ページの本文へ

Chapter 3 こんな人脈づくりをしていませんか?|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

間違いだらけの人脈作りから脱出する~ビジネスの現場で本当に必要な人脈とは? 間違いだらけの人脈作りから脱出する~ビジネスの現場で本当に必要な人脈とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1 3 3 4 5 6 7 8 9

前編 中編 後編

Chapter03こんな人脈づくりをしていませんか?

今実際に人脈を作るための行動をしていても、多くの人はそのポイントを間違えているようです。ビジネスパーソンが陥りがちな「間違った人脈づくりの例」をお話しましょう。

名刺交換した人数が多い、Facebookやツイッターでつながっている人の数が多い……など「数」の多さで満足している

多くの人が陥りがちな失敗です。名刺を数多く持っていると、いつでも会える気になってしまいます。しかしそれら数多くの名刺の中で、あなたのビジネスにおいて本当に役立つことはどれだけあるでしょうか? 数多くの人と出会って名刺交換だけしても、実際にビジネスに繋がることは少ないのではないでしょうか? Facebookやインターネット上のつながりだけならなおさらです。
人間は「数」が目に見えれば、心理的に満足感を得てしまうもの。そのことが、あなたに錯覚を与えているに過ぎないのです。

名刺の数やフォロワーの数は「人脈」ではない!
異業種交流会に積極的に参加している

人脈作りの方法として、異業種交流会や名刺交換会を利用している人も多いようです。しかし、よく考えてみましょう。異業種交流会で知り合う人の多くは、同世代だったり同じような立場だったり、ほとんどが「アポイントを取りやすい人」ではないですか? もしくは、運良く交流会などで有名人や普段会えない人と会えたとしましょう。しかし、彼ら彼女らにとってあなたは「One of them」。名刺交換をしたからといって、あなたのことを覚えているとは限らないのです。むしろ、覚えていない可能性のほうが高いでしょう。
異なる業界の人と知り合いたい、知識を身につけたいという時はいいかもしれません。しかし私は、もしもそういう活動を行うのであれば「1年間まで」と期間を区切ることをおすすめします。1年間言い訳できないくらいにひたすらやってみて結果が出れば成功ですし、結果が出なければあなたの方法が間違っているのです。

異業種交流会で出会った人は、あなたのことを覚えているとは限らない
今までの人脈、人間関係から抜けだせないでいる

休日やアフター5は同僚や同じような状況の友達同士で大抵過ごしている……そういう人はいませんか?しかし、それはただ貴重な時間を無為に過ごしているだけにすぎないのです。
よく考えてみましょう。その友達や同僚と一緒にいることで、あなたが得ているものは何でしょうか? 大抵の場合、同じような状況の人たちで集まると「愚痴の言い合い・傷の舐め合い」が始まるはずです。そういうことを口に出して吐き出すのは、一時的には楽しいかもしれません。ですが、その行動はあなたにとって何かメリットがあったり、あなたを成長させてくれることはありません。
これまでの人間関係から脱出し、次の人間関係へ。あなたを成長させてくれる人脈に出会うためには、この「気づき」も必要なのです。

楽しく思える時間でも、あなたの成長にはつながらないかもしれない

次ページでは、「人脈力を手に入れられる人」になるためのポイントをお話します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ 1 3 3 4 5 6 7 8 9 次のページへ

おすすめ

公開日:2014年1月27日
ページの先頭へ