"

ページの本文へ

第5回 スタート直前! ゴルフ場での準備とマナーの3ページ目|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

半年後にコース・デビューを目指す 小池リサプロゴルファーのLet's enjoy golf ! 第5回 スタート直前! ゴルフ場での準備とマナー半年後にコース・デビューを目指す 小池リサプロゴルファーのLet's enjoy golf ! 第5回 スタート直前! ゴルフ場での準備とマナー

Chapter03必要なものは、すべてポケットに入れておく

最近のゴルフ場は、ほとんどがカートによるセルフプレーになっています。それはそれで気兼ねなく楽しめていいのですが、キャディさんがいないと困ることもあります。プレーに必要なものを忘れてしまったときです。

「あっ、スコアカードを忘れた!」「ボールマーカーがない!」とコースに出てから忘れ物に気づいたときでも、キャディさんがいれば気を利かせて用意してくれています。また、初心者と分かれば、拾ったボールをくれたりもしますが、セルフプレーでは他力本願を望むことはできません。

忘れものを防ぐために大事なことは、ティグラウンドへ向かう前に必要なものをポケットに入れておくことです。まずはスコアカードと鉛筆。スタートハウスの前に置いてありますから、これを手にしたら一緒に回る人(同伴競技者)の名前を記入します。順番は、上手な人(ローハンディキャップ)からでも会社での序列からでも構いませんが、自分の名前は最後にするのが礼儀。自分の名前を最初に書いたら、マナーを知らないゴルファーだと思われてしまいますよ。

必要なゴルフグッズ

ラウンド中は、最低でもこれくらいゴルフグッズをポケットの中に入れておかなければいけません。
マークやグリーンフォークは、ひとつあれば足りますが、ボールは常に多めに持っているように心がけましょう。

スタート前にチェックする癖をつけましょう

キャディさんに頼らなくてもいいように、必要なものが揃っているか、スタート前にチェックする癖をつけましょう。
「いろいろと準備するものがあるんですね。コースに出てから忘れ物に気づいて、慌てることのないように気をつけます」(タカハシ)

それから、グリーン上でボールを拾い上げるときに、自分のボールの位置を示すためのボールマーカーと、ボールがグリーン上に落下した際にできた窪みを直すグリーンフォークも用意しましょう。マーカーは、スタートハウスに置いてあるものでも構いませんが、カッコよさをアピールしたいなら、ゴルフショップで帽子のひさしに付けられる磁石タイプを購入すればいいでしょう。グリーンフォークは、ティー(ティペッグ)で代用できます。スタートハウスにも置いてありますが、こちらもゴルフショップで面白いデザインのものを購入できます。

前述したティーも必要です。ティグラウンドでボールを載せるための小物で、プラスチック製と木製がありますが、木製の場合は折れやすいので最低でも10本以上は用意しておくことです。これも最近はユニークなものが売られています。

初心者がポケットに入れておきたいもうひとつの必需品はボールです。本来ボールは、キャディバッグに入れておき、使用するときに出します。また、キャディさんがいれば、何個かを預けておけますが、セルフプレーではそれもできません。OBや池ポチャが多い初心者は、キャディバッグからいちいちボールを取り出すのも面倒ですから、あらかじめ3個くらいはポケットに常備しておきましょう。

これだけのものを1カ所のポケットに入れると、ゴチャゴチャになってしまいます。左右と後ろのポケットを有効に使って整理してくださいね。

タカハシのCheck point!
スタートの1時間前には到着する
コースに出る前に、着替えをしたり、練習をしたり、やらなければいけないことがたくさんあるんですね。余裕を持って行動できるように、ゴルフ場には早めに到着するようにします。
スタート前には軽い練習を
コースの練習場で体を動かしておけば、ティグランドでの第一打の緊張も、少しは減るかもしれませんね。筋肉痛を和らげるために、そして怪我を防ぐために、ストレッチは欠かさないようにします。
細かいグッズはポケットに収納する
ボールだけではなく、ティーやスコアカード、マーカーなどもすべて持ち歩く必要があると知りました。特にボールは、ポケットの中にいつも2、3個くらい入れておくようにします。
次回予告
小池プロのLet's enjoy golf! 第6回
初心者ゴルファーが、ゴルフを楽しく進めるために覚えておかなければいけないルールや同伴プレーヤーに迷惑をかけないためのゴルフ場でのマナーなどを学びます

(2009年4月20日 公開しました)「小池プロの Let's enjoy golf! 第6回」

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

ページの先頭へ