ページの本文へ

Chapter1 成功の9割は事前準備で決まる|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

一目置かれる花見達人への道 この春最新の宴会テクニック一目置かれる花見達人への道 この春最新の宴会テクニック

3月半ばを過ぎると、日本各地で花見シーズンの到来です。花見をより一層楽しみ、印象に残るものにするためにはどうすればよいのでしょうか? 接待などのかしこまった宴や、会社の仲間、友人との気軽な集まりなど、花見の目的や規模によっても心積もりが違ってきますよね。計画の立て方や準備、当日の注意点など、花見の極意を“花見の達人”の異名を取る宮村泰朗さんに伺います。

「相手の心をガッチリつかむカラオケ術」はこちら

Chapter01成功の9割は事前準備で決まる

毎年3月半ばになると、毎日ニュースで開花予報が放送されるほど、日本人は桜と花見が大好きです。今から花見が楽しみという人も、多いのではないでしょうか。

楽しい花見の宴を開催するためには、何よりも準備が大切です。しっかりと段取りをして、自分自身も楽しめる花見の宴にしてください

まず、花見をする場所を決めましょう。一番いいのは、自分が花見をしたことのある場所。つまり、家や会社の近くの「よく知っている場所」をお勧めします。なぜなら、毎年どんな雰囲気で花見が開催されているのか、トイレはどこにあるのか、買い物ができるお店は近くにあるかなど、花見の準備に欠かせない情報が、あらかじめ分かっているからです。

もしも、取引先の近くのスポットなど、あまりよく知らない場所で花見をすることになった場合は、事前の情報収集が命です。トイレやお店がどこにあるのかだけでなく、夜間のライトアップはされているのか、火気の使用は許されているのか、ゴミを捨てる場所があるのかなど、これら最低限必要な情報を、本やインターネットでチェックしたうえで、少なくとも一度は下見に行くことが必要です。実際に場所を見ることによって、どのあたりに場所を取ればいいか、などの具体的な計画を立てることができます。

次に、日時を設定しなければなりません。花見は、桜が満開になるころに合わせて、みんなが同じ時期に開催するものなので、日時は早めに連絡する必要があります。また、接待に使う場合は、一カ月くらい前に連絡をするのが無難です。そのためには、ニュースで開花情報が始まってからでは遅いくらい。花見を予定している地域では、例年どれくらいの時期に咲き始めて、いつ頃、満開を迎えるのかをインターネットなどで調べておきます。そして、咲き始めから満開直前までの時期に、開催日を設定します。そうすれば、多少満開の時期がずれても、桜を楽しむことができます。

また雨が降ることを考えて、最初から順延日を決めておくといいでしょう。雨が降るか降らないかの微妙な予報なら、思い切って開催してしまうのも一案。実施するにしろ、順延するにしろ、出席者が混乱しないように、なるべく早めのジャッジを心がけてください。

日時が決まったら、参加予定者に連絡をしますが、仕事関係の方なら、電話やメールが一般的。友人同士などのカジュアルな関係なら、コミュニティ型のWebサイトSNS(Social Network Service)を利用すると便利です。大勢の人と双方向でやり取りができるだけでなく、Webサイトに写真をアップすることもできるので、目印などを知らせることができ、待ち合わせもしやすくなります。

宮村泰朗先生と花見道具を囲んで

会社や仕事関係の花見では、今までに行ったことのない場所が会場に選ばれることもあります。その場合は、ベストポジションを探すためにも下見は必須。
「下見では、桜がきれいに見えるところ、トイレの位置などをしっかり確認してきます」。(タカハシ)

teacher
宮村泰朗先生 Miyamura Yasuwo
宮村泰朗先生 写真
プロフィール
グラフィックデザイナー。デザイン会社のサルブルネイ時代から続く24時間耐久花見を、退社後の現在も9年間継続中。2009年1月に発売された任天堂DSソフト「占い生活」で はデザインを担当。団体「悪魔のしるし」に参加し、さまざまな企画を展開中。
http://www.akumano​shirushi.​com/
student
タカハシ 写真
「生徒のタカハシです。花見デビューは、会社の花見の幹事を任されたときです。そのときは、どんな準備をすればいいのか分からずたいへんでした。どんなスタイルの花見にするのかを決めて、それにふさわしい準備をしっかりすればいいんですね!」

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

ページの先頭へ