ページの本文へ

Vol.5 「モノ」→「コト」の転換でビジネス拡大!?|IT探偵しおんが解決!企業潜入調査物語|日立ソリューションズ

Vol.5 「モノ」→「コト」の転換でビジネス拡大!?|IT探偵しおんが解決!企業潜入調査物語

※この記事はCNET Japan 2018年8月掲載の記事を転載したものです。

今、経済活動のあらゆる場面で、企業も消費者のニーズが「所有」から「利用」へシフトしつつあります。例えば「必要なときに必要な費用を支払って、必要な分だけ車に乗ることができる」カーシェアリングサービスはその代表的な例でしょう。
このように「モノ」を売るのではなく、「コト(サービス)」を売るビジネスは「サービスビジネス」と呼ばれ、BtoC、BtoBを問わず幅広い業界で、収益拡大を狙えるものとして注目されています。
しかし、その立ち上げのためには、既存のビジネスの枠組みではカバーしきれない仕組みや業務が必要となります。日立ソリューションズでは、サービスビジネスに必要な業務の仕組みをパッケージにした顧客管理・課金・請求ソリューション 「BSSsymphony」を提供。さまざまな企業のサービスビジネス立ち上げを支援しています。

サービスビジネス~「モノ」売りから「コト」売りへのシフト~ サービスビジネス~「モノ」売りから「コト」売りへのシフト~

 冒頭に挙げたカーシェアリングサービスを始め、パッケージ販売からサブスクリプションモデル(継続課金)に移行したソフトウェア、CDやDVDなどの販売から音楽、動画配信サービスへの移行など、「所有」から「利用」にシフトするニーズに対応した「サービスビジネス」は、BtoC市場を中心にその数が増えてきています。

 従来の「モノ」を売っていた「売り切り型」ビジネスに対して、「コト(サービス)」を売る「サービスビジネス」には次のようなメリットがあります。

  1. 初期コストを抑えることで、これまで対象外だった層の顧客獲得も可能に

  2. 継続的な課金体系により、長期的な収益を得られる

  3. ニーズにマッチしたサービスを切り売りすることで、重ね売り(クロスセル・アップセル)が可能になる

  4. 製造業などでは直接顧客とのコンタクトポイントを持つことが可能になり、ニーズ把握や収益率の向上が期待できる

 製造業では製品の関連商材へのサービス提供が進んでいます。特に、医療機器、産業機械、自動車分野ではさまざまな先進的サービスの事例が出てきています。

 また、不動産業では、賃貸物件の家電や家具を定額で利用できるといったサービスなども始まっています。このように、さまざまな業種でサービスビジネスが始まってきている、というのが今の状況です。

サービスビジネス推進における業務をどうするか サービスビジネス推進における業務をどうするか

 収益面において大きなメリットのあるサービスビジネスですが、既存の売り切り型ビジネスを行っていた企業がサービスビジネスを始めるには、新たな業務が発生します。それは「課金・請求」業務です。

 サービスビジネスにおける課金は、定期的な課金の仕組みと、お客さまのニーズにあわせて多様な料金体系や契約変更に対応するのが一般的であり、これらに適したシステムを構築する必要があります。元々社内システムではそのような機能を持たないのが一般的ですから、これらの仕組みをゼロから作ろうと考えると、期間やコストを無視することはできません。

 日立ソリューションズはこうした課題を解決すべく、顧客管理・課金・請求ソリューション「BSSsymphony」の提供を通して、お客さまのサービスビジネスの支援を行っています。

PDFダウンロード

「IT探偵しおんが解決!企業潜入調査物語」のデジタルデータを閲覧、ご活用いただけます。

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

お問い合わせ ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など お問い合わせ ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ