ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『ConsenSys Ethereum プロダクト』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

ConsenSys Ethereum プロダクト

Quorum ロゴ

ConsenSys社のConsensys Quorumを用いたより効率的なブロックチェーンシステム開発をご支援します。

  • 課題
  • 解決
  • システムでイーサリアムまたはブロックチェーンを使用するのは初めてな方、ブロックチェーンの導入やPoCなどを検討されている方。

    Consensys Quorum Supportは、システムの生産および保守までSLOベースのサポートを提供します。また、ブロックチェーンに関するコンサルテーション、導入に関する支援を行いますので安心してご利用いただけます。

  • コンソーシアム型のブロックチェーンネットワーク上のデータを他のコンソーシアムメンバーに公開したり非公開にしたり、データの制御を行いたい。

    Consensys Quorum Supportにより、コンソーシアム内のプライバシーグループを含むさまざまなプライバシー設定が可能になります。また、データベース暗号化とTLSによるエンドツーエンドの暗号機能も提供され、データのライフサイクル全体が安全になります。

  • ブロックチェーンネットワークの健全性を確保したい、コンソーシアムのすべての参加者が利用可能で信頼性の高いノードを維持したい。

    Consensys Quorum Supportは、ノードとネットワークの状態とパフォーマンスを監視するための高度なツールを備えており、一貫したアップタイムを保証します。

概要

Consensys Quorum Supportは、必要な信頼性、使いやすさ、セキュリティを備えたイーサリアムメインネットまたはプライベートネットワークでエンタープライズブロックチェーンソリューションを提供します。概念実証から実システム化まで、Consensys Quorum Supportはブロックチェーンに参加するために必要なソリューションを提供します。
Consensys Quorum Supportは、企業ユースでのサービスをサポートするHyperledger Besuの商用ディストリビューションです。

特長と機能

Consensys Quorum Supportは、Hyperledger Besu上に構築された商用ライセンスのEthereumクライアントであり、プライベートブロックチェーンネットワーク、パブリックブロックチェーンネットワークを実現します。また、複数の企業で運用するコンソーシアム化に柔軟に対応します。
Consensys Quorum Supportは、セキュリティ構成、イベントストリーミング、高度な監視などの追加のエンタープライズ機能を提供することにより、Hyperledger Besuを拡張します。

HYPERLEDGER BESU  EEAクライアント仕様に合わせたエンタープライズ向けブロックチェーン基盤

なぜConsensys Quorum Supportなのか?

Consensys Quorum Supportは、ブロックチェーンソリューションを迅速に開発したい企業向けに設計されています。
ユーザーは、Solidityベースのスマートコントラクト、シンプルなイーサリアムベースのデジタル資産モデル、複数のコンセンサスアルゴリズムなど、Hyperledger Besuのすべての利点と機能に加えて、ブロックチェーンソリューションのセキュリティ、信頼性、および可視性を保証する追加機能(プラグイン)を提供します。
また、Hyperledger Besuと連携するOrion(プライベートトランザクションマネージャー)やEthSigner(トランザクション署名コンポーネント)の利用も含む24時間対応可能なサポートサービスを提供します。

セキュリティ

ブロックチェーンの内部データベースを暗号化して、保存中のデータを保護します。暗号化キーは、ローカルのキーストアまたは、HashiCorp Vault(*1)と連携して安全に保持されます。これにより、ハッカーが改ざんを試みた場合、たとえデータにアクセスできたとしても、暗号で保護されているため読みだすことができません。
Consensys Quorum Supportは、企業がクライアントのノードのワールドステートストレージを完全に暗号化するための構成オプションを提供し、プライベートネットワーク上のノードにアクセスする悪意のある者が貴重なビジネスデータを読み取れないようにします。
さらに、ブロックチェーン参加者間でグループを作成しアクセス権のコントロールを行うことも可能です。エンドツーエンドはTSL通信で保護されます。

(*1) 鍵(シークレット)管理を強化するHashiCorp Vaultについては、こちらを参照ください。

信頼性

リアルタイムでメトリックを監視およびキャプチャして、ネットワーク内の検証ノードの状態を表示します。
ノードがブロックを最後に生成したときやパフォーマンスの低下などのメトリックをキャプチャすることで、リアルタイムの稼働状況を把握して、ビジネスに影響を与える前に問題を解決できます。
ノード、ネットワーク、コンセンサスメカニズムの正常性、パフォーマンス、稼働時間を確認できます。詳細なノードおよびネットワークメトリックにアクセスするためのPrometheus監視およびアラートサービスを備え、Grafanaダッシュボードを使用して、収集したデータを視覚化することもできます。
リアルタイムにメトリックを監視することにより、信頼性を向上させます。

可視性

ブロックチェーンイベントをリアルタイムで追跡し、アラートを設定して、チームメンバーに特定のイベントを通知します。
ストリーミングプラットフォーム(Apache KafkaやAWS Kinesisなど)を使用して、websocketベースでイベントを監視します。スケーラブルで信頼性の高いイベントトラッキングを可能にします。
ストリーミングプラットフォームを使用して、トランザクションがネットワークに到着したとき、ブロックに含まれたとき、またはドロップ時など、ブロックチェーンイベントのアラートまたはトリガーを設定します。リアルタイムにイベントを監視することにより、可視性を向上させます。

他コンポーネント

Consensys Quorum Supportでは、ブロックチェーン基盤であるHyplerledger Besuと連携するEthSignerとOrionもサポート範囲に含まれます。
Orionは、Hyperledger Besuクライアントのプライベートトランザクションマネージャーであり、プライベートトランザクションを利用するケースにはOrionは不可欠です。
EthSignerは、ブロックチェーンへアクセスするアプリケーションに依存することなくトランザクションへ電子署名を付与します。EthSignerは、秘密鍵管理をアプリケーションから分離します。

サポートサービス

製品提供元であるConsensys社よりサポートサポートサービスが提供されます。ユーザーからの質問や問題、またご要望に関して、いつでもご支援することが可能です。
運用時の障害など、緊急性や重要度に応じて適切な対応を行います。24時間サポートも可能です。安心してブロックチェーンシステムを運用することができます。

価格

個別見積となります。

関連キーワード

最終更新日:2021年4月13日