ページの本文へ

CHAPTER 3 敬語・言葉遣いNG集その2/社外|今さら聞けない敬語のマナー|株式会社日立ソリューションズ

上司や取引先に失笑されないためにも。今さら聞けない敬語のマナー上司や取引先に失笑されないためにも。今さら聞けない敬語のマナー

Chapter03敬語・言葉遣いNG集その2/社外編

社外の取引先やお客様との面談・打ち合わせでは、社内での会話以上に言葉遣いに気をつけたいものです。このページでは社外業務での敬語・言葉遣いのNG例と、その正しい使い方を解説します。

Case. 1
お客様との面談中、資料を見てくれたかどうか聞く

  • ×「○○の資料はご覧になられましたか?」
  • ○「○○の資料はご覧になりましたか?」
  • 「ご覧になられましたか?」、「やらさせていただきます」、「おっしゃられる」などは、「二重敬語」の典型的な例です。二重敬語とは、一度敬語の形に変化させたものを、「れる・られる」などを付けてさらに変化させた間違った表現。
    たとえば、「見る」を尊敬語に変える場合、正しくは「ご覧になる」もしくは、「れる・られる」を付けて「見られる」となります。「ご覧になる」に「られる」を付けて「ご覧になられる」としても、さらに丁寧な表現にはなりません。

Case. 2
お客様に必要事項を記入してもらう

  • ×「こちらにご住所とお名前をお書きしてください」
  • ○「こちらにご住所とお名前をお書きになってください(お書きください)」
  • 「お~する」は、「私、お待ちしております」と言うように自分が相手のためにすることを表す謙譲語。この場合は、相手にしてもらうことなので本来なら尊敬語を使うべきなのに、「お書きしてください」では謙譲語にくださいをつけて、相手に押し付けることになります。
    「お~する」に対応する尊敬語は「お~になる」なので、正しくは「お書きになってください」です。「お書きください」でもかまいません。
    こうした間違いが起こるのは、尊敬語と謙譲語の区別がちゃんとついていないから。「そんなことは小学校で習ったから必要ない」と思うかもしれませんが、間違うということは、知識が身に付いていないということ。本などで丁寧語・尊敬語・謙譲語の違いを把握し直し、自分の中にしっかりとルールを確立しましょう。

Case. 3
お客様から、「うちの会社は本社が銀座なんですよ。ご存知ですか?」と聞かれたら?

  • ×「はい、存じ上げております」
  • ○「はい、存じております」
  • 「存じております」と「存じ上げております」の区別がつかない人は、非常に多いようです。
    ヒントは「上げる」にあります。「上げる」ということは、持ち上げるべき相手がいるということ。従って、知っている対象が人であるときは、「存じ上げている」となります。知っている対象が物なら、「存じ上げている」ではなく「存じている」を使います。
    たとえば、「うちの息子は○○社の課長をしているのですが、ご存じですか?」と言われたら「はい、存じ上げております」と言いますが、 上の例のように、本社について聞かれた場合は「はい、存じております」と言うのが正解です。

Case. 4
お客様との名刺交換のとき、名前が聞き取れなかったのでもう一度聞きたい

  • ×「お名前、もう一度いいですか?」
  • ○「恐れ入りますがお名前をもう一度伺えますか?」
  • このような場合、最初に「失礼ですが」、「恐れ入りますが」といったクッション言葉を使い、最後を疑問型にするのが失礼でない聞き方です。
    クッション言葉を何パターンも使いこなせる人は、意外と少ないようです。使えるクッション言葉のバリエーションが多い人は、表現力が高く、営業もクレーム対応も上手。クッション言葉を10種類くらい言えるようになれば「オトナのたしなみ」ができていますので、数パターンしか思い浮かばない人は、ぜひこの機会にボキャブラリーを増やしておきましょう。
    クッションの例

    恐れ入りますが、失礼ですが、申し訳ありませんが、お手数ですが、 ご足労ですが、あいにくですが、ご迷惑でしょうが、差し支えなければ、申し上げにくいのですが。

敬語のマナーのポイント
おかしなバイト言葉や若者言葉に注意!

20代のビジネスパーソンには、アルバイトで身に付けたおかしな婉曲表現や若者言葉を、ビジネスシーンではふさわしくない言葉だとは気づかずに使っているケースも目立ちます。
たとえば、「メニューの方はお決まりですか?」というように、意味もなく「~の方」を使うのは日本語として変。 「ご注文は~でよろしかったですか?」と現在のことなのに過去形にするのもおかしな言い方です。
また、「タメですね」、「ゴチになります」、「超~」 といった言葉は、一種の若者言葉。ビジネスで使うには、くだけすぎた表現と言えます。

teacher
大嶋利佳先生
大嶋利佳先生
Rika Oshima
プロフィール
大学勤務、会社勤務等を経て、1988年、第一回日本語教育能力検定試験に合格、日本語学校教員、専門学校教員となる。
その後研修講師として独立し、1997年、株式会社スピーキングエッセイ設立。現在、同社取締役講師代表として、ビジネスコミュニケーション全般の研修、講演を実施。
著述の分野でも活動し、著書出版、雑誌記事等の執筆監修も多数行う。
著書に、『正しい敬語 そのまま使える会話例&言い換えフレーズ集』『The Business Mail メール力 上手に使いこなす』 などがある。
student
タカハシ写真

生徒のタカハシです。基本的な言葉遣いはできていると思うのですが、自信のない敬語や言い回しは極力使わないようにしているので、言葉遣いがワンパターンになりがち。ボキャブラリーを増やして、自信を持って正しく丁寧な言葉遣いができるようになりたいです。

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

ページの先頭へ