活用例

スマートデバイスを用いた営業業務への導入

業務でのスマートデバイス導入の現状

業務効率向上のためにスマートデバイスを導入する企業が増えていますが、紛失時のリスクを考慮して、社内の業務データにリモートアクセスして利用している企業がほとんどです。そのため、通信できない環境では利用できないなどの不満があり、うまく業務効率向上につながりません。

業務アプリケーションの利用をオフラインで実現

社内サーバの業務データをスマートデバイス上に配布し、それらのデータをスマートデバイス上のネイティブアプリから利用します。そのため、通信できない環境でも利用できます。また、持ち出したデータを暗号化することにより、情報漏洩のリスクを低減します。

お問い合わせ
お問い合わせ