ページの本文へ

Hitachi
EnglishEnglish お問い合わせお問い合わせ

CHAPTER 5 応用編/集めた情報を管理する|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

必要な情報を、誰より早く、確実に。できるビジネスパーソンの「情報収集術」必要な情報を、誰より早く、確実に。できるビジネスパーソンの「情報収集術」

Chapter05応用編/集めた情報を管理する

このページでは、集めた情報を、ツールを使って管理する方法をご紹介します。

ノートには隅にページ数を書き込んでマイ辞典に

集めた情報を自分の知識として蓄積していくには、ただ読むだけでなく、後で仕事に役立つと感じた情報やおもしろいと思ったネタを記録(メモ)して、ストックしていくことが大切です。得た情報をノートや手帳にメモする際には、時系列にどんどん書いていけばOKですが、ページの端にページ数を記録しておくと便利です。

このページ数を利用すると、異なるページからウェブページのようにリンクを張ったり、最後のページに簡単な索引を作ったりすることが可能になり、シンプルなノートが「マイ辞典」に変身します。

ネタや情報のほか、ひらめきやアイデアを書き込んでおくと、アイデア辞典としても使えます。

あらゆる情報を「Evernote」で一括管理

手帳にメモするのも一つの方法ですが、パソコンを使って仕事をする現代のビジネスパーソンにおすすめなのが、テキストでも写真でも動画でもウェブページでも、何でも記録することができる、「Evernote」というサービスです。

Evernoteの最大の利点は、記録した情報の中から検索ができるということ。どんなに大量の情報をストックしても、高速で検索できるので、本来情報管理に必要な"整理する"という作業がまったくいりません。


とっておきたい情報は、何でもEvernoteに放り込んでおけばいいのです。

記録は、古くなるほど価値が出ます。このEvernoteに記録するという習慣を続ければ続けるほど、ストックしてある情報の量が増え、価値のある記録や知識が増えていくのです。


また、「あのWEBサイト役立ったからまた見よう」と思って、サイトにアクセスしたら、無くなっていたという話はたまにあること。そんなときも、Evernoteにサイトを保存しておけば、見ることができます。役立ったと思ったWEBサイトほど、保存しておくべきでしょう。

Evernoteの始め方手順

1.
Evernoteのサイトにアクセス。
2.
サイトから、MacまたはWindows用のEvernoteをダウンロード。
3.
名前やメールアドレスなどを登録して、アカウントを作成。
サインインすれば、Evernoteの機能が使えるようになります。
スマートフォン版アプリを使えば、さらに便利に

Evernoteには、iPhoneなどのスマートフォンやiPad向けのアプリケーションもあります。こうしたアプリを使えば、外出先からも情報を記録・保存でき、ウェブ上のデータベースにシンクロできるので、さらに便利にスマートに情報を管理することができます。


※iPhone版Evernoteについては、
「iPhone活用術」の回でもご紹介しています。

※詳細な設定方法・使い方についてはEvernoteの各ページをご確認下さい。

そのほかの使える情報収集ツール

これまでのページでご紹介したもののほかに、読者や先生が使っている便利なツール・サービスを紹介します。

「NAVERまとめ」:
http://matome.naver.jp/

特定のテーマに沿ったリンクや画像、動画、テキスト
などを一つの場所にまとめ、ほかの人と共有できるサービス。「まとめ」は、誰でも簡単に作成し、公開することができます。

「はてなブックマーク」:
http://b.hatena.ne.jp/

ブックマーク(URL)を保存・管理・共有できる、無料のオンラインブックマークサービスをソーシャルブックマークと言いますが、その中でも読者の人気が高かったのが、「はてなブックマーク」。人気、注目エントリーで旬な話題が分かります。

「Facebook」:
http://ja-jp.facebook.com/

mixiやTwitterと同じくSNSの一種で、海外で人気の高いサービスです。海外の人と交流したり、つながった人たちから海外の情報を入手したりするには最適です。ただし、他のソーシャルメディアと異なり、実名が基本ですので書く内容などには配慮が必要になります。

teacher
堀E.正岳先生写真
堀E.正岳先生
Masatake Hori
プロフィール
1973年アメリカ、イリノイ州生まれ。ブログ、Lifehacking.jpにて、海外のブログ記事や、自分が実践してきた仕事術をちょっといい話として紹介する活動を続けている。「人生を変える小さな習慣作り」をブログのミッションとし、ITツールの使い方から人生哲学に至るまで、幅広い話題をカバー。著書に『情報ダイエット仕事術』、共著に『iPhone情報整理術〜あなたを情報"強者"に変える57の活用法!』などがある。
student
タカハシ写真
生徒のタカハシです。自分の業界の現状から最新トレンドまで、幅広い情報をおさえておきたい! とは思うのですが、情報源が多すぎて、全部に手が回りません。効率的な情報収集のポイントをぜひ教えていただきたいです。

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。