ページの本文へ

Hitachi

日立ソリューションズ Microsoft Dynamics ソリューション

グローバル製造業向け原価管理テンプレート for Microsoft Dynamics 365

グローバル製造業の原価管理ニーズを実現し、製造業向けトータルソリューションを強化。

概要

原価管理テンプレートは、" Microsoft Dynamics 365 "で日系企業特有の原価計算における配賦や棚卸資産評価をサポートし、グローバルに展開している日系企業の原価精度向上を図ることで、企業の製造コストの最適化と利益計画に貢献します。
グローバルに展開している日系企業の原価精度向上を図ることで、企業の製造コストの最適化と利益計画に貢献します。
Version 3では、Microsoft Dynamics 365 の最新版に対応すること、One Version ポリシーの則り非推奨機能を排除しており、お客様からご要望の多かった組織改廃に伴い発生する原価部門や対象品目、原価要素の変更、数値の丸めルールについて柔軟な設定を可能とする機能をサポートしました。

課題解決

  • ●日系企業に求められる原価管理を" Microsoft Dynamics 365 "で対応したい
  • ●製造品目に対する様々な配賦のパターンに対応したい
  • ●ERPに蓄積されたデータをもとに、原価を効率的に計算したい

ソリューション詳細

[ソリューションイメージ/解決イメージ]


[特長/導入メリット/導入効果]

●制度会計として2つの原価計算方式をサポート
原価管理の制度会計として、組立加工製造業を中心に利用されている標準原価計算と、化学品や食品といった プロセス製造業の一部で利用されている実際原価計算の2つの原価計算方式をサポートしています。
●配賦や棚卸資産評価などを標準でサポート
日系企業特有の品目や部門への配賦や、原価法の総平均法や低価法といった棚卸資産評価、およびERP保有データに基づく標準単価算出機能などを標準でサポートしています。
これにより、企業では、原価管理テンプレートのパラメータを設定するだけで簡単に利用できます。
●組織改廃時の省力化支援機能の追加
組織改廃に伴って発生する原価部門変更に伴う原価振替をマスタ設定のみで自動化するとともに、
原価要素が新規追加された月は自動で原価要素のトランザクションを生成する機能を追加しました。
また、原価計算除外対象の品目の指定機能や除外した品目については、原価を配賦する機能もサポートしています。
●丸めルール、単価コピー機能の改修
原価計算用の丸めルールを製品標準の丸めルールだけでなく、テンプレート固有の丸めルールでも実施できます。また、原価部門単位で保持している標準単価を、細目レベルで別の原価部門へコピーすることができます。
●" Microsoft Dynamics 365 "とのシームレスな連携を実現
Microsoft Dynamics 365 における一般会計との仕訳連携や、補助部門費や共通部門費を予め設定した基準で、製造部門や直接製造品目へ配賦することができます。また、 Microsoft Dynamics 365 の生産、調達、在庫などのモジュールとの連携により、受払情報、購入原材料情報、製造経費情報に基づいた原価計算を行うことができます。
●英語対応
画面に表示されるラベルは英語表記に対応しており、英語圏のユーザにもスムーズに導入することができます。 ●Dynamics AX 2012対応
Dynamics 365 だけでなく、Dynamics AX 2012対応版もございます。

[適用業種]

製造業(組立加工/プロセス)

[主要機能]

機能名 機能概要
標準単価計算 標準単価計算/標準単価シミュレーション
標準原価計算 標準単価(標準原価)による原価計算/原価差異計算及び会計仕訳計上/
原料購入差異、標準単価改定差異計算/製造原価差異計算
実際原価計算 実際原価による原価計算/計算結果の会計仕訳計上/標準原価との差異比較

ソリューションを探す

  • 業種で選ぶ
    製造業
    流通・小売業
  • 業種で選ぶ
    製造業
    流通・小売業