ページの本文へ

3ページ目|第7回 キャリアデザインを行う その1目標設定|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

第7回 キャリアデザインを行う その1 目標設定
第7回 キャリアデザインを行う その1 目標設定

3タイプごとの目標設定

社会的成功を求めるタイプ

社会的成功を求めるタイプは、目標ピラミッドを書くのが得意です。「売上前年比120%!」「次はニューヨーク支社長だ!」など、明確な目標が設定しやすいからです。

実は私が講師を務めるセミナーで「昔はここにいました」と、大会社の部長などの名刺をうれしそうに見せてくださる方が多いものです。今は肩書きはないのに、“○○さん“ではなくて、”○○部長“というように呼ばれたいという方が珍しくありません。また、趣味がなかなか見つけられなくてという方もいらっしゃいます。昔は読書好きだったという方に、なぜ今は読まないんですかと伺ってみたら、「会社にいたころは、朝礼で話すことのネタを仕入れるために本も読んでいたんだが、誰にも説教する必要がないと、読む気になれなくてね」と。

会社に一生勤めることはできないのですから、仕事ができなくなったら何をするか、また同じ会社でなくても、好きな仕事や、人から必要とされることを一生続けられる方法はないか、今の会社にいない自分も、イメージしておいてください。定年は多くの方にとって「避けられないトランジション」ではありますが、「予期できるトランジション」なのですから。備えさえしておけば、憂うことはない人生を送ることは可能なのです。

図:目標ピラミッド(社会的成功を求めるタイプ)

職人タイプ

職人タイプは、第5回でもお話したとおり、いまの成果主義社会で生き残っていくための目標設定をしっかりしていただきたいと思います。いちばんの課題は、素材の中でも周囲の環境の見極めになるでしょうか。周囲があなたに期待していることに、少しずつこたえてあげるようにしてください。

図:目標ピラミッド(職人タイプ)

安定・ゆとりを求めるタイプ

安定を求めるタイプについては、第6回でもお話したとおり、「どうせ自分はこの程度だ」という向上心のない安定志向でないか、もう一度考え直していただくことから始まります。そうでないと、目標が定まらないことが多いはずですから(笑)。

安定を求めるのは、実はとても体力がいること。私も、ある名誉ある立場を守るために必死で気を使って、疲弊した経験があります。もしかしたら、起業した今の自分があるのは、安定を守ることに疲弊したのも一因かもしれません。攻撃は最大の防御とはよくいったもので、終身雇用制度が崩れてきている今、波風を立てないようにと、攻めることなく生きている人は、実は居心地悪く感じているのではないでしょうか。本来は波風立てずに無難に過ごしていきたいのに、アグレッシブに働かないとその無難な生活が維持できないという、矛盾した現実を生きなくてはならないのですから。

今の日本では、社会的成功を求めるタイプよりも、安定を求めるタイプの方のほうが、生きにくい世の中になってしまったのかもしれません。

図:目標ピラミッド(安定・ゆとりを求めるタイプ)

次回

第8回   キャリアデザインを行う その2 ライフロール【最終回】

次回は、ライフロールを書いて、キャリアデザインを行う方法をご紹介します。

ページの先頭へ

もっと学ぶ

もっと学ぶ

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

ページの先頭へ