ページの本文へ

CHAPTER 1 ステーショナリーの歴史を振り返る|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

持っているだけでモチベーションが上がる!ワンランク上の ステーショナリー選び持っているだけでモチベーションが上がる!ワンランク上の ステーショナリー選び

ペンや手帳、ノートなど、ビジネスシーンにはなくてはならないステーショナリー。普段使いのステーショナリーにも、キャリアや年齢に応じて上質なものを取り入れていけば、仕事に対するモチベーションも上がるし、周囲の見る目も変わるはず。今回の先生は、丸善日本橋店の文具グループ長である谷本大介さん。ステーショナリーの歴史や魅力、自分をグレードアップさせてくれるステーショナリーの選び方について、お話を伺いました!

Chapter01ステーショナリーの歴史を振り返る

谷本先生とタカハシ写真

最新トレンドはもちろん、その歴史にも詳しい“ステーショナリー博士” の谷本先生。まずは、先生といっしょに、ステーショナリーの代表格“万年筆”の歴史を見てみましょう。
◎ 卓上から携帯用へ。時代の流れとともにステーショナリーも形を変えてきた

ステーショナリー(文具)は、大きく分けて、書くもの(ペン)、記すもの(ノート、手帳、ダイアリー)、まとめるもの(ファイル)の3つに分かれます。その中でも重要なのは書くものでしょう。その中でも、ペンの代表格と言えば長い歴史を持つ万年筆です。

万年筆の原型は、中世ヨーロッパで使われていた羽ペンです。この時代のペンは、卓上で、インクにつけながら書くというものでした。 1800年代になると、ペン軸にインクを内蔵したペンが開発されますが、まだまだ実用面ではインク漏れなどの不備が多く、安心して持ち運べるようなものではありませんでした。

現在普及しているような、インク漏れのない構造の万年筆が生まれたのは、1883年のこと。開発者は、Watermanというアメリカ人でした。Watermanは、もともと生命保険会社の外交員をしていたのですが、大口の契約を交わすサインの際、ペンからインクが漏れて書類が汚れたために契約を逃がしてしまいます。そのくやしい経験から、携帯にも適したインク漏れのない構造の万年筆を考えついたと言われています。

◎ 伝統ある万年筆は、正式さ、高級感の象徴

このようにステーショナリーは、時代の流れとともに、より便利で使いやすい道具へと変化してきました。

現在では、ボールペンなど、より気軽に使えるペンが普及しましたが、重要なサインの場では、万年筆が使われることも多いようです。また、ビジネスパーソンの中には、アクセサリーとして高級ブランドの万年筆を持っている人がたくさんいます。

万年筆のような伝統ある筆記具は、ただ“書くための道具”というだけでなく、使う人のステイタスを表すものでもあるのです。

これだけは知っておきたい! 世界的なペンのブランド&メーカー

ウォーターマン/WATERMAN(フランス)
上の記事に登場した保険外交員、Watermanが創始したブランド。元はアメリカのメーカーですが、現在はフランスに資本が移っています。
クロス/CROSS(アメリカ)
アメリカで最も長い歴史を持つペンメーカー。使いやすさが特徴。アメリカのオバマ大統領も、就任式ではクロスのペンでサインしました。
モンブラン/MONTBLANC(ドイツ)
高級万年筆の生産で知られる世界最高峰のペンメーカー。
パーカー/PARKER(イギリス)
創業はアメリカ。万年筆のほか、ボールペンも有名。
ペリカン/PELIKAN(ドイツ)
ペンだけでなく、さまざまな文房具、オフィス用品を扱っています。
デルタ/DELTA(イタリア)
映画『クローズド・ノート』では、沢尻エリカがデルタのペンを使用していました。
teacher
谷本先生写真
谷本 大介先生
プロフィール
丸善の文具売り場で、販売を担当する。現在、丸善日本橋店 文具グループ長。

丸善日本橋店
明治2年(1869年)の創業以来、多くの人々の知の営みを支えてきた丸善の原点とも言える店舗。丸善の伝統と品質を守りながら、厳選した商品を提供している。文具はもちろん、洋書、和書も豊富に揃う。
所在地:〒103-8245
中央区日本橋2-3-10
営業時間: 9:30~20:30
TEL: 03-6214-2001
HP: http://www.maruzen.
co.jp/
teacher
タカハシ写真
「生徒のタカハシです。普段、何気なく使っているステーショナリーですが、選び方にもポイントがあるのですね。ステーショナリー博士の先生から、どんなお話が聞けるのか楽しみです!」

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

ページの先頭へ