニケーション

monday.comにて社外コミュニケーションを行うことで、PPAP対策を実現

課題課題
メールのパスワード付きZIPファイルを送る運用(いわゆるPPAP)を行っているが、昨今の運用廃止の動向もありセキュリティ対策として不安
解決解決
monday.comにて社外コミュニケーションを行うことで、メールによるZIPファイル送付を行う必要がなくなり、業務の効率化も合わせて実現

メールによる社外コミュニケーションを廃止:monday.comを社外コミュニケーション基盤として利用

「社外コミュニケーション方法の見直し:monday.comを社外コミュニケーション基盤として利用」のイメージ図

ポイント

  • メールでの添付ファイルのやり取りを廃止し、セキュリティリスクを低減
  • 添付ファイルは保護されたmonday.com上で共有し、セキュリティを確保

社外コミュニケーションの強化:monday.comにてリアルタイムコミュニケーションを実現

社外コミュニケーションの強化:monday.comにてリアルタイムコミュニケーションを実現

ポイント

  • リアルタイムでの更新や、会話履歴ごとの一覧表示による業務効率化
  • アクセス履歴ログの保持によるセキュリティ強化

ユースケース 2:ニューノーマル対応

メンバーが離れていても、業務に必要な情報やステータスをmonday.comに集約し、チーム内で最新情報や状況を共有

課題課題
ニューノーマル対応でクラウドサービスを複数導入したが、情報が点在しており、リモートワーク時にチーム内の情報共有に手間取る
解決解決
各種クラウドサービスとmonday.comを連携し、情報・ステータスを集約することで、素早く、正しい内容でチーム内の共有を支援

リモート会議:Zoom + Box + monday.com

リモート会議:Zoom + Box + monday.com のイメージ図

ポイント

Zoom/Boxと連携することで、効率的な会議を実現

  • いつどんな会議があるのか
  • 会議のURLはどこか
  • ディスカッションした内容
  • 使用した資料 など

上記をmonday.com上で共有し、情報の把握や確認にかかる手間を削減


課題課題
リモートワーク時のメール送信・返信や状況確認のための会議開催、レポーティングの準備などに手間・時間がかかる
解決解決
リアルタイムに情報・状況を更新するなど、 monday.comをチームメンバー間の共有プラットフォームにすることで、余分なメール・会議・レポーティングを削減

コラボレーションの効率化:Box + monday.com

コラボレーションの効率化:Box + monday.com のイメージ図

ポイント

  • monday.comにあるドキュメントを真とすることで手戻りや認識違いを防止し、コラボレーションを加速
  • 各タスクに必要なドキュメントをmonday.comに集約し、ドキュメントを探す手間を削減

ユースケース 3:DXプロジェクト推進支援

monday.comの柔軟性と日立ソリューションズの技術力により、ステークホルダーが多くなるDXプロジェクトを円滑に推進

課題課題
DXプロジェクト推進に伴い、ステークホルダーが社内の特定部署外や社外に広がったため、利用するプラットフォームの統一が難しく、情報や状況の共有に手間がかかる
解決解決
各部署、各人、各社で利用しているアプリケーションとmonday.comをインテグレーションすることで、利用者の利便性を損なわず、リアルタイムで情報・状況をmonday.comへ集約し、コラボレーションを加速

DXプロジェクト管理:各アプリケーション+monday.com

DXプロジェクト管理:各アプリケーション+monday.com のイメージ図

ポイント

全社の複数DXプロジェクトの状況をリアルタイムで可視化

ステークホルダーの利便性を損なわず、プロジェクトの情報・状況をリアルタイムに集約し、DXプロジェクト推進を支援

DXプロジェクト内でのやり取りの効率化:Gmail/Outlook/Slack/Microsoft Teams + monday.com

DXプロジェクト内でのやり取りの効率化:Gmail/Outlook/Slack/Microsoft Teams + monday.com のイメージ図

ポイント

ステークホルダー間のエンゲージメント向上

通知設定をすることで、各ステークホルダー向けに異なるプラットフォームへ通知をする必要がなく、プロジェクトにフォーカス

ユースケース 4:各種プロセスのトランスフォーメーション

monday.comを会社全体のプロセス・コラボレーションのハブとすることで、業務効率化、アクティビティの価値向上を実現

課題課題
各ロール・部門で使っているシステム・サービス(CRM・ERP・HRなど)だけを見るだけという状況になっており、チーム・部門またがりの情報共有に人手が必要になる
解決解決
全社的な情報共有(メール、Excelにまとめて共有、共有のためのミーティング開催など)にかかっていた時間と人手を主業務へ転換

チームをまたがる業務のスピード向上:monday.comを「ハブ機能」として活用

チームをまたがる業務のスピード向上:monday.comを「ハブ機能」として活用 のイメージ図

ポイント

  • 現場の業務を簡素化し、削減した時間やコストを主業務へ活用
  • リスクを早期に検知

各種問い合わせ業務の強化:monday.comを「ハブ機能」として活用

各種問い合わせ業務の強化:monday.comを「ハブ機能」として活用 のイメージ図

ポイント

  • お客様窓口の一本化で、対応漏れや重複対応などのトラブルを防止
  • 社内の問い合わせ対応の負担を軽減

まずは、無料トライアルで
monday.com をお試しください!