ページの本文へ

<後編>体験を踏まえて仕事に活かす!の1ページ目|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

今、古典芸能が面白い! 歌舞伎の魅力を堪能 <後編>体験を踏まえて仕事に活かす!今、古典芸能が面白い! 歌舞伎の魅力を堪能 <後編>体験を踏まえて仕事に活かす!

グローバリゼーションが進む一方で、自国の文化への関心が高まっています。なかでも"歌舞伎"は、絵画や音楽など日本の美意識の集大成でありながら、気張らずに「和」を楽しむのに最適なエンターテイメント。楽しみながら豊かな教養を育むことで、お客様や上司との会話に広がりが生まれ、国際的な場でも日本人としての自信をもって振る舞えるようになるでしょう。しかし、一方で難易度が高くて敬遠気味という声も。そこで、"歌舞伎ソムリエ"のおくだ健太郎さんに歌舞伎の楽しみ方を教えていただきました。今回も、私、タカハシのレポート形式でお届けします!

<前編>教養を身に付け仕事に活かす! はこちら

Chapter01今しか見られない「歌舞伎座」という建物を鑑賞

先生とタカハシ歌舞伎座前にて
歌舞伎座ロビー
歌舞伎座前

歌舞伎座の前には、たくさんの人たち。昼の部を終えて出てくる人と、これから夜の部で入る人とでごった返している。 待合せの人垣ができており、誰もがうきうきと華やいだ顔を見せている。

「現在の歌舞伎座は4代目。大戦で3代目が焼け落ち、その一部を使って建て直したそうです。建物が国の登録有形文化財にもなっているんですよ。正直、建て直しと聞いて、残念だなぁという気持ちもあります」

正面外観は、城郭建築と社寺建築を基調にした「桃山様式」で、勢いよく跳ね上がった瀟酒(しょうしゃ)な屋根が印象的だ。旧博報堂本社や明治生命館で知られる岡田信一郎の設計で、東京タワーの構造も担当した内藤多仲が構造設計を行っているという。

見上げれば、赤い提灯がずらりとならび、紫に鳳凰丸紋が染め抜かれた垂れ幕が下がる。銀座の町に溶け込み、何気なく見ていた建物だが、なくなってしまうときくと確かに寂しい気がする。中に入ると赤い絨毯に赤い柱、ここそこに日本画が飾られ、レトロな雰囲気が漂う。

歌舞伎座の正面玄関左右には「絵看板」が掲げられ、古風で華やかな江戸の芝居小屋の雰囲気を彷彿させる。3部構成のそれぞれが鮮やかな色で描かれた肉筆画で描かれており、物語の一部が紹介されている。世界的に芸術性を評価されている「浮世絵」は、この絵看板から派生したものなのだそうだ。

Chapter02初心者には欠かせない、上手なイヤホンガイドの使い方

イヤホンガイド貸し出しコーナー

予習をしたとはいえ、登場している役者とその役柄、物語の歴史、背景やあらすじなど、予備知識は皆無。そんな初心者の強い見方となってくれるのが「イヤホンガイド」だ。

「『イヤホンガイド』を使うと、歌舞伎の魅力を十分に味わうことができるでしょう。演目の内容や役者の名前、舞台の仕掛けなどを、舞台の進行に合わせて解説してくれます。台詞や物語の内容ばかりでなく、仕草、振りの意味や見せ場、大道具や小道具、衣裳の名前や意味と特徴などもわかるため、全く歌舞伎の知識がない方でも舞台を楽しむことができますよ」

入り口脇のコーナーで「イヤホンガイド」を借りる。さっそく装着して聞いてみると、まだ昼の部と夜の部の間の時間だが、イヤホンからは義経千本桜の簡単なストーリーや見どころが流れている。休憩時間には、出演者からのメッセージも流れ、解説者も変わるため、通いなれたファンにも人気があるという。それでもおくださんは、イヤホンガイドだけに頼りすぎるのは望ましくないという。

「演目の内容が分からなくても、演じる役者や音楽、美しい着物や化粧、大掛かりな舞台のセットなど、見どころはたくさんあります。物語の流ればかりに気を取られず、ぜひ、感性で観ることも忘れずにいてほしいですね」

初心者の味方「イヤホンガイド」に英語版もあり
イヤホンガイドとタカハシ

イヤホンガイドには英語版も用意されているため、外国からのお客様も、安心して招待できる。どのように歌舞伎を紹介しているのか、興味のあるところ。

Kabuki is one of Japan's traditional stage arts along with Noh, Kyogen and Bunraku. It is said to have originated in the seventeenth century when it was first performed by the female dancer Izumo-no-Okuni and her troupe in Kyoto.

出典:英文日本絵とき事典(JTBパブリッシング)

英語に自信がある方は、英語版に挑戦してみてもおもしろいかも?(タカハシ談)

それでは、イヤホンを片手に実際に劇場の中に入ってみよう。

teacher
おくだ健太郎先生 写真
おくだ健太郎先生
Kentaro Okuda
プロフィール
歌舞伎の同時解説イヤホンガイド、東工大・世界文明センター講師、トークサロン「おくだ会」主宰。J-WAVE「東京コンシェルジュ」での歌舞伎案内、2001~2004年にはNHK教育テレビ「歌舞伎鑑賞入門」の講師を務めた。著書に『歌舞伎鑑賞ガイド』『中村吉右衛門の歌舞伎ワールド』(小学館)などがある。
student
タカハシ 写真

「生徒のタカハシです。最近、オトナとしての教養をつけるべく、友人たちと美術館やクラッシックコンサートなどに出かけるようになりました。とはいえ、歌舞伎鑑賞は少々難易度が高くてこれまでは敬遠気味。でも、ご年配のお客様や上司との会話のきっかけにもなりそうですし、外国からのお客様の質問にも恥ずかしくない答えを返したい。今回を機に歌舞伎鑑賞に挑戦したいと思っています」

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

ページの先頭へ