ページの本文へ

Hitachi

クラウドシフトソリューション

いま、ビジネスの中核を担うITプラットフォームをクラウドシフト

ソリューション

Okta - Identity as a Service : IDaaS - クラウド型ID管理・統合認証サービス

Identity as a Service : IDaaS - クラウド型ID管理・統合認証サービスとは…

「ID管理」はこれまでオンプレミスの一部として機能しており、企業内と企業外の境界は「ファイアーウォール」がになってきました。しかし、現代はクラウドサービスやスマートデバイスの発展により、境界の概念が「アイデンティティ(身元情報)」に移り変わりつつあります。このクラウド時代に安全性と効率化を両立するためには、ID管理や認証・アクセス制御などをクラウド上でまとめて運用できる、Identity as a Service : IDaaSが必要不可欠な仕組みとなります。

IDaaSとは

Identity as a Service : IDaaS - クラウド型ID管理・統合認証サービスとは

  • ユーザはIdentity as a Service : IDaaSにログインすれば、各サービスやアプリへシングルサイオンが可能
  • パスワード更新はIdentity as a Service : IDaaSのみで、ユーザの手間を削減
  • インターネットに接続できれば、社内ネットワークへアクセスすることなく企業ポリシーに沿った認証を実現します
  • 多要素認証やアクセス制御といった、認証に関するセキュリティポリシーを統一します
  • 各ユーザの権限や職位、所属に応じて接続サービスを設定することも可能です
  • システム管理者はユーザ、端末、ディレクトリサービスの一元管理基が可能になります
  • ユーザアカウントのライフサイクルを自動化

どんな企業がIdentity as a Service : IDaaSを利用しているか?

例えば…

  • すべてクラウドで揃えるベンチャー企業 資産化はしないがセキュリティの担保が必要、というケース
  • グローバル化・グループ化で拡大する大手企業 スピードの実現とともに、オンプレミス環境での情報共有基盤の維持コスト削減 (資産効率)の改善も対応が必要なケース
  • 働き方改革を進める先進企業 どこにいても、誰とでも、同じ働き方を提供したい、というケース

つまり…規模・範囲問わず、クラウドサービスをビジネスに活用する企業の利用をお勧めします。

ほかのソリューションも見る

お問い合わせ

カタログダウンロード

ITのお悩みをソリュっと解決!