ページの本文へ

Chapter8 コミュニケーションの習慣が人生を左右する|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

「頑張らない習慣」があなたに変化をもたらす 「習慣力」で自分を変えていく 「頑張らない習慣」があなたに変化をもたらす 「習慣力」で自分を変えていく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1 2 3 4 5 6 7 8 9

前編 中編 後編

Chapter08コミュニケーションの習慣が人生を左右する

これまでの習慣は「自分一人だけの習慣」でしたが、ここでは、他者と関わる上で大切な習慣である「コミュニケーションの習慣」についてお話しします。

実はコミュニケーションの習慣は、これまで紹介してきたものと比べハードルが高くなります。ですので、仕事や身体の習慣の中からまずは身につけ、「習慣化」に慣れてきたところで取りかかるのが良いでしょう。 身につけてしまえば、人生を根本から変える可能性がある習慣でもあるため、ぜひチャレンジしてみてください。

信頼ある人間関係を構築する「傾聴の習慣

信頼ある人間関係を構築する「傾聴の習慣」

コミュニケーションというと、多くの人が「話し上手であることが重要」と考えるのではないでしょうか。 確かに、話し上手であることに越したことはありませんが、実は話し下手であっても、良いコミュニケーションは成り立つのです。 一方、「聴き下手」である場合、良いコミュニケーションが成り立つ可能性は低くなってしまいます。重要視すべきは、「話し上手」よりも「聴き上手」になることです。 聴き上手になるための「傾聴の習慣」は、コミュニケーションの円滑化と信頼ある人間関係の構築に大いに役立ちます。

「自分の頭の中にある世界と、相手の頭の中にある世界は違うという事実」、これが、聴くことが大切な理由の1つです。 コミュニケーションはそこにあるギャップを埋める作業であり、相手の頭の中にある世界がどれくらい見えているかが、その質に直結するのです。

また、「自分が一番好き、次に自分のことを理解してくれる人が好き」という人間の持つ本質も、聴くことが大切である理由です。 人間は自分のことが一番気になるからこそ、自分のことを理解してくれる人、理解しようとしてくれる人に好意を抱きます。 人間は、しっかりと共感を持ちながら自分の話を聴いてくれる人を「自分のことを理解してくれる」とみなすのです。

ですので、たとえば部下が報告や連絡、相談に来た時には、「作業を一旦止め、話を聞く姿勢を作る」という習慣を身につけてください。 よくあるのが、せっかく部下が相談に来たのに、PCの画面を見つめながら、もしくは書類を読みながら対応してしまうケースです。 これでは「私の話より作業のほうが大事なんだ」と相手は感じてしまいます。 面倒でも手を止め、しっかりと話を聴く「傾聴の習慣」を身につけることで、信頼のある人間関係が築かれてゆきます。

過去のコンテンツも参考に、この傾聴のスキルを習慣として身につけてみましょう。上司や部下、取引先など、さまざまな人から得られる評価が、ぐっと上がるはずです。

コーチングでモチベーションUP

http://www.hitachi-solutions.co.jp/column/tashinami2/coaching/index04.html

相手を承認するための「観察する習慣」

相手を承認するための「観察する習慣」

コミュニケーションの基本であると同時に奥深いものに、「承認」があります。この「相手を承認する習慣」は、できている人といない人がはっきり分かれる習慣でもあります。

承認とは、相手を認めること。これは相手の行動、相手が残した成果、相手の価値観、そして相手の存在そのものを認めることです。

ここでまず大事なのは、相手を「しっかりと観察すること」です。あなたが上司であれば、日頃から部下の言動、部下の行動、部下の成果などをしっかりと見てあげてください。 上司が日頃から部下をしっかり意識して見ていると、たとえばこんなコメントが自然に出てくるようになります。

「お得意先への提案を勢力的に取り組んでいるね」
「提案資料の作り方に工夫をしているね」
「君が周りをフォローしてくれて、とても助けられているよ」

このような、ちょっとした承認の言葉をかけることで、「自分のことを見てくれている」という気持ちが相手の中に生まれ、信頼関係が築かれてゆくのです。 承認がちゃんとできるかどうかは、スキルの問題ではなく、「承認したいポイントはどこか?」を探し続ける心の持ち方が鍵となります。 しっかり観察して、相手に伝えたい事が自然にできたら、事実を伝える。これだけでいいのです。「相手を観察すること」を習慣化するのは、大きな効果を生む行動なのです。

ここまで、様々な角度から、習慣が持つ力について解説してきました。

最後に、「心の習慣」についてお話しします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次のページへ

おすすめ

公開日:2016年5月30日
ページの先頭へ