ページの本文へ

Chapter 6 この行動が人脈を増やす! 社外編|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

間違いだらけの人脈作りから脱出する~ビジネスの現場で本当に必要な人脈とは? 間違いだらけの人脈作りから脱出する~ビジネスの現場で本当に必要な人脈とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1 2 3 4 5 6 7 8 9

前編 中編 後編

Chapter06この行動が人脈を増やす! 社外編

続いては、社外の人脈の作り方です。ただ異業種交流会やインターネットなどで出会う人の数だけむやみに増やしてもあまり意味が無い、ということはChapter3でお話しました。では、どうやったら会社外で人脈を作ることができるのか? ここでは、私が具体的に行っている方法をお伝えしましょう。

出し惜しみをしない

Chapter4で、「目の前の人、仕事を大切にする」ことの大切さをお話しました。よく人脈についてお話すると「自分と立場が違う人なんて、そう簡単に会えるわけない」と言われることがあります。
しかし、お話したように「目の前の仕事を丁寧に行う」そのことが、実は貴重な人脈への糸口となるのです。「できる担当者」だと相手の会社に認識されれば、そのうち打ち合わせに相手の上司が出てくるようになるでしょう。なぜなら、そのほうが結果的に話が早くなるからです。私だったら、タイミングを見て「次から◯◯(上司)さんと直接ご相談をさせていただければ」と言います。
そうなるには、とにかく「出し惜しみ」をしないこと。準備は万全にしておく、相手の要望にはなるべく応える。むしろ相手から要望が出ないくらいの万端の準備をしておく、くらいの気持ちで行動しましょう。そうすればあなたの評価は高まり、人脈も自然とついてくるはずです。

取引先が打ち合わせに上司を連れてくるようになればチャンス
パーティーや交流会では、独りぼっちの人に話しかける

もしあなたが積極的に異業種交流会に参加しようとしている「最初の1年」だったり、周囲の付き合いもあって異業種交流会やパーティーに参加したとしましょう。そういう場合、なるべく多くの人と話そうとしている人をよく見ます。しかしこれまでもお話してきたように、私はその行動は結果的には逆効果のように思います。それよりも私の経験からすると、そういう場所で独りぼっちの人に話しかけたほうが、結果的に良い人脈となることが多いのです。
まず、1人でいる人と話すことで、深くその人と話すことができます。人脈において必要なのは名刺交換ではなく、最終的に「信頼関係」なのです。あなたはその人とじっくりと時間をかけて話すことで、その人のことを知ることができ、お互いの信頼関係を育てることもできるのではないでしょうか?
また、もしかしたらその人は、他の誰にも気づかれていない「原石」かもしれません。高い能力、豊かな才能を持ちながら、ちょっとだけコミュニケーションが苦手……あなたの周りにもそんな人いませんか?そういう人と知り合うことができれば、あなたにとっても人生を変える大きなチャンスとなるでしょう。

異業種交流会では話す「数」より、「深さ」を重視していこう

いかがでしょうか? これらの行動を取っていけば、いつしかあなたには社外の人脈が増えていることでしょう。

次に、多くの人が苦手としがちな「初対面の人とのコミュニケーション術」をお教えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ 1 3 3 4 5 6 7 8 9 次のページへ

おすすめ

公開日:2014年2月10日

トナのたしなみ-実践編- トップ

オトナのたしなみ 基礎編

公私にわたり活かせる「たしなみ」術を、マナー編、教養編、HOW TO編、スポーツ編の4つのジャンルでご紹介します。「実践編」の前に基礎的な知識を身につけましょう。

ページの先頭へ