ページの本文へ

日立ソリューションズのITバーつぐみ物語のページです。|>第三十一話 オープンソースの利用実態を可視化して、効率的にソフトウェア開発を進めたい!の巻

最新IT事情が5分でわかる! ITバー つぐみ物語

第三十一話  オープンソースの利用実態を可視化して、効率的にソフトウェア開発を進めたい!の巻 第三十一話 オープンソースの利用実態を可視化して、効率的にソフトウェア開発を進めたい!の巻

山本:開発中のプログラムに含まれるオープンソースのリストを提出しないといけなくて
山本:意図しないOSSを使っていた、なんてことがあったらどうしよう…
山本:ライセンス条件に違反していると、最悪、取引中止なのです カナ:ええっ 大変だね!
つぐみ:まずはオープンソースのチェックツールを試したら? 山本:それは ありがたい!
登場人物
  • つぐみ
    つぐみ
  • カナ
    カナ
  • 樋口
    樋口
  • ソリュートくん
    ソリュートくん
  • 山本さん
    山本さん
登場人物詳細は コチラ

ある日の開店前のITバー「つぐみ」にて

カナ

暑いです。

つぐみ

どうしたの、熱でも出た? ふふふ。

カナ

いいえ、そうではなくて、ウォーキングを始めまして。3駅分歩いてきました。

つぐみ

まあ、えらい。

カナ

でも、何かのおまけでタダでもらった歩数計が、すぐに壊れてしまって、グスン。

つぐみ

あら、そうなの?タダでも長く使えるものはたくさんあるのに、ついていなかったわね。ふふふ。

カナ

仕方ない、買い直すかぁ……。

つぐみ

そうね。ついでに、ウォーキングで調子がいいところで、早速開店準備をお願いね。ほら、お客様がいらっしゃったわ。

本格的にダイエットを開始しました!

開発中のソフトウェアに使われているオープンソースを可視化したい!

山本さん

こんばんは。はじめて来たのですが。「ITに効くバー」というのはこちらでしょうか…。

カナ

いらっしゃいませ。ITに関する効果的なアドバイスをすると巷で噂の「ITバー」へようこそ。

山本さん

それはよかった。私は山本良平といいます。ムーンライト工業というメーカーで、ソフトウェア開発を担当しています。

カナ

たしか、電機メーカーだよね。

山本さん

はい、カーナビなどの車載端末から携帯電話、通信端末など様々な情報機器を製造しています。私は、端末に組み込むソフトウェア開発を取りまとめしているのです。

つぐみ

情報端末も種類が多岐にわたるから、ソフトウェアの開発も大変よね。

山本さん

おかげさまで、事業もなんとか拡大しています。ところで、最近、経営幹部から、ソフトウェア開発で使用しているオープンソースの管理を徹底するよう命じられたのですが・・・。

カナ

開発で使用しているオープンソースが問題になることがあるの?

山本さん

そうです。なんでも、米国ではオープンソースのライセンス違反にまつわる係争が起きていて、 ひどい例では製品の販売停止や損害賠償金の支払いが命じられた例などもある そうなんです。

つぐみ

なるほどね。自社開発のソフトウェアの一部にオープンソースが用いられていて、それにライセンス違反があると、第三者の権利侵害に当たることがあるというわけね。

山本さん

そうなんです。開発しているソフトウェアは多岐にわたるし、そもそも、 誰が、どのプログラムのどこに、どんな種類のオープンソースを、どの程度使っているかなんて、把握できていない んですよ。

つぐみ

なるほどね、うふふ。

山本さん

それに、オープンソースが使われていることが分かったとしても、その ライセンス条件をすべて正確に把握できていない んですね。というのも、ライセンスの条項は英語で書かれているし、わからないことがあっても相談する相手がいないので正しく理解して使っているかという保証がないんです。

どんなオープンソースが使われているかわかない すべてのライセンス条件を正確に把握していない
つぐみ

それは困った問題ね、うふふ。

山本さん

納入先からは「ライセンス違反があった場合は、取引中止もありうる」と通告されていて、もう、どうしたら……。

カナ

あの、つぐみさん。そもそもオープンソースって何なのですか?

つぐみ

あら、いい質問ね、カナちゃん。じゃあまず、オープンソースは何かというところも含めて、山本さんの課題について整理してみようかしら。

教えて!樋口さん

樋口さん

オープンソースのライセンスでよく聞く「GPL」という言葉。なんの略ですか。

今回ご紹介した商品

日立ソリューションズの「 オープンソース管理ソリューション」は、ソフトウェア開発企業におけるビジネスリスクになりつつあるOSSのライセンス違反をなくすため、ソースコードを解析し、外部からの不適切なOSS利用がないか把握し、開発者がOSSを安心して利用できる環境を提供するためのソリューションです。

【主なソリューションの優位性】

(1)OSSを検出、可視化
OSSの検出ツールである「Black Duck Protex」は、世界最大規模のオープンソースデータベースを擁し、高精度のマッチング技術と相まって、開発中のソフトウェアに含まれるOSSを高精度で検出することが可能です。
(2)OSS利用のためのポリシー策定
OSSの検出だけでなく、ソフトウェア開発におけるOSS利用のポリシー策定や、使用を審査、承認するための仕組みづくりを支援するコンサルティングをご提供することが可能です。
(3)ライセンス理解のための教育
開発者に対する教育、啓蒙活動を通じ、OSSのライセンスへの理解を深めていき、安全なOSS利用の環境づくりをお手伝いすることが可能です。

このコラムに関連するジャンルからソリューション・商品を探す

商品ジャンル: ソフトウェア開発支援

関連商品

オープンソース管理ソリューション

ページの先頭へ