ページの本文へ

CHAPTER 6 暑さに関する常識のウソホント/今回のまとめ|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

節電・猛暑を乗り切る 本当の意味でのクールビズとは? 節電・猛暑を乗り切る 本当の意味でのクールビズとは?

Chapter06 暑さに関する常識のウソホント/今回のまとめ

最後に尾関先生に「冷たい飲み物は体温を下げる」など世間で言われる「暑さに関する常識のウソホント」を、生理学的見地から検証いただきました。

冷たい飲み物は体温を下げる?
間違いです。冷たいドリンクを大量に飲めば、一時的に体は冷えます。しかし同時に、体は、「冷えてしまったので温めなくては」という反応を起こすので、少し時間が経つと体温が上がってしまうことになります。

よって、口あたりが良いからといって冷たいドリンクばかり飲んでいると、暑さ対策とは逆のことを行っていることになります。(尾関先生)

夏は体を冷やす食材を食べるとよい?
いちがいに間違いだとは言えません。世間でよく言われている体を冷やす食べ物、温める食べ物は東洋医学の「陰」、「平」、「陽」の考え方に基づいています。陽は体を温める食べ物(例:しょうが、コショウ、カボチャなど)、

陰は体を冷やす食べ物(例:スイカ、なす、レタスなど)、
平は陽、陰のどちらにも偏らない食べ物(例:イチゴ、キャベツ、椎茸など)です。ただ、生理学的には、食後に体が冷えることはありません。なぜなら食後に体が栄養素を吸収して分解するにあたり、熱(エネルギー)が出るからです。これはDIT(食事誘導性熱産生)といいます。とくにタンパク質を分解するときには体熱が出やすいため、体が温かくなります。(尾関先生)

太っている人ほど夏は暑く感じる?
はい、正しいです。太っている人、つまり脂肪が多い人はダウンジャケットを着ているようなものです。一度温まってしまえば、体の中の熱が外に出ないので暑いのです。また、ダウンジャケットの上から冷水をかけても冷たくないように、

太っている人は扇風機の風にあたっても汗の気化熱で多少は涼しくなりますが、それほど体が冷えることはありません。実は、筋肉が多い人も暑く感じやすいのです。筋肉の中にはUCPという遺伝子があり、体を温める原因の一つでもあります。カイロが体の中に入っていると言えばイメージしやすいでしょう。しかし脂肪の多い人と違い、風にあたったり冷たいシャワーを浴びたりすればすぐに体は冷えます。(尾関先生)

夏バテ予防には昼寝がよい?
はい、正しいです。筋肉を作るためにはタンパク質や水などの材料だけでなく、ホルモンの分泌が必要ですが、そのホルモンは睡眠中に分泌されます。 理想的な睡眠時間は個人差が大きいので何ともいえませんが、

たとえば1日5時間しか睡眠時間がとれない場合は、夜に5時間まとめてとるよりも、「夜は4時間+昼に1時間で合計5時間」をとるほうが良いのです。そうすれば昼と夜の2回、ホルモンが分泌され、筋肉を作り、疲労回復の機会が増えることになるのです。(尾関先生)

今回のまとめ/先生からのメッセージ
ここまでご紹介したように、猛暑や節電による熱中症を防ぐには、体の調子を整えて基礎代謝をアップさせることが一番です。基礎代謝を決めるのは筋肉なので、しっかりと筋肉をつける必要があります。

とくに夏は、暑いために運動量が減る、肉や魚などに食欲がわかずに筋肉量が落ちるという傾向があります。

また、基礎代謝を上げるために、タンパク質、炭水化物、糖質の三大栄養素をバランス良くとり、適度な運動をして、十分な睡眠をとりましょう。すると、少しずつ暑さに耐えられる体質へ改善していくことができます。その上で市販のクーリンググッズを上手に利用してください。

タカハシの感想

今回、初めて知ることばかりでとても勉強になりました。毎年、夏が苦手で、冷やし中華やそうめんなどが主食でした。今考えると、タンパク質をほとんど摂っておらず、そのせいか、だるく感じることも多かったような気がします。

夏の暑さを乗り切るためにも、筋肉を付ける運動法は、時間がなくても手軽にできそうなので、意識的にやってみたいと思います。

次回予告
探し物がすぐ見つかる!
オフィスで役立つ簡単整理術

整理ができてないため、資料がなかなか見つからず、
時間だけが過ぎていく……。そんな経験があるあなたに、「机」、「書類」、「PC」の3つのテーマ別に、具体的な整理術を伝授します。(公開しました)

teacher
尾関紀輝 先生
尾関紀輝 先生
toshiaki ozeki
プロフィール
ハリウッド女優やモデル達の常識となった"ボディメイク・ダイエット専門パーソナルトレーナー"の日本における第一人者。指導歴は20年以上、1万人超の指導実績のパーソナルトレーナー。著書に、 きほんのダイエット(池田書店)、 体脂肪を落とすトレーニングプログラム(西東社)、
5分で変わる体脂肪・筋力トレーニング(西東社)などがある。
student

タカハシ写真

生徒のタカハシです。
今年は節電の年になりそうなので、なるべく電気を使わないような暑さ対策を学びたいと思います!

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

ページの先頭へ