ページの本文へ

第3回 デフレ時代のビジネスモデルを考える|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

第3回 デフレ時代のビジネスモデルを考える
第3回 デフレ時代のビジネスモデルを考える

デフレの時代にあっても業績を上げている企業があります。
第3回目の講座では、消費者の価値観をとらえて注目され、これまでの商慣習を変革させ高収益を実現している企業に触れるとともに、デフレ時代のビジネス戦略上の見落としてはいけないポイントを解説していただきます。

なぜユニクロやニトリが繁盛するのか

デフレは異常な現象である。物価や賃金が下がっていくということを経験した国は少ない。
 しかし、日本では既にかなりの期間にわたってデフレが続いている。デフレは一刻も早く解消しなくてはいけないが、今の経済状況ですぐにデフレを解消する政策があるわけでもない。企業はデフレの中で生き残る術を探らなくてはいけない。

デフレの時代にあっても、業績を上げている企業はある。ユニクロやニトリなどの好調ぶりはいろいろな所で報道されている。なぜ、ユニクロやニトリは成功しているのだろうか。
 もちろん、値段が安いということは大きな要因だ。しかし、安いだけで説明できるわけではない。安いだけなら他にも店はたくさんあるが、そういった店の業績が良いとも言えないからだ。

いまやただ値段の高い商品に消費者は関心を持たない

デフレ時代に成功するビジネスモデルを考える上で、一つの重要な要素は消費者の変化である。長く続く不況の中で、消費者の価値観が変化しつつある。バブルの頃であれば、値段が高い商品はそれなりのブランド価値を持つことができた。しかし、いまやただ値段の高い商品に消費者は関心を持たない。

ある意味では、日本の消費者は成熟し、より利口になったとも言える。値段が高い商品を持っているのは、その商品の正札を見せびらかしているようなところがある。値段が高い説得的な理由があればそれでもそうした商品は売れるが、多くの高額商品にはそうした理由を見つけることが難しい。

もちろん、ただ安ければ良いわけでもない。値段は安くとも、多くの消費者はそれなりのこだわりを持っているのだ。こうした価値と価格のバランスが成熟消費の時代のブランドの条件である。ユニクロやニトリ、あるいはノキアなどは立派なブランドなのである。

消費者のこだわりにはいろいろなものがある。ハイブリッド車に人気が集まるのは、環境を大切にするというライフスタイルが消費者の価値観に合うからだろう。
 環境や安心安全は成熟市場のライフスタイルマーケティングで有効な手法であろう。住宅メーカーなどもそうした面での強化が求められている。

ページの先頭へ

ページの先頭へ