製品概要

|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

統合化生産管理ソリューション ECObjects

日立ソリューションズ

ECObjects

製品概要

統合化生産管理ソリューション ECObjects
設計しながら生産する、変更しながら作り続ける。時代のニーズに最適な製造の仕組みを実現します。

変化に柔軟に対応する情報システムが、製造業には必要です。

製造業イメージ

「顧客ニーズの多様化」「価格競争・価格低下の激化」「商品ライフサイクルの短期化」など、変化する時代のニーズに対応して、製造業では、ビジネス変化を見極めて即座に対応できる“ものづくりを支えるシステム基盤”を構築することが特に重要になっています。

新理論「エンジニアリング・チェーン・マネジメント」が製造業を変えます。

ECObjects は、エンジニアリング・チェーン・マネジメント(ECM)という新しい理論に基づいて構築・設計された新時代の統合化生産管理ソリューションです。これは、製造業における受注・設計・試作・購買・製造・保守の全プロセスを、情報共有と情報配信を推進することによりシームレスに結合させ、全体最適と製品開発競争力の向上を実現する新しいコンセプトです。これによって各部門間のリードタイムを短縮し、“設計しながら生産する・変更しながら作り続ける”体制を実現します。

主な特長

1.ものづくりの「全体最適」をはかり、開発競争力を向上します。

  • ECMに基づき構築・設計された製造業の全体最適化をサポートする豊富なパッケージ群をラインアップ。
  • 統合化部品表(TotalBOM)をベースとして、ハイブリッド生産管理、リアルタイム生産管理・次世代型原価管理の各機能を実現。

2.統合化部品表により、製品情報の「見える化」を実現します。

  • 時間と空間の概念の導入により部品表を統合化する新機能を実装(特許取得済)。
  • ものづくりにおける全ての製品情報の、リアルタイム一元管理を実現。

3.企業の変化に柔軟に対応できる情報システムを実現します。

  • クラスライブラリーをベースとした製品により、日々進化を必要とする基幹システムを柔軟に変更可能。
  • 統合化部品表(TotalBOM)を基盤とし、各パッケージ(QuickCIM、CostACC等)の追加により企業戦略に合わせた段階的な拡張が可能。

製品構成

ECObjectsは、100% Pure JAVAで開発されたリッチクライアントです。 ECObjectsは、下記のような階層構造で開発されています。

製品構成

RCA(Relocatable Conponent Archtecture):

お客様規模に応じて、クライアント/サーバ型の2層モデルやWeb Application Serverを利用した3層モデルなどを動的に(実行時に)変更することを可能としたアーキテクチャです。

CustomV4:

GUI、DBアクセス系の部品からなるクラスライブラリであり、この部品群の組み合せによってECObjectsの各アプリケーションは開発され、かつカスタマイズもこの部品群の組み合わせで個別機能を開発することができます。

AP-Framework:

アプリケーション開発の枠組み(例えば、モジュール、サービス、ビジネスロジックなどの階層とインタフェースを提供します。)RCAからAP-Frameworkまでがシステムアーキテクチャ内部として隠蔽されており、インタフェースだけが公開されています。データモデル以上はソース/情報がオープンとなっており、自由に組み合せて使うことができます。

データモデル:

統合化部品表モデルを中心に、技術情報管理、生産管理で必要となるデータモデルを、必要十分な範囲で定義しています。もちろん、ユーザー固有の新たなデータを追加定義することも可能です。

標準化資料:

ECObjects本体を開発する際に定められた画面の標準やコーディングの標準などを定めた資料です。ユーザープログラムの際に準拠を強要するものではありませんが、この標準に従うことにより、既存アプリケーション部分と整合性が取れ、保守性の高い開発を行うことができます。また、標準化定義の手間を省くことができます。

システム共通機能:

ECObjectsの各アプリケーションを開発する際に必要となった、業務によらないログイン、メニュ表示、アクセスコントロール、マスタメンテナンスなどの共通機能を実装した部分です。

業務テンプレート:

業務アプリケーション(テンプレート)を実装しております。ソースが公開されていますので、一部流用して新規ユーザープログラムを追加開発することができます。

関連するソリューション・商品の専用サイト