ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『企業の状況を正確かつタイムリーに把握し、次の一手へつなげる ERPソリューション』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

企業の状況を正確かつタイムリーに把握し、次の一手へつなげるERPソリューション

ERPパッケージ×周辺ソリューション

企業の経営に必要な情報を一元管理するERP。日立ソリューションズではさまざまなERPパッケージや周辺ソリューションで今求められるビジネス環境などの変化に強い進化したERPの導入を提案します。

ERPとは

ERPとは

ERP(Enterprise Resources Planning)は、企業経営の基本となる資源要素を適切に分配し有効活用する考え方です。
現在では、「基幹系情報システム」というとERPを指すことが多く、企業の情報戦略に欠かせません。
ERPを導入する最大のメリットは「情報の一元管理」にあります。企業活動にあらゆる業務・場所に点在している情報を一か所に集め、企業の状況を正確かつタイムリーに把握し、経営戦略や戦術を決定していきます。
元々は生産管理の手法であるMRP(Material Resource Planning)を一般の企業経営向けに展開したものを経営の効率化に応用したものと言われます。ERPは経営管理に欠かせないシステムとして多くの業界・業種の企業に広く導入されております。

ポストモダンERPとは

ガートナー社の定義よると、高度に複雑化したオンプレミスのERPをオンプレミスとクラウドの複数のアプリケーションで疎結合に再構築されたシステムです。 疎結合された複数のアプリケーションやサービスを連携することで、従来のERPに対して以下の特長があります。

これらの特長によってDX(デジタルトランスフォーメーション)化を促進し次の効果が期待できます。

  1. 基幹システムの柔軟性・可用性向上により、運用コストを低減、人的リソースを確保
  2. クラウドの特性を活かし投資を効率化することで、より投資効果の高い分野へ資金をシフト

日立ソリューションズでは、コアとなるERPのソリューション、そしてそれを支える周辺ソリューション群を取り揃えておりお客様のポストモダンERPの実現に向けてご支援をいたします。

2層ERPとは

ポストモダンERPを語るうえで、2層ERPというキーワードがでてきます。これは国際的な企業や全国展開されている企業において、低コストで迅速に拠点に導入・対応する2層化されたERPを指します。
日立ソリューションズでは、本社のERPは基幹系システムの経営状態管理を担い、各拠点の財務諸表をリアルタイムに把握したり予算実績管理の強化を中心とした「アドミニストレーティブERP」とし、拠点のERPは、販売や生産、マーケティングも視野にいれた業務のための仕組みである「オペレーショナルERP」としてそれぞれ構成します。各拠点に期待する役割も違うため役割に沿った構成にすべきと考えております。

柔軟な2Tierの実現が可能

日立ソリューションズでは、2層化ERPのソリューション、そしてそれを支える周辺ソリューション群を取り揃えております。

ポストモダンERPの事例

製品・ソリューション

ERPソリューションラインアップ

日立ソリューションズではポストモダンERP(進化したERP)の実現のために以下のソリューションを提供しております。
※ 詳細は各ソリューションのページをご覧ください

周辺ソリューション

日立ソリューションズではERPが提供するケイパビリティでDX(デジタル・トランスフォーメーション)を実現するために多種多様な周辺ソリューションをご用意し、コンポーザブルなアプローチを支援いたします。

経費精算

拡張開発・ローコーディング

Web受注フロント

サブスクリプション・サービスビジネス支援

勤怠管理

運用定着化

関連キーワード

最終更新日:2021年4月5日