ページの本文へ

CHAPTER 6 今回のまとめ/読書習慣を続けるために|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

読書習慣は、できる大人の基本! 仕事に役立つ読書術!読書習慣は、できる大人の基本! 仕事に役立つ読書術!

読書は、一冊読めばすぐに効果が出るというものではありません。読書を続けて、知識を積み重ねることが力につながります。今回の授業の要点と、読書に対するモチベーションの保ち方を伺いました。

Chapter06今回のまとめ/読書習慣を続けるために

先生のCHECK POINT 人生に必要な読書には2種類ある

2 仕事に直接役立つ本(ビジネス書や実用書などの専門書)
2 人生を豊かにしてくれる本(小説や歴史の本など、趣味で読む本)
読書には上記の2種類があります。一見、仕事の役には立たないように見える趣味の本も、たくさん読めば、飲み会や雑談の場で披露する雑学の知識が増えますし、人間性を豊かにしてくれます。多くのことに新鮮な興味と知的好奇心を持つことは、魅力的で仕事のできるビジネスパーソンの条件。20代のビジネスパーソンに必要なのは、まずは専門分野に強くなることですが、読書の土台ができたら、ジャンルにこだわらずいろいろな本を読んでみましょう。
本を読む人と読まない人では、問題を解決する際の引き出しの多さが違ってきます。若いうちは、それほど違いが際立たないかもしdsれませんが、自分でビジネスを動かす立場になると、当然、専門分野に限らない幅広い知識や、問題解決のための引き出しの数が重要になってきます。今のうちから、将来を見据えて読書を習慣づけておいてください。
モチベーションを持続するコツは?

オススメなのは、読書好きな友達を作ること。『ベストセラーTV』という番組でビジネス書評家の土井英司さんと、作家・会計士の山田真哉さんと仕事をしている斎藤先生ですが、「彼らがおもしろい本を教えてくれる上、感想を話す機会があるので、番組を始めて以来、読書生活が非常に充実しています。何より二人の読書量がすごいので、『負けてられない』とやる気が出ます」

先生の知識の幅の広さに感動! 今すぐオススメ本を読みたい気分に

今までずっと「もっと読書しなきゃ」と思ってきましたが、身構えていたせいで、かえって読書から遠ざかっていたかも。「途中で飽きたら最後まで読まなくてOK」という斎藤先生の言葉に、かなり安心しました。
先生の読書量と知識の豊富さにもビックリ。本好きな方の話を聞いていると、本当におもしろそうに本の内容を語ってくださるので、何だか羨ましくなってしまいました。私も職場で読書仲間を作って、読書談義をしてみたいです。


teacher
斎藤広達先生
斎藤広達先生
Koutatsu Saitou
プロフィール
1968年東京生まれ。慶應義塾大学を卒業後、エッソ石油(現エクソンモービルマーケティング)に入社し、主にマーケティング関連の業務に従事。シカゴ大学経営大学院修士(MBA)取得後、ボストン・コンサルティング・グループ、シティバンク、ローランドベルガーを経て、現在は(株)シカゴコンサルティングの代表取締役。
著書に、『ビジネス力養成講座』(飛鳥新社)、『MBA仕事術』(日経BP社)、『サンクコスト時間術』(PHP新書)など。「ベストセラーBOOK TV」(BS11、毎週金曜日20時~)にも出演中。
ベストセラーBOOK TV
student
タカハシ写真

「生徒のタカハシです。読書はなるべくしたいと思っていますが、仕事が忙しいとまったく読めないことも。今日は、効率的な読書方法や、先生のオススメ本などを伺いたいと思っています」

次回予告

方向音痴を克服!「スムーズに目的地にたどり着く方法」

次回は、方向音痴で悩んでいる方必見! 方向音痴のメカニズムから、効率的な移動方法まで「スムーズに目的地にたどり着く方法」を学びます。(公開しました)

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

ページの先頭へ