ページの本文へ

Chapter3 選んだ曲の良し悪しでセンスが問われる|カラオケ術|日立ソリューションズ

相手の心をガッチリつかむカラオケ術 社会人必読の宴会テクニック相手の心をガッチリつかむカラオケ術 社会人必読の宴会テクニック

Chapter03選んだ曲の良し悪しでセンスが問われる

実際に歌うとき、順番はどうすればよいのでしょうか。カラオケバーの場合は、幹事が希望者からリクエストを取りまとめ、曲を入れます。カラオケボックスでは、お客様が歌いたそうにしていたら、先陣を切って歌ってもらいましょう。しかし、一番に歌うのは気恥ずかしいという空気を醸し出していたら、幹事や若手から元気よく歌い始めます。

元気よくといっても、選曲にも気を遣わなければなりません。お客様の持ち歌を歌うなどはもってのほかですが、相手がどんな年代の方であっても、①時代のメガヒット曲、②バラード調のラブソング、ラップ調の曲、は歌ってはいけません。なぜなら、①は、お客様が歌うつもりでいるかもしれないので、3番手、4番手くらいのヒット曲にしておきます。それから②は、せっかく盛り上がっているのに、しらけてしまう可能性があるからです。曲調を変えていいのは、その場にいる上位者のみです。

お客様が、気持ちよく自分の得意な歌に入っていけるように、その歌手と同年代の歌などが歌えればベストですね。それが難しいようであれば、お客様が知っているだろう年代のアイドルソングがお勧め。実はアイドルソングは、誰もが口ずさめて、乗れる、汎用性が高い曲のひとつなのです。

お客様が歌っている間は、自分の選曲をしたり、トイレに立ったりしてはいけません。手拍子をしながらきちんと聞きましょう。パーカッション類を使用する時は、曲調や歌っている方の反応を見ながら使用します。パーカッションが苦手な方もいるので、注意しましょう。楽しく盛り上がる事も必要ですが、お客様が主役であることを忘れずに、決して礼儀を欠くことのないようにしてくださいね。

お客様が歌い終わったら、感想やその歌手の近況など、小ネタを伝えると、「きちんと関心を持って聞いてくれていた」と相手の方も喜んでくれるはず。これも、ポイントアップの秘訣です。

そろそろお開きという雰囲気になってきたら、その場の上位者に一番得意な持ち歌を歌ってもらって、二次会をお開きにします。そのときも、カラオケボックスなら、インターホンが鳴らないように、その前に終了するか、先に終わることをお店に伝えておきましょう。

「今度は、自分のよく行く店に連れて行ってやろう」と言われるくらいお客様に喜んでいただき、可愛がってもらえるようになれば、その接待や二次会は大成功です。仕事の受注にはすぐに結びつかなくても、ライバルよりも早く情報を貰えたり、何かと目にかけてもらえるようになるかもしれません。何よりお客様との信頼関係が強まり、今まで以上に仕事がスムーズに進むようになりますよ。

接待であれば、お礼は翌日の朝一番に。できれば電話にすることをお勧めします。その時に、カラオケの感想を加えると、相手に与える印象がぐっとよくなること間違いなしです。

ワンポイントアドバイス!
  • 二次会は、今まで見せていなかった自分のパーソナリティを知ってもらい、お客様や上司との距離感を近づける場です。一次会よりも相手の気持ちに踏み込みつつ、しかし、気遣いは最大限にするように心がけましょう。
  • カラオケバーで、まとめて何曲も入れているようなグループがいたら、お客様の好きそうな曲をあらかじめ数曲入れて、自分たちのテーブルも歌えるような状況をつくっておきましょう。
  • どんなに盛り上がっても、参加者が帰る時間を考慮し、遅くても24時までには終わるように設定しましょう。
お勧めのカラオケ曲

50代・・・フォーリブス「ブルドッグ」

40代・・・郷ひろみ「花とみつばち」「男の子女の子」

30代・・・TOKIOの曲全般

20代・・・J-POP全般

※相手の嗜好が分かっている場合は、その歌手のヒット曲のB面、カップリング曲を歌うのもいいですよ。

タカハシのCheck point!
二次会は本音を聞きだす機会
接待や部署内の飲み会の場合、より親密な人間関係を築けるのが二次会の特長なんですね。これからは、そのメリットを生かせるように、自分自身も楽しめるカラオケでの二次会を心がけます。
常に先回りの行動をする
カラオケボックスでは、店員さんよりも先回りの行動をして、みなさんに気持ちよく歌っていただくのがコツですね。灰皿や空いたグラスにも気を配るようにします。
自分の歌いたい歌を歌わない
いつも選曲で悩んでいましたが、時代ごとのノリのいいアイドルソングのレパートリーを増やすようにしてみます。悲しい失恋バラードなどは、厳禁だと肝に銘じておきます!

取材協力

カラオケ VERY'S 渋谷店
東京都渋谷区宇田川町25-3 プリンスビル3F・4F
03-5428-4853

次回予告
小池プロのLet's enjoy golf! 第5回
「半年後にコース・デビューを目指す 小池プロのLet's enjoy golf!」を公開予定です。
楽しみにしていたコース・デビューの日を迎えました。コースを回るための準備や、当日の練習はどうすればいいのかなど、コース・デビュー直前にするべきことを学びます。

(2009年4月6日 公開しました)「半年後にコース・デビューを目指す 小池プロのLet's enjoy golf! 第5回」

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

ページの先頭へ