ページの本文へ

挑む人 新時代の「サムライ」を探して|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

挑む人~新時代の「サムライ」を探して~

変化を好機と捉え、次のステージに果敢に挑戦し、道を切り拓く、新時代の「サムライ」たち。新たなことに挑み続ける、熱血仕事人のチャレンジ・スピリットに迫ります。

~【挑む人】新時代の「サムライ」を探して~第11回 株式会社オリィ研究所 代表 吉藤健太朗 「あらゆる人が社会に「居場所」を持てるように」

AI(人工知能)によって自律する存在──。私たちは現代のロボットをそのようなイメージで捉えているが、吉藤健太朗氏が開発したのは、生きた人間の「分身」としての機能に特化した独自のロボットだった。そのロボット「OriHime」によって、彼は人間の孤独を解消することをめざしたのだという。OriHimeに込めた思いと、その可能性について吉藤氏が語った。

本文を読む

これまでのサムライ バックナンバー

あわせて読みたい

平成の世にサムライを探して

たった一度の人生なら、こんな風に生きてみたいと思わせてくれる熱血仕事人を取材し、みなさまにお伝えしていくシリーズ。

もっと学ぶ

もっと学ぶ

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

ページの先頭へ